財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイベントのご案内> 京都大学 平成24年度 夏期集中講義 フォトニック 遠隔授業コース

GRENE事業「低炭素社会の実現に向けた人材育成ネットワークの構築と先進環境材料・デバイス創性

京都大学平成24年度夏期集中講座「フォトニック遠隔授業」コース

ご案内

開講機関

2012年925日(火)から28日(金) 全日程 計4日間
お申し込み受付は終了いたしました。

募集人員

若干名

対象者

分野に関心のある大学生・大学院生または社会人
(分野は問いません)

受講料

無料
※全日受講の方には京都大学より修了証書が発行されます

会場

KSP東棟 309会議室
(川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク(KSP)内)
東急田園都市線「溝の口」又はJR南武線「武蔵溝ノ口」下車シャトルバス5分

○駅前バスターミナル⑨番乗り場からKSP行き無料シャトルバス便あり。
○駅前バスターミナル⑧番乗り場から川崎市営バス(第三京浜入口行)、東急バス(蟹ヶ谷行)で『高津中学校』下車.徒歩3分


>> 地図はこちら
>> シャトルバス時刻表(別ウィンドウで開きます)
◆ JR「新横浜駅」から「溝の口」行き直通バス「高津中学校入口」下車

プログラム

  9月 25日 (火)
10:30~12:00
★昼休憩1H
13:00~14:30
 フォトニックデバイスの原理

現在、様々な分野で使用されているフォトニクスデバイスについて、その基本設計や応用例について説明するとともに、グリーンイノベーション実現のために開発されるであろう新規フォトニクスデバイスについても実例を挙げて紹介する。

京都大学 教授 平尾 一之 先生

14:45~16:15

 フェムト秒レーザーによる固体内部構造改質の特徴とその応用

フェムト秒レーザーによる材料内部の構造改質について、いくつかの改質例や応用例を紹介しながらその特徴について述べる。

京都大学 教授 三浦 清貴 先生

  9月 26日 (水)
10:30~12:00
★昼休憩1H
 グリーンフォトニクスのための波長変換セラミック材料

高出力化と一般固体照明への展開が進む白色LEDに用いられる可視波長変換蛍光体や太陽光発電の効率を高める量子切断波長変換材料の基本原理、要求される特性、セラミック材料開発の現状について解説する。

京都大学 教授 田部 勢津久 先生

13:00~14:30

 磁気工学材料

磁性と磁気光学現象の基礎的事項について説明したあと、大きな磁気光学効果を示す物質と具体的なデバイスとしての応用の例を報告する。

京都大学 教授 田中 勝久 先生

14:45~16:15

 プラズモニクスの基礎

ナノサイズ光素子応用等で注目されている金属微粒子の局在表面プラズモンや金属薄膜の表面プラズモンポラリトンをとりあげ、その基礎特性とナノ構造との関係を説明するとともに、特性の制御方法や各種応用事例を紹介する

京都大学 準教授 藤田 晃司 先生

   

  9月 27日 (木)
10:30~12:00
★昼休憩1H
 高強度レーザー科学

レーザーと物質との相互作用の物理、および医療や産業でのレーザー応用を概説した後、最近の超高強度極短パルスレーザー技術の進展とその応用を紹介する。

京都大学 教授  阪部 周二 先生
13:00~14:30

14:45~16:15

  ナノフォトニクス

光に関する基礎的な内容(伝搬、回折、干渉など)から最先端の「ナノフォトニクス」に関する応用技術などを概説する。

京都大学 準教授  下間 靖彦 先生

  9月 28日 (金)
10:30~12:00
★昼休憩1H
 サブ波長光学素子の研究開発動向

近年のエレクトロニクス技術と情報通信技術の急速な進展と相まって、大量の情報の中から必要な情報だけを選択あるいは保存し、好きな時に観たいという強いニーズがある。その中で、光学の分野では、1600年代から使われてきた屈折工学や1800年代に登場した回折工学を越える新たな機能が模索されてきた。本講義では、光の波長のレベルの微細な構造によって光波の振る舞いを効果的に制御し様々な製品への応用を目指した研究開発動向を紹介する。

北海道大学 教授   西井 準治 先生

13:00~14:30

14:45~16:15

 光による様々な計測技術の基礎原理

光は波であるがゆえに複雑な振る舞いをするが、その性質を利用すると様々な計測が可能になる。本講義では、具体的に光計測技術の例を挙げながら、その基礎となっている原理を学ぶ。実際の光学実験やシュミレーションなどで使える知識を共有したい。

京都大学 特定准教授  板倉 政明 先生

★やむを得ない事情により、日程・内容等の変更や中止をする場合がございます。
★講義中の録音・描画・写真撮影はお断りいたします。

お申し込み

大変ご好評につき、お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催

国立大学法人 京都大学

共催

(財)神奈川科学技術アカデミー

 

問い合わせ先

教育情報センター  科学技術理解増進グループ
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟
TEL : 044-819-2032/FAX : 044-819-2097
E-MAIL : se@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る