財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイベントのご案内> 平成24年度KASTフォーラム2「鉄道の地震時安全性の向上を目指して」開催

平成24年度KASTフォーラム2

本イベントは終了いたしました。多数ご参加いただきありがとうございました。
  東北地方太平洋沖地震では、我が国史上最大のマグニチュード9の地震を経験しましたが、幸いにも新幹線は甚大な被害を受けず、地震後49日で全線復旧を果たしました。この背景には、様々な技術開発が功を奏したと思われます。
  鉄道の地震時安全性を確保するためには、地震に強い構造物を設計・補強する「耐震設計技術」、設計された構造物が想定される地震に対してどの程度、安全かを予測する「評価技術」、さらには早期地震警報システムに代表されるような「ソフト技術」がバランスよく融合していることが重要です。これらの項目について、現在、(公財)鉄道総合技術研究所で取組んでいる状況について紹介します。

開催日時

平成25年日(火) 14:00~15:45

対象者

神奈川県内外の企業又は研究機関、大学等にご所属の方で鉄道分野・耐震技術分野にご興味のある一般の方

会場

かながわサイエンスパーク(KSP)西棟7階「709会議室」
(川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク内)
東急田園都市線「溝の口」又はJR南武線「武蔵溝ノ口」下車シャトルバス5分
 地図はこちら
 シャトルバス時刻表(別ウィンドウで開きます)
※お車でのご来場はご遠慮ください。

会費

3,000円(弊財団(KAST)の個人賛助会員会費として)

現在、弊財団(KAST)法人賛助会員又は個人賛助会員にご入会済みの方、学生の方は無料です。

KAST賛助会員とは

講師紹介

室野 剛隆(むろの よしたか)
公益財団法人鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部
耐震構造研究室長

1993年:京都大学大学院修士課程修了
           (交通土木工学専攻)。
同 年: (財)鉄道総合技術研究所に入所。
1999年:京都大学より博士(工学)取得 専門:地震工学
2009年:(公財)鉄道総合技術研究所構造物技術研究部 耐震構造研究室長 現在に至る。

お申し込み

ご好評につき定員に達したため、お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

プログラム

14:00~ 開会挨拶
14:05~ 講演 「 鉄道の地震時安全性の向上を目指して ~ハード技術とソフト技術の融合~ 」
        講師:公益財団法人鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部
           耐震構造研究室長 室野 剛隆 氏
14:50~ 休憩  
15:00~ 講演 引き続き 室野 剛隆 氏
15:45   終了  
★予告なく変更となる場合がございます。ご了承下さい。

主催

(財)神奈川科学技術アカデミー

後援 (予定)

神奈川県、川崎市、㈱ケイエスピー

 

問い合わせ先

教育情報センター  科学技術理解増進グループ
担当:横井、半田
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟1F 109
TEL : 044-819-2032/FAX : 044-819-2097
E-MAIL : se@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る