財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイベントのご案内> GRENE事業 先進環境材料・デバイス創製スクール 「マイクロ・ナノデバイスを観る、測る 分析・検出」コース

GRENE事業 先進環境材料・デバイス創製スクール

ご案内

開講期間

平成25年11日(月)・12日(火)・13日(水)
■ 11日と12日/ 9:00-16:40  ■ 13日/ 13:00-17:15
お申し込み受付は終了いたしました。

募集人員

基礎クラス+応用クラス+実習 
※実習に関しましては定員を超えました。今後の受付は座学のみとさせていただきます。

基礎クラス+応用クラス 20名程度

受講料

 無 料

会場

新川崎・創造のもり かわさき新産業創造センター新館
NANOBIC 2F会議室等

(川崎市幸区新川崎7-7 新川崎創造のもり地区内
  TEL 044-587-1105 FAX 044-587-1592)
JR横須賀線新川崎駅より 徒歩10分
JR南武線鹿島田駅より 徒歩15分
※付近には飲食店がございませんので昼食をご持参いただくことをお勧めいたします。

プログラム

3月 11日 (月) 基礎クラス
09:00~10:30  ◆ 光学顕微鏡を用いたイメージング
 マイクロ・ナノ空間の観察には微小な領域をそのまま観察可能な光学顕微鏡が用いられます。そこで、これまでさまざまな観測法が開発されてきた光学顕微鏡について全般的に原理と装置の実際を解説します。
東京大学 准教授  火原 彰秀 先生

10:40~12:10

 ◆ 1分子計測法
 マイクロ・ナノ空間における物質量の計測では、非常に微小な体積となるため、通常の濃度でも1分子レベルの検出性能が求められます。そこで、さまざまな1分子計測法について原理および装置を解説します。
東京大学 准教授  馬渡 和真 先生
13:30~15:00  ◆ 表面解析法
 トップダウンおよびボトムアップ加工で製作したマイクロ・ナノデバイスにおいて、その表面の形状や性状を計測する表面解析法が重要になります。そこで、電子顕微鏡や走査プローブ顕微鏡などの表面解析手法を解説します。
慶応義塾大学 准教授  三木 則尚 先生

15:10~16:40

  ◆ 構造解析法
 マイクロ・ナノデバイスではさまざまな化学物質の化学反応が用いられ、化学反応の結果生成した物質が何かを同定することが必要になってきます。そこで極微小な空間においていかに物質を同定するかについて解説します。
東京工業大学 准教授  塚原 剛彦 先生

3月 12日 (火) 応用クラス
09:00~10:30  ◆ マイクロ・ナノ熱物性計測
 熱物性はマイクロ・ナノ流体やデバイス設計において非常に重要な物性です。特に対象とスケールが微小化することにより、特異な熱輸送現象などが期待されます。そこで、MEMS技術を用いた最先端の熱物性計測法について紹介します。
明治大学 教授  中別 府修 先生

10:40~12:10

 ◆ 1分子計測デバイス
 マイクロ・ナノデバイスを用いた1分子計測は現在急激に進展しており、1分子レベルのDNAシークエンスなどさまざまな応用が期待されています。そこで、1分子計測デバイスの最先端の研究について紹介します。
名古屋大学 准教授  加地 範匡 先生
13:30~15:00  ◆ MEMS技術を用いた生体分子の操作・解析技術
 本講義では、マイクロ・ナノファブリケーションを用いて,DNAやタンパク質などを1分子あるいは多分子で扱う技術およびそれを用いた分子解析について紹介します.バイオロジーをベースにした1分子生理学や生物物理学に対して,MEMS技術をベースにして生体分子を扱うアプローチに主眼を置きます。
京都大学 准教授  横川 隆司 先生

15:10~16:40

  ◆ 超解像イメージング
 マイクロ・ナノデバイスの計測においては、波長よりも短い微小サイズの計測が求められております。そこで、波長よりも短い空間を計測できる超解像イメージング法についてその原理および装置を解説します。
ライカマイクロシステムズ株式会社  伊集院 敏 先生

3月 13日 (水) 実習クラス
13:00~15:00  ◆ 超解像イメージング
 本実習では、超解像イメージング法を用いて、ナノ構造体を計測する手法について実際の装置を使用して学んでいただきます。
ライカマイクロシステムズ株式会社  伊集院 敏 先生

15:15~17:15

 ◆ 熱レンズ顕微鏡による定量計測
 本実習では、吸光をベースとした超高感度計測法である熱レンズ顕微鏡を用いて、マイクロ流路中で 超高感度計測を行う方法について学んでいただきます。
東京大学 准教授  馬渡 和真 先生
★内容は変更することがあります。詳しくはお問い合せください

★講義中の録音・描画・写真撮影はお断りいたします。

お申し込み

大変ご好評につき、お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催

東京大学

共催

(財)神奈川科学技術アカデミー

 

問い合わせ先

教育情報センター  科学技術理解増進グループ
担当:半田・須藤
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟
TEL : 044-819-2032/FAX : 044-819-2097
E-MAIL : se@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る