財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイベントのご案内> 平成26年度 KAST知的財産セミナー

平成26年度 KAST知的財産セミナー

セミナーは終了いたしました。ありがとうございました。

知的財産セミナー 
日時 : 平成27年3月17日(火) 13:00~17:20 (受付開始12:30)
第Ⅰ部 13:05~15:05   第Ⅱ部 15:20~17:20
場所 : かながわサイエンスパーク(KSP) 東棟2階201会議室
テーマ: <第Ⅰ部> 権利行使に強い特許明細書
<第Ⅱ部> IT時代における著作権法の基礎知識
講師: <第Ⅰ部> 岩坪 哲 弁護士・弁理士(インテリクス特許法律事務所)
<第Ⅱ部> 高見 憲 弁護士・弁理士(内田・鮫島法律事務所)
定員 : 30名程度 申込み先着順
参加費 : お一人様12,000円(かながわテクノ会B会員入会が条件)
※参加費をかながわテクノ会平成27年度年会費に充当いたします。
※当日受付時に徴収いたしますが、お振込み希望の場合は申込時に承ります。

  神奈川県内におけるより活発な研究開発・技術連携が実現されるために、県内をはじめとした中小・ベンチャー企業、大学・研究機関等の研究部門・知財部門・事業部門の責任者・担当者の方々を対象に、「KAST知的財産セミナー」を開催いたします。

  ご経験豊富な講師をお招きしておりますので、この機会に是非ご参加ください。

  ※本セミナーの参加費につきましては、財団の「かながわテクノ会(B会員)」の年会費(H27年4月~H28年3月分)に充当いたしますので、一年間同会会員サービスを受けられるほか、様々な特典が得られます。

「かながわテクノ会」につきましては以下のWEBサイトをご覧ください。
http://www.newkast.or.jp/membership/technokai.html

知的財産セミナー 講義概要
<第Ⅰ部>
 特許権を行使する場合にその死命を決するのは明細書です。受講各社の皆様は弁理士さんとのやり取りの中で、将来どのような侵害者が現れるかを思い描いて明細書を作成されてますでしょうか。講師の経験と裁判例の中から、明細書の記載によって権利行使が明暗を分けた事例を紹介し、特許明細書のあるべき姿について考えてみようと思います。

岩坪 哲 弁護士・弁理士の略歴
1989年 東京大学法学部 卒業
1991年~1996年 関西法律特許事務所 勤務弁護士
1996年~2013年 関西法律特許事務所 パートナー弁護士
2003年~2009年 日本弁理士会 侵害訴訟代理研修講師
2004年 弁理士登録
2014年~現在 インテリクス特許法律事務所 パートナー弁護士

<第Ⅱ部>
 インターネット上その他で他人の創作物のコピーが溢れている今日、企業も、意図せず他人の著作権を侵害していることがあり、思わぬ紛争に巻き込まれることもあります。
 本セミナーでは、著作物とは何か、何をしたら著作権侵害になるのかなど、著作権法の基本的な考え方を分かりやすく説明します。また、他人の著作物を適法に利用する際に必要となる著作権関連契約について、契約の基礎的知識から契約条項上の留意点まで、分かりやすく説明します。

高見 憲 弁護士・弁理士の略歴
1995年 東京大学大学院農学生命科学研究科林産学専攻修士課程 修了
1995年 特種製紙株式会社(現:特種東海製紙株式会社)
1997年~2006 年 いおん特許事務所
1991年 弁理士登録
2006年~2007年 高見総合特許事務所
2007年 成蹊大学大学院法務研究科 修了
2008年 弁護士登録
2009年~現在 内田・鮫島法律事務所

お申し込み

下記お申し込みフォームまたはFAX(044-819-2103)で受け付けております。
FAXでのお申し込みの方は、下記詳細パンフレット(PDF)のお申込書をご利用下さい。
大変ご好評につき、お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

 

問い合わせ先

イノベーションセンター 知財戦略室
担当:滝元・西村
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP西棟614
電話:044-819-2035  FAX:044-819-2103
E-mail:str@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る