財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイノベーションセンター過去の事業のご紹介> 外部資金導入実績> 神奈川県地域結集事業型共同研究事業

神奈川県地域結集事業型共同研究事業

(平成15年9月終了)

独創的光材料の開発による環境技術の創生

  神奈川県は、文部科学省(前科学技術庁)の提案公募型地域科学技術振興支援事業である「地域結集型共同研究事業」の平成10年度事業開始4地域のうちのひとつとして選定されました。

  事業計画は、 (財)神奈川科学技術アカデミー(KAST)を中核機関に、大学、公設試験研究機関、研究開発型企業等が密接に連携を図りつつ、光科学分野の新産業・新技術の創出に向けて、文部科学省、科学技術振興事業団及び県の支援のもとに共同研究を推進するもので、平成10年9月から平成15年9月までの5年間、実施しました。

神奈川県「地域結集型共同研究事業」の概要

研究成果(終了報告)

研究テーマ

(鈴木グループ)高機能光化学センシング材料、デバイス及びシステム

(小池グループ)革新的光学プラスチック材料の開発

(橋本グループ)高度環境浄化のための光触媒材料及び浄化システムの開発

(窪田グループ)光触媒の医学・医療への応用と実用化の研究

(佐藤グループ)光相転移を用いた環境・情報材料

(大湊グループ)新しい金型設計製作法の研究

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る