財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイノベーションセンター過去の事業のご紹介> これまでの研究のご紹介> 「極限分子計測」プロジェクト

「極限分子計測」プロジェクト

終了プロジェクト

研究概要

 極限状態に置かれた分子(例えば1兆分の1秒の時間内で変化する途中の分子)が示す未知の分子現象を探索するための新しい分光学的原理や手法を開発することを目標としました。最新のレーザー、エレクトロニクス、フォトニクス、コンピューター技術を駆使した独自の分光計測装置を製作しました。

 このような原理や手法の開発が、究極的には種々の物質科学やそれに立脚した新技術の発展(例えば光エネルギーの有効利用、新素材開発)につながって行くと期待されます。

「極限分子計測」プロジェクト1 「極限分子計測」プロジェクト2

プロジェクトリーダー

浜口 宏夫 氏浜口 宏夫
(はまぐち ひろお)


【基礎科学・計測】

「極限分子計測」プロジェクト

研究体制

期間 平成2年 4月~平成7年 3月

イノベーションセンター 研究支援グループ
TEL:044-819-2034 FAX:044-819-2026
研究推進グループ E-mail : res@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る