財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイノベーションセンター過去の事業のご紹介> これまでの研究のご紹介> 「高純度化合物半導体結晶」プロジェクト

「高純度化合物半導体結晶」プロジェクト

終了プロジェクト

研究概要

 光の3原色である赤、緑、青のうち、固体光源として実用レベルに達していない青色発光ダイオードへの応用が期待される半導体セレン化亜鉛結晶の成長技術の開発を目指しました。高純度、高品位な単結晶を成長させる技術開発と、結晶成長機構を解明し、大型結晶を成長させるための成長装置を設計しました。

 これらの研究成果は、次世代の半導体エレクトロニクス材料として、薄型テレビや交通信号等の視覚媒体、各種電子および光半導体デバイスへの応用が期待されます。

「高純度化合物半導体結晶」プロジェクト1 「高純度化合物半導体結晶」プロジェクト2

プロジェクトリーダー

奥野 保男 氏奥野 保男
(おくの やすお)


【エレクトロニクス・
情報技術】

「高純度化合物半導体結晶」
プロジェクト

研究体制

期間 平成3年 4月~平成6年 3月

イノベーションセンター 研究支援グループ
TEL:044-819-2034 FAX:044-819-2026
研究推進グループ E-mail : res@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る