財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイノベーションセンター知財支援・産学連携> 地域産学連携をご希望の方

地域産学連携をご希望の方

  

神奈川R&D推進協議会について

かながわ産学公連携推進協議会について

  神奈川県では「インベスト神奈川」による世界トップレベルの研究所の立地・集積を県内中小企業の技術力、競争力の向上につなげ、「世界をリードする新たな産業の展開」を図るため、「神奈川R&Dネットワーク構想」を推進しています。平成17年度から5年間「インベスト神奈川」を活用して、県内に研究所等を新・増設した大企業14社と県が参加した神奈川R&D推進協議会が県内の産学公の技術連携を促進する活動を行ってきましたが、平成22年度から、KASTを含む6機関の企業、大学等が新たに参加し、合計20機関で新協議会を発足し、中小企業活性化条例や地球温暖化対策推進条例など県の進める政策と協働した新たな活動をスタートしています。KASTは、研究部会に参画し、企業ニーズを引き出し、産と学の連携を推進する活動をしております。

  「かながわ産学公連携推進協議会」は、企業が抱える課題を解決していくことを目的に、複数の大学、公的産学連携支援機関、企業団体が協力して、平成21年2月に設立されました。協議会では、企業の皆様の活動をお伝いするために
♣ 企業の課題に応じて、複数の大学から最適な研究者、研究成果を選んでご紹介します。
♣ 大学の産学連携室(リエゾンオフィス)と公的支援機関のコーディネータが、大学の研究者とのマッチングをお世話します。
平成22年度より、KASTも公的産学連携支援機関として協議会に参画しています。

詳細:http://www.kanagawa-iri.go.jp/tech_supports/randdnet.html 詳細:http://www.kanagawa-sangakukou.org/

4大学ナノ・ファブリケーションコンソーシアム(4大コンソ)について

  KASTは、慶應義塾大学、早稲田大学、東京工業大学、東京大学が連携して構成する「4大学コンソ」と連携協力協定を締結して、ナノ・マイクロ研究領域における研究開発、人材育成及び産業振興等の活動を行っていきます。


昨年度KAST教育講座ではこれから始める人のためのナノ・マイクロ基礎講座を開催しました。
 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る