財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム高度計測センターご好評の分析サービス> 表面・成分分析サービス> 異物・付着物分析サービスの流れ

異物・付着物分析サービスの流れ

 

相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

用途

 

STEP1 相談 分析手順を検討し、費用・日程の打ち合わせをします

試料の使用状況・環境、発生状況・パターンなどの提供された情報から、異物・付着物を推測します。
外観観察を行い、試料の大きさや形状・求めている内容から分析の対応を判断します。
対応できない分析については、他の分析機関をご紹介します。

 

STEP2 外観観察 相談時にお客様立会いで観察します

外観観察により、異物の形態、色、厚みなどを把握することは非常に重要です。

デジタルマイクロスコープ
マクロ撮影
金属顕微鏡
※撮影は有料です

 

STEP3 分析 異物の成分によって分析手法が異なります

お預かりした試料を分析します。

有機物の場合 無機物の場合

樹脂片・ゴム片・油・フラックスなど
FT-IR
  有機物に対応、分析エリア数十µm~

金属片・砂塵・さびなど
FE-SEM/EDS
  30倍~20万倍の高倍率形状観察、付属のEDSで元素分析

混合物・不明の場合 付着物が薄い場合

FT-IR
および
FE-SEM/EDS

シミ・変色など
AES・SAM
  金属表面数nmの元素分析、分析エリアΦ1µm、
µ-XPS・µ-ESCA
  試料表面数nmの元素分析、化学結合状態分析、分析エリアΦ9µm~Φ200µm

 

STEP4 解析ご報告 分析結果のご報告をします

分析結果、提供された情報から異物・付着物を推測し、ご報告します。 異物と推測される物質との比較分析を行うことも有効です。

高度計測センター
TEL:044-819-2105  FAX:044-819-2108
お問い合わせフォーム

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る