財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム高度計測センター有機系太陽電池評価プロジェクト光計測機器紫外・可視分光光度計> 紫外・可視分光光度計による測定事例

紫外・可視分光光度計による測定事例

サングラスや保護めがねの透過率測定

 
最近は100円ショップでもサングラスが販売されています。
比較的知名度の高いサングラスと100円ショップのサングラスの分光透過率を比較してみました。
 

2種類のサングラスの分光透過率
 
スポーツサングラスやゴーグルなどを作っているS社のサングラスと、100円ショップで購入したサングラス
の分光透過率を比較した結果、透過率は違いますが似たようなスペクトルを得ることができました。   
 

可視域周辺の拡大
 
100円ショップのサングラスは、400nm以下をきれいにカットしていることが明らかとなりました。
 
 
レーザー用保護めがねの分光透過率も測定してみました。
 

2種類のレーザー用保護メガネの分光透過率(240nm~2600nm)
似たようなスペクトルですがカットする位置が異なります
 
 

2種類のレーザー用保護メガネの分光透過率(350nm~800nm)
サングラスのように見えますが対象とするレーザーの波長のみカットするように作られています

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る