財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム> 平成23年度 教育講座 実績一覧> 「射出成形現象工学」コース開講

「射出成形現象工学」コース開講
~射出成形現象を視る、測る、理解する~


【終了しました。多数、ご参加いただきありがとうございました。】

開講期間

平成23年11月8日(火)~12月13日(火) 計5日間

申込締切

平成23年10月24日(月)

定員

25名

対象者

日常的に射出成形過程の多様な成形現象に対峙し、現象の理解を深める必要に迫られる中級、上級の研究者・技術者、またはメーカー・ユーザーの方で、ある程度の工学の基礎を有している方。

参加費

  受講料 (全日程)
A 神奈川県以外の企業 80,000円
B KAST法人賛助会員 64,000円
C 神奈川県中小企業
64,000円
  (事業所が神奈川県内にあり、資本金が3億円以下 または企業全体の従業員が300人以下である企業 )  
D C以外の神奈川県企業 72,000円
E 神奈川県内在住の方 72,000円

>> カリキュラム内容

■お申込み
申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

 ご好評につき定員に達したため、お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

■開催にあたって



東京大学
生産技術研究所教授
 工学博士
 横井 秀俊

「ものづくり工学」は加工現象の正確な把握から出発します。
それは、定性的な把握から定量化、普遍化を経て予測技術へと結実し、さらには現象の制御・活用から新規技術開発へと導かれてきました。
このように出発点の加工現象が、ブラックボックスの闇の中に永く隠されていた加工技術に射出成形があります。そのため、主要なプラスチック成形法として確立されたかに見える射出成形も、経験とノウハウ主導の加工技術の域を脱しきれていませんでした。
こうした闇の中の成形現象に光を当てようとする努力が近年地道に続けられ、最新の可視化、計測技術によって未解明現象が次第に解き明かされつつあります。

本コースは、射出成形現象の構成因子を整理・解明し、それらを体系化・普遍化する過程を通して、射出成形現象を工学体系の中に位置付けることを目指しています。
すなわち、射出成形を構成する既存の工学体系と成形加工技術・ノウハウとを繋ぐ、「射出成形現象工学」ともいうべき工学体系を新たに提示しようと試みるものです。
日常的に成形現象と対峙し苦悶する方はもちろん、原点に返って成形現象を整理したい研究者・技術者にとって、大いに役立つものと期待します。また、最先端の実験解析データと豊富な可視化ビデオは、現象を明快に理解する手助けになるとともに、実験解析手法の進展を具体的に学ぶ絶好の機会になると確信します。

カリキュラム構成

カリキュラム内容及び日程

8割以上の出席者には修了証を授与します。
講師  ※第1回、第3回、第4回、第5回
東京大学 生産技術研究所  教授 横井 秀俊 
         ※第2回
日本工業大学 機械工学科  教授 村田 泰彦 
第1回目  2011年11月8日(火)
時間 演題
10:00~12:00

タイトル 基礎編:成形現象を理解するための基礎知識

  • 高分子材料・溶融体の基本特性・成形体の基本特性
13:00~17:00

タイトル 金型編 (1): 可視化・計測技術総論

  • 可視化計測・温度分布計測・圧力/せん断応力分布計測・界面現象計測
第2回目  2011年11月18日(金)
時間 演題
10:00~12:00
13:00~17:00

タイトル 金型編 (2);金型内成形現象Ⅰ

  • 充填現象・成形不良現象・繊維配向・温度分布・圧力分布
第3回目  2011年11月25日(金)
時間 演題
10:00~12:00
13:00~17:00

タイトル 金型編 (3):金型内成形現象Ⅱ

  • 界面現象・せん断応力分布・3次元流動現象・各種成形現象(厚肉成形・発泡成形など)
第4回目  2011年12月7日(水)※
時間 演題
10:00~12:00

タイトル 金型編 (4):超高速射出成形現象

  • 超薄肉成形、転写成形、複合成形、離型現象
13:00~17:00

タイトル 加熱シリンダ編 (1):可視化・計測技術総論

  • 可視化計測・温度分布計測・スクリュトルク分布計測
 

見学:可視化実験設備  ~東京大学生産技術研究所~

第5回目  2011年12月13日(火)
時間 演題
10:00~12:00

タイトル 加熱シリンダ編 (2):加熱シリンダ内現象Ⅰ

  • 固体輸送・連続可塑化過程
13:00~17:00

タイトル 加熱シリンダ編 (3):加熱シリンダ内現象Ⅱ

  • 間欠可塑化過程・各種可塑化条件の影響・スクリュ・シリンダ壁面温度分布・樹脂だまり・ スクリュ内溶融樹脂挙動・溶融樹脂温度特性・トルク分布変動特性
17:10~18:10

交 流 会

※第4回目は東京大学生産技術研究所にて行います。
   やむを得ない事情により、日程・内容等の変更や中止をする場合があります。

企画・編成


東京大学 生産技術研究所  教授(工学博士)横井 秀俊

主催


財団法人 神奈川科学技術アカデミー

後援 (一部申請中)


型技術協会、(社)高分子学会、 (社)日本合成樹脂技術協会、(社)日本レオロジー学会、(社)プラスチック成形加工学会 (株)ケイエスピー (財)大田区産業振興協会 川崎商工会議所 神奈川県産業技術センター

開催場所

かながわサイエンスパーク(KSP)内  研修室
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
>> Mapはこちら

東京大学生産技術研究所
(東京都目黒区駒場4-6-1)
◆ 京王電鉄井の頭線「駒場東大前」下車
>> Mapはこちら

お問い合わせ

教育情報センター 教育情報グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp
 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る