財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム> 平成23年度 教育講座 実績一覧> システムバイオロジー・合成バイオロジーの最新動向コース

システムバイオロジー・合成バイオロジーの最新動向コース

【終了しました。多数、ご参加いただきありがとうございました。】

「計算力学の基礎」コース開講~パソコン実習を通して学ぶ計算力学~

開講期間

平成23年11月7日(月)、11月11日(金)、11月25日(金)、11月28日(月) 計⇒3日間
(都合により、11月25日は休講いたします。)
*先着順にて承ります。

カリキュラム編成者

八尾 徹 
理化学研究所 横浜研究所 GSCアドバイザー
(兼) 産業技術総合研究所 BIRC 招聘研究員
(前) 科学技術振興機構 CRDS特任フェロー
(兼)東京医科歯科大学生命情報学 講師
(兼)慶応義塾大学SFC研究所 上席所員

募集人員

15名

対象者

 企業や研究機関の研究・技術・企画の幹部・リーダー、およびシステム バイオロジー・合成バイオロジーを全体的に把握したい研究者・技術者の方

受講料(税込)

各回 14,000円

お申込み

申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

>>
>>
カリキュラム内容/日程
開催場所
お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

 

カリキュラム編成者からのメッセージ

八尾徹 八尾 徹 
理化学研究所 横浜研究所 GSCアドバイザー
(兼) 産業技術総合研究所 BIRC 招聘研究員
(前) 科学技術振興機構 CRDS特任フェロー
(兼)東京医科歯科大学生命情報学 講師
(兼)慶応義塾大学SFC研究所 上席所員
 システムバイオロジーは国際的にますます活発化し、生命科学・バイオテクノロジーに 多大な影響を与え始めています。生命現象のシステムの解明を通じて、健康・医療・食糧・ 環境・エネルギー・材料など多方面に応用されようとしています。
  今回は、特に保健・医療分野に話題を絞り、健康・疾病に関係する生命システムの解明と、 創薬・診断・治療におけるシステムバイオロジーの具体的な活用事例に、合成バイオロジーの 新しい動きを加えて、この分野の最先端状況をご紹介いたします。
また、全体を俯瞰するために、これらに関する国際動向・国内動向をご紹介します。
  4日間にわたってトピックスを分け、また講師との交流の時間を多くとるように工夫をこらして
おります。
 研究・企画のリーダー・幹部の方々、及び 研究動向に強い関心を持たれている方々の ご参加を期待しております。 皆様 ふるってご参加ください。

カリキュラム内容及び日程

【第1回 11/7(月)】 システムバイオロジーの基礎と創薬への展開

タイトル システムバイロジーの国際動向 (1) 全般・基礎      13:00~13:30

講義の要旨
八尾 徹 
理化学研究所

タイトルシステムバイオロジーと創薬パイプライン 13:40~15:10

講義の要旨-準備中-
北野 宏明 (システム・バイオロジー研究機構 会長)

タイトル創薬基盤としてのケミカルバイオロジー  15:30~17:00

講義の要旨
長田 裕之 (理化学研究所 基幹研究所 ケミカルバイオロジー研究領域 領域長)

タイトル 交流会  17:00~

【第2回 11/11(金)】 システムバイオロジーによる創薬・診断 

タイトル システムバイロジーの国際動向 (2) 応用・創薬  13:00~13:30

講義の要旨
八尾 徹 
理化学研究所

タイトル POCT(Point of Care Testing)の技術:SmartAmp  13:40~15:10

講義の要旨
林崎 良英 (理化学研究所 オミックス基盤研究領域 領域長)

タイトル システムオミックスに基づいた創薬とバイオマーカー  15:30~17:00

講義の要旨
田中 博 (東京医科歯科大学大学院 生命情報科学教育部 /疾患生命科学研究部 教授)

タイトル 交流会  17:00~

【第3回 11/25(金)】 合成バイオロジーの最先端技術

タイトル 合成バイオロジーの国際動向  13:00~13:30

講義の要旨
八尾 徹 
理化学研究所

タイトル合成バイオロジーに使えるマイクロ流体デバイス技術  13:40~15:10

講義の要旨
竹内 昌治 (東京大学 生産技術研究所 准教授・KASTプロジェクトリーダー)

タイトルゲノム合成技術から眺める生命システム 15:30~17:00

講義の要旨
板谷 光泰 (慶應義塾大学 環境情報学部 および 先端生命科学研究所 教授
         兼 理化学研究所 客員主幹研究員)

タイトル 交流会  17:00~

【第4回11/28(金)】 システムバイオロジーによるがん機能解明と応用

タイトル がんシグナルのシステムバイオロジー  13:00~14:30

講義の要旨
岡田 眞里子
(理化学研究所 免疫・アレルギー科学 総合研究センター 細胞システムモデル化研究チーム チームリーダー)

タイトルがんの代謝システム制御:顕微質量イメージングによる新知見
14:50~16:20

講義の要旨-準備中-
末松 誠 (慶応義塾大学 医学部 医化学教室 教授)

タイトルシステムバイオロジー・合成バイオロジー:日本の近況・課題・展望
16:30~17:00

講義の要旨
八尾 徹 
理化学研究所

タイトル 交流会  17:00~


 

開催場所

かながわサイエンスパーク(KSP) 内 研修室
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
 ◆JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
>> Mapはこちら
▲戻る

主催


財団法人 神奈川科学技術アカデミー

協力


独立行政法人理化学研究所 横浜研究所

後援(一部申請中)


日本バイオインフォマティクス学会、CBI学会、ヒューマンサイエンス振興財団、 バイオインダストリー協会(JBA)、バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)、 (株)ケイエスピー、川崎商工会議所、神奈川県産業技術センター、大田区産業振興協会

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp
 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る