財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム> 平成23年度 教育講座 実績一覧> 「糖鎖科学・糖鎖工学の基礎から応用」コース

「糖鎖科学・糖鎖工学の基礎から応用」コース

「糖鎖科学・糖鎖工学の基礎から応用」コース開講 ~糖鎖を知る、見る、創る、使う~

【終了しました。多数、ご参加いただきありがとうございました。】

開講期間

平成24年1月24日(火)・25日(水) 全日程 計2日間
*1日単位の選択受講も承ります
お申し込み受け付けは終了いたしました。ありがとうございました。

カリキュラム編成者

東海大学 糖鎖科学研究所 所長・教授/医学博士
鈴木 明身

募集人員

20名

受講料(消費税込)


お申込み

申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

>>
>>
カリキュラム内容/日程
開催場所
ご好評につき定員に達したため、お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。
 

カリキュラム編成者からのメッセージ


鈴木 明身
東海大学
糖鎖科学研究所
所長・教授/
医学博士
鈴木 明身
 糖鎖が核酸やタンパク質につぐ「第3の生命鎖」として、生命機能に深く関わっているということが一般的に広く認識されるようになってきました。
  糖鎖のもつ大きな特徴のひとつは、タンパク質や核酸には見られない圧倒的な多様性にあるといえます。特に、タンパク質の翻訳後修飾としての糖鎖に関する研究の重要性が増しています。さらに、糖鎖科学の研究は、発生・再生や免疫といった基礎生命科学分野から、感染症、がん、生活習慣病といった医療創薬分野、さらには材料素材という応用分野に至る大きな広がりを持っています。従って、このような多様な可能性を有する糖鎖科学は他の領域との連携が不可欠な研究領域であるといえます。
  糖鎖科学研究は欧米に比べて日本が最も進んでいる研究領域のひとつです。それにも関わらず、糖鎖科学が対象とする領域の幅の広さや多様性が、これまで糖鎖科学を専門とする研究者以外には糖鎖科学研究を近づき難いものにしていたことは否定できません。しかし近年の技術革新によって、これまで難しいと敬遠されてきた糖鎖科学の研究が身近なものになってきています。
 この教育講座は、これまであまり糖鎖科学とは関連のない分野で活躍をされている方に、糖鎖科学を身近なものとしていただくことを目的として、糖鎖科学を包括的に理解できるように、基礎から応用までをそれぞれ日本を代表する研究者にわかりやすく解説していただくよう企画しました。

カリキュラム内容及び日程

【第1日目】 1/24(火)
1. 10:00~11:10

タイトル 糖鎖科学・糖鎖工学概論-糖鎖科学・糖鎖工学の歴史と現状

講義の要旨
鈴木 明身
(東海大学 糖鎖科学研究所 所長・教授/医学博士)
2. 11:20~12:30 

タイトル糖鎖を創る-糖鎖合成の新技術

講義の要旨
稲津 敏行
(東海大学 工学部 応用化学科 教授/理学博士)
3. 13:20~14:30 

タイトル糖鎖合成制御機構への合成化学的挑戦-糖鎖を探る

蟹江 治
(東海大学 糖鎖科学研究所 教授)
4. 14:40~15:50 

タイトル機能性糖タンパク質の化学合成

講義の要旨
北條 裕信
(東海大学 工学部 生命化学科 専任教授)
5. 16:00~17:10 

タイトル疾患の解明と治療・創薬のための糖鎖科学(疾患と糖鎖)

講義の要旨
橋本 康弘
(福島県立医科大学 医学部生化学講座 教授/医学博士)
6. 17:20~ 

タイトル交流会

 
【第2日目】 1/25(水) 
1. 10:00~11:10

タイトル 糖鎖関連分子を見る-蛍光顕微鏡を駆使した解析法

講義の要旨
樺山 一哉
(東海大学 糖鎖科学研究所 准教授/薬学博士 )
2. 11:20~12:30

タイトル 疾患特異的バイオマーカーとしての糖鎖(糖鎖をつかう)

成松 久
(産業技術総合研究所 糖鎖医工学研究センター センター長/医学博士)
3. 13:20~14:30

タイトル 糖鎖医療工学(糖鎖をつかう、糖鎖改変抗体医薬など)

池原 譲
(産業技術総合研究所 糖鎖医工学研究センター 分子医用技術開発チーム チーム長/医学博士)
4. 14:40~15:50 

タイトルスフィンゴ糖脂質の生物機能:
ノックアウトマウスの解析から得られた疾患解明と治療・創薬への知見

講義の要旨
松田 純子
(東海大学 糖鎖科学研究所 教授/医学博士)
5. 16:00~17:10 

タイトル疾患の解明と治療・創薬のための糖鎖科学(免疫・感染症と糖鎖)

小島 直也
(東海大学 工学部 生命化学科 教授/理学博士)
6. 17:20~18:30 

タイトル糖鎖による創薬の現状と将来展望

講義の要旨
鈴木 匡
((独)理化学研究所  基幹研究所 ケミカルバイオロジー研究領域 糖鎖代謝学研究チーム・チームリーダー) 

 

開催場所

かながわサイエンスパーク(KSP)内 研修室
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
 ◆JR南武線「武蔵溝ノ口」駅・東急田園都市線「溝の口」駅下車
>> Mapはこちら
▲戻る

主催


財団法人 神奈川科学技術アカデミー

共催 (予定)


東海大学

後援・協賛 (一部申請中)


日本糖鎖科学コンソーシアム 日本糖質学会 日本質量分析学会 日本ヒトプロテオーム機構 日本生物物理学会 (社)日本生化学会 日本電気泳動学会 (社)日本分光学会 (社)日本農芸化学会 日本バイオインフォマティクス学会 日本分子生物学会 日本免疫学会 (財)バイオインダストリー協会 CBI学会 ヒューマンサイエンス振興財団 バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC) (株)ケイエスピー (財)大田区産業振興協会 川崎商工会議所 神奈川県産業技術センター

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp
 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る