財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 平成24年度 教育講座募集案内>  第6回 KASTシステムバイオロジー講座 全般篇 「生命のシステム 探索のための手引き」
平成24年度KAST教育講座

第6回 KASTシステムバイオロジー講座 全般篇

第6回 KASTシステムバイオロジー講座 生命のシステム 探索のための手引き

開講日

平成24年  11日(金)

受講料

7,000円

募集人数

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

対象者

システムバイオロジーを全体として把握したい研究者・企画者・指導者。
生命科学・基礎科学・情報技術・工学など 多分野の方々。
化学・医薬・食品・化粧品・材料・エネルギー・調査など多分野企業の方々。

開催場所

かながわサイエンスパーク (KSP) 内  KAST講義室
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
>> Mapはこちら
◆ JR「新横浜駅」から「溝の口」行き直通バス「高津中学校入口」下車

カリキュラム編成者からのメッセージ

 システムバイオロジーは国際的にますます活発化し、生命科学・バイオテクノロジーに多大な影響を与え始めています。生命現象のシステムの解明を通じて、健康・医療・食糧・環境・エネルギー・材料など多方面に応用されようとしています。

 本講座は、研究・技術・企画の幹部・リーダー格の方々がシステムバイオロジーの新しい動きを集中的に学べるよう6年前より開催してまいりました。今年度はより多くの方に「システムバイオロジーとは?」という概念から理解していただけるよう、全般篇を設けました。世界トップクラスの講師陣にシステムバイオロジーの考え方、方法論、実用例をわかりやすく解説していただきます。さらに、全体を俯瞰するために、これらに関する国際動向・国内動向をご紹介します。

 システムバイオロジーを全体として把握し、これからの研究に取り入れたい、または基本を再確認したい研究者・企画者・指導者におすすめいたします。

 また、本講座は、講師との交流の時間を多くとるように工夫をこらしております。生命科学・IT・化学・物理・工学など、幅広い分野からのご参加をお待ちしております。

なお、1~2月に開催予定の分野篇では、創薬・治療におけるシステムバイオロジーの具体的な活用事例を中心に、この分野の最先端状況をご紹介いたしますので、どうぞご期待ください。

プログラム

13:00~14:00  システムバイオロジー概論 -生命をシステムとして理解する-
北野 宏明 氏
システム・バイオロジー研究機構 会長
ソニーコンピュータサイエンス研究所 所長

システムバイオロジーは、生命をシステムレベルで理解することを目的とした研究領域である。分子生物学の飛躍的発展によって遺伝子やタンパク 質に関する研究が進み、網羅的解明が可能になってきたことによって現実味を帯びてきた分野である。遺伝子やタンパク質の研究は、生命を構成す る部品やそのつくり方の研究であり、最終的に生命を理解するためには、それらの部品からなる「システム」を理解することが必要となる。

14:15~15:15  システム生物学と合成生物学 -その方法論的基礎と研究紹介
江口 至洋 氏
理化学研究所 HPCI計算生命科学推進プログラム 副統括

「細胞は数学なんて気にしていないよ」といわれる。そんな中、システム生物学は、反応速度論や確率過程論などを駆使して、細胞を数理モデル化し、その機能を解明しようとする新たな試みに挑戦している。一方、合成生物学は、システム生物学に基づき、新しい生命機能の創出と、生命機能の設計原理の解明を試みる。治療や創薬など広範囲に活用できる二つの領域について、最近の研究成果をご紹介したい。

15:30~16:30  オミクスデータ稼働型システムバイオロジーの実際 -医療、環境、食品分野への応用
冨田 勝 氏
慶應義塾大学 先端生命科学研究所 所長
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)テクニカル・アドバイザリー・ボード議長

山形県鶴岡市の先端生命科学研究所が世界に先駆けて独自開発したメタボローム解析技術をはじめとした最新オミクステクノロジーと情報技術を駆使して取り組んでいる 「血液・唾液で病気診断」「農作物の健康機能性成分の解析」「くも糸の人工合成」「オイル産生藻の代謝研究」などの最先端研究を紹介する。

16:30~17:00  システムバイオロジー内外動向
八尾 徹 氏
理化学研究所 横浜研究所 GSCアドバイザー

システムバイオロジーの欧米各国の活発な動き(政府施策、大学、企業等)の状況と、それらの成果及び今後の展開の傾向を述べ、さらに、日本の最近の活発化し始めている状況を説明します。

∗ 講義終了後、講師を交えた簡単な懇談会を設けています。
∗ やむを得ない事情により、日程・内容の変更や中止をする場合があります。講義中の録音・写真撮影はお断りいたします。

お申込みはこちら


申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催


財団法人 神奈川科学技術アカデミー

協力


独立行政法人理化学研究所 横浜研究所

後援・協賛 (一部申請中)


(NPO)日本バイオインフォマティクス学会、CBI学会、ヒューマンサイエンス振興財団、バイオインダストリー協会、バイオ産業情報化コンソーシアム、(一社)日本統計学会、(一社)電子情報技術産業協会、(一社)日本抗加齢医学会、(一社)電子情報通信学会、(一社)情報処理学会、(一社)日本臨床検査薬協会、(公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会、(社)日本生化学会、(社)人工知能学会、(NPO)日本分子生物学会、日本製薬工業協会、日本糖鎖科学コンソーシアム、日本蛋白質科学会、日本機能性食品医用学会、日本遺伝学会、日本RNA学会、(株)ケイエスピー、川崎商工会議所、神奈川県産業技術センター、(公財)大田区産業振興協会

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る