財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 平成25年度 教育講座募集案内>  「実践編・RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築」コース
平成24年度KAST教育講座

「実践編・RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築」コース

「化学物質マネジメントシステム構築のススメ」コース

開講日

平成26年2月6日(木)、7日(金)
2月5日(水)夜間に無料プレ講座を開催します。

定員

15名(プレ講座のみ30名)
 (環境管理、経営管理、品質管理等、マネジメント業務に関わる方)

申込締切

お申し込み受付は終了いたしました。
ありがとうございました。

会場

かながわサイエンスパーク (KSP) 内研修室
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
>> Mapはこちら
◆ JR「新横浜駅」から「溝の口」行き直通バス「高津中学校入口」下車

受講料

(A)一般 36,000円
KAST法人賛助会員
及び神奈川関係割引

(B)KAST法人賛助会員
(C)神奈川県内中小企業

28,800円
(D)C以外の神奈川県内企業*
(E)神奈川県内在住の個人の方
32,400円
*●神奈川県内中小企業とは・・・
本社または事業所が神奈川県内にあり、資本金が3億円以下
または企業全体の従業員数が300名以下の企業

編成

(一社)産業環境管理協会 技術参与 中小企業診断士
松浦 徹也 氏

講師

(一社) 東京環境経営研究所所属 中小企業診断士

開催のご案内

  化学物質管理への要請が高まる中、法規制改正のたびに繰り返される調査対応に追われ、自社及びサプライチェーンでのコストがかさんでいませんか。今、効果的に化学物質規制への対応ができるマネジメントシステムを構築することは、コスト削減だけでなく、企業の信用性や競争力の向上にもつながります。
  本講座は、RoHS/REACH対応を既存の品質マネジメントシステムに組み込んで、日常的な管理にしていくこと目指します。具体的には、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」をベースとして、EU RoHS(II)や中国RoHS(II)などの法規制が求める要求事項や、関連する国内外の規格(JIS Z 7201、EN50581)を整理し、効率的なマネジメントシステムを自社やサプライチェーンで構築するための知識を身に付けます。講師には、技術・経営の両面からサポートいただけるよう化学物質規制対応のエキスパートである一般社団法人東京環境経営研究所から専門家の方々をお招きします。
  カリキュラムは①国の動向と化学物質規制の知識を補強するプレ講座(参加自由)、②法規制等の最新情報を整理する講義、③具体的な事例を題材に支援規格に基づいた対応策を徹底的に検討するグループ演習で構成され、実践的な内容になっています。
  自社及びサプライチェーンにおける製品含有化学物質管理システム構築の足掛かりとして、また既存のマネジメントシステムを見直す指針として、ぜひお役立て下さい。

内容と日程

プレ講座
日時 時間 講義項目
2月5日(水)
17:00~19:30
17:00~17:40

17:40~17:55
基調講演 「化学物質管理政策のこれから~日本の産業競争力を確保するために(仮)」
経済産業省製造産業局 化学物質管理課 課長補佐 遠藤 幹夫 氏
Q&A・意見交換
18:00~18:30
18:30~19:00
19:00~19:30
講義 「サプライチェーンマネジメントの進め方」 (一社)産業環境管理協会 技術参与 松浦徹也氏
「REACHの基礎と論点整理」 (一社)東京環境経営研究所 講師
「RoHSの基礎と論点整理」 (一社)東京環境経営研究所 講師

プレ講座は、本講座を受講されるにあたって、必要な基礎知識を補います。国の動向や規制の基礎を押さえることができます。実践的な方法論からお聞きになりたい方は、本講座のみご受講ください。

本講座第1日 法規制動向及び規格概要説明 化学物質規制法が求める本質を理解整理する~ハザード管理からリスク管理へ
日時 時間 講義項目
2月6日(木)
10:00~17:00
10:00~10:15

1-1 オープニング (一社)産業環境管理協会 技術参与 松浦徹也氏

10:15~12:00

1-2 法規制動向と関連規格の整理
 1)REACH規則とRoHS指令の要求事項の動向整理
 2)GHSとアジアの化学物質規制法の要求事項の動向整理
 3)アジアのRoHS法の要求事項の動向整理
 4)バイオサイド規則などの新規制法の要求事項の整理

(昼休憩1時間)
13:00~14:00

1-3 サプライチェーンマネジメント関連規格の概説
 1) EN50581/EN62321
 2) JIS Z 7201等の支援規格

14:00~14:30

1-4 CEマーキングの技術文書の書き方

14:40~16:40

1-5 ISO-RoHS支援規格要求事項解説

16:40~17:00

Q&A/2日目説明

本講座第2日 グループ演習 自社の対応を考える ~特別な管理から日常の管理へ~
時間 講師 講義項目
2月7日(金)
10:00~17:00
10:00-11:00

2-1 第1日のポイント整理と演習の進め方

11:00~12:00

 2-2 グループ演習 事例検討1
 考え方の整理:ハザード管理からリスク管理への実践
 ディスカッションと講師の解説

(昼休憩1時間)

 

13:00~15:30

2-3 グループ演習 事例検討2
 講師のリードにより、複数の事例に対し、課題抽出、対応策の整理、グループ発表、総評を実施します。

15:40~16:50 2-4 グループ演習 事例検討3
 グループ発表でよりよい対応の検討
16:50~17:00

2-5 総括

∗ やむを得ない事情により、日程・内容の変更や中止をする場合があります。講義中の録音・写真撮影はお断りいたします。

お申込みはこちら


申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催


(公財)神奈川科学技術アカデミー

後援・協賛 (一部申請中)


川崎市 (一社)東京都中小企業診断士協会 (一社)電気学会 (公社)高分子学会 (一社)日本接着学会 (公)日本材料学会 (社)環境科学会 (公社)日本環境技術協会 日本複合材料学会 (一社)資源・素材学会 (公社)電気化学会 (一社)電子情報通信学会 (一社)表面技術協会 (一社)電子情報技術産業協会 (社)日本電子回路工業会 (一社)エレクトロニクス実装学会 (公社)精密工学会 (一社)日本自動車部品工業会 神奈川県産業技術センター (公社)大田区産業振興協会 川崎商工会議所 (株)ケイエスピー

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る