財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 平成25年度 教育講座募集案内> 研磨加工技術 基礎を知る
平成25年度KAST教育講座

研磨加工技術 基礎を知る

研磨加工技術 基礎を知る

開講期間

平成25年11月25日(月)~27日(水)  計3日間

募集人員

20名
お申し込み受付は終了いたしました。

研磨加工、研磨工具の開発等に携わる方、半導体関連、ポリマー、繊維、金属等の材料開発に携わる方。半導体関連分野の洗浄、めっき、表面処理等の技術に携わる方、生産技術・加工技術に関する研究開発に携わる方。メーカ,ユーザいずれの方もご受講いただけます。

開催場所

かながわサイエンスパーク(KSP) 内 講義室

(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
 Mapはこちら

開催のご案内

 太陽電池、半導体製品やディスプレイ、大容量記録装置、光学製品など、超精密加 工が必要なデバイスの最終仕上げに欠かせない研磨加工技術。製品の性能、価値を高 めると同時に、コストを左右するため、加工しにくい素材、高価な材料を無駄なく使 いきる工夫が常に課題になります。

 高精度の研磨加工技術の開発は長らく日本がリードしてきました。しかしいま、企業では、アジア諸国や中国への技術流出と人材の不足などから、技術の継承、育成が困難な状況が続きます。ノウハウに関わる部分も多いため、基礎知識を持たず、就職後、いきなり開発現場に配属が決まり、当惑する担当者も増えているといいます。

 研磨の基礎から、砥粒の選び方、使い方、材料や用途に応じた技術の使い分け、最新の技術動向まで総合的に学べるよう、編成しました。石や鉄などから鋭利な刃物を研ぎだすことに始まり、近代以降、望遠鏡やレンズ、振動子など、光や電気による通信・計測機器の性能を高める目的で発展を遂げた研磨加工の技術。加工精度への要求はナノメートルのレベルにまで及ぶいま、初めて研磨加工に携わる方はもちろん、あらためて基礎から学び直したい方にも役立つ内容になっています。

カリキュラム編成者: 埼玉大学大学院 教授 堀尾健一郎

受講料 (消費税込)

    全日程 選択受講
(A)神奈川県外企業 42,000円 18,000円/1日
KAST法人賛助会員及び神奈川関係割引
(B)KAST法人賛助会員
(C)神奈川県内中小企業
33,600円
(D)上記(C)以外の神奈川県内企業
(E)神奈川県内在住の個人の方
37,800円
    (C)神奈川県内中小企業とは・・・事業所が神奈川県内にあり、資本金が3億円以下または企業全体の従業員数が300名以下の企業

 

カリキュラム内容と日程

11月25日(月) 10:00~14:00
昼休み1時間を含む
イントロダクトリトーク/研磨加工技術の基礎
 加工技術における研磨加工の位置づけ,研磨加工の分類,超精密加工とは?研磨加工以外の平滑化技術,などについて概説します.
埼玉大学大学院 理工学研究科 教授 堀尾 健一郎 氏
14:20~17:20 研磨工具
 研磨パッドの素材、組成、材質や硬さなどの違いを知り、役割、機能、使い方などを理解します。研磨方法やスラリ ーとの組み合わせから最適な工具の選び方などを解説します。
立命館大学 理工学部 教授 谷 泰弘 氏
11月26日(火) 13:00~15:00 研磨砥粒・研磨材
 ラッピング、ポリシングに使う研磨材・砥粒の種類、用途、選び方等を解説します。
株式会社フジミインコーポレーテッド 生産技術部 横山 英樹 氏
15:20~17:20 研磨加工機
 日々開発の進む研磨機。知らぬ間に研磨加工が全く変化し、過去のノウハウがきかない装置も登場しつつあります。 ラップ盤、ポリッシ盤の機械的特徴と研削機との違い、用途、使い分けなどの基本項目から、年々高まる加工精度への 要求を実現する研磨機の性能、最新の大型フォトマスク用加工機まで、研磨機の「いま」を解説します。
浜井産業株式会社 技術部  専任部長 杉下 寛 氏
11月27日(水) 13:00~15:00 洗浄技術
 現在開発が進み、研磨レートやより研磨精度を向上させるため研磨手法や研磨剤が多様化しています。たとえ精度 よく研磨しても、それらに適合した洗浄方法や乾燥方法を選択しないと、研磨剤や破片を取り除くことができずトラブ ルを招き、後工程や製品歩留まりに悪影響を及ぼします。いま、研磨加工の後工程に必要なサブミクロンレベルの洗 浄技術の基礎理論と適用事例を紹介します。
スピードファムクリーンシステム株式会社 企画開発課 永木 宏明 氏
15:20~17:20 研磨面の評価技術―形状と表面粗さをはかる
 ナノレベルの精度が求められるいま、研磨後の表面の状態や形状を評価、測定するプロセスがさらに重要になって きます。実際の測定事例とともに、研磨面を「観る」「測る」技術について紹介します。
アメテック株式会社 テーラーホブソン事業部  宮下 勤 氏
*やむを得ない事情により、日程・内容の変更や中止をする場合があります。講義中の録音・写真撮影はお断りいたします。

 

お申込みはこちら


申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催


公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー

後援 (一部申請中)


(公社) 精密工学会 (公社) 砥粒加工学会 (公社) 応用物理学会 (公社) 日本セラミックス協会 (一社) 日本ファインセラミックス協会  (一社) 日本オプトメカトロニクス協会 (一社) 電子情報通信学会 (公社) 電気化学会 (一社)エレクトロニクス実装学会 ( 社) 化学と マイクロ・ナノシステム研究会 (一社) 日本ゴム協会 (一社) 高分子学会 (一社)日本電子回路工業会 ( 一社) 日本複合材料学会 (一社) 資源・素材学会 (一社) 日本塑性加工学会 (一社) 溶接学会 (社) 日本溶接協会 (一社)日本計算工学会 (一社)表面技術協会 (公社) 日本表面科学会 (株) ケイエスピー 神奈川県産業技術センター 川崎商工会議所 (公財)大田区産業技術振興協会

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る