財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 平成25年度 教育講座募集案内>  付加製造と3Dプリンティングコース
平成25年度KAST教育講座

付加製造と3Dプリンティング

付加製造と3Dプリンティングコース

開講期間

平成25 年718日(木)、19日(金) 計2日間

開催場所

かながわサイエンスパーク(KSP)内 講義室
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
 Mapはこちら
◆ JR「新横浜駅」から「溝の口」行き直通バス「高津中学校入口」下車

東京大学生産技術研究所
(東京都目黒区駒場4-6-1)
◆ 京王電鉄井の頭線「駒場東大前」下車徒歩10分
 Mapはこちら

カリキュラム編成者からのメッセージ

 講座が対象とする付加製造技術が市場に登場した20年前、この技術はラピッドプロトタイピングとよばれ、試作にしか使われていませんでした。

 しかしその後この技術を製品の直接製造に使おうという地道な努力が続けられ、今では熱可塑性樹脂や金属の製品また高機能金型が少しずつ生産されるようになりました。

 本講座では、各技術とその応用の解説のほか、実機の見学や実習も行います。付加製造の現状をからだ全体で感じて頂ければと思います。

募集人員

30名 (先着順)

対象者

企業の技術者、研究者、企画担当者

コースの特色

 加工には、大きな塊から不要な部分を取り去って目的の形状を得る除去加工、同じ大きさの材料を変形することによって目的の形を得る成形加工、何も無いところに材料を積み上げて行って目的の形状を得る付着加工の3種類の加工があります。付着加工のひとつである付加製造技術は、約20年前に世の中に紹介されましたが、当時、金型を起こさなくても迅速(簡単)に樹脂製品の模型が試作できる画期的技術として注目され、“ラピッドプロトタイピング”とよばれていました。
 その後、この技術を模型ではなく最終製品の製造に使えるレベルまで高めようとする地道な努力が続けられた結果、2000年代中盤から徐々に一品物や少量生産品、また金型の製造にも使われるようになってきました。また一方で、近年
3Dプリンターと呼ばれる廉価な装置も市販されるに至り、この技術に対する認知度が急速に高まってきています。

コースのねらい

 講義では、付加製造技術の様々な原理を紹介し、現在製品製造に最も多く用いられている粉末床溶融結合技術を中心に深掘りした解説を行います。また、様々な応用、特に金型については詳しく解説します。座学に加え東京近郊のショールームをまわり、実際の装置を見学するツアーを行います。さらに、限定的とはなりますが、一部の受講者に実習を提供します。

 この技術にはじめて触れた受講者には、この技術の可能性と課題をしっかり理解して頂き、すでに過去のラピッドプロトタイピングとよばれた技術をご存じの受講者には、この20年間の進歩を実感して頂き、今後の事業展開の一助として頂ければ幸いです。

受講料 (消費税込み)

区分 A.一般 B.KAST法人賛助会員
  C.神奈川県内中小企業
D.C以外の神奈川県内企業
   E.神奈川県内在住の個人の方
全日程 32,000円 25,600円 28,800円
実習希望者
*先着5名
上記金額と実費
材料費として10,000円
上記金額と実費
材料費として10,000円
上記金額と実費
材料費として10,000円

★ 実習お申込みは受付を終了いたしました。

カリキュラム構成及び日程

  10:00~12:00 【講義】 13:00~14:30 【講義】 14:40~16:40 【講義】 見学場所
シーメット㈱へ
17:50~18:50 【見学】

7月18日 (木)

KSP708

・歴史と定義
・各技術の概要
・応用(RP,RT,RM)
・各技術の実状
・海外の動向(企画,政策,ロードマップ)
・3Dプリンター
・粉末床溶融結合の原理
・装置と材料
・難しいところ勘どころ
・技術的トレンド
・用途・応用
・最近の研究から
・原理
・装置と材料
・難しいところ勘どころ
・技術的トレンド
・応用.金型を中心に

シーメット㈱
* 横浜市港北区
新横浜

講師
東京大学 生産技術研究所
教授 新野 俊樹氏
講師
東京大学 生産技術研究所
教授 新野 俊樹氏
講師
九州工業大学 情報工学研究院
教授 楢原 弘之氏

  9:00~11:00
*事前申し込み先着5名
11:30~16:00 【見学】
*実習以外の受講生は渋谷駅集合
東大生産技術研へ
16:30~17:30 17:45~19:00

7月19日 (金)

東京大学
生産技術
研究所

講義・実習
(準備編)
(渋谷駅集合)
11:30 -12:00
(三軒茶屋駅集合)
13:30-14:00
(バスで移動)
14:40-15:40
講義・実習
(後処理)

懇親会・
名刺交換

レーザー焼結による模型の 作製(東大生産技術研究所) 丸紅情報システムズ㈱ ㈱スリーディー・ システムズ・ジャパン ㈱松浦機械製作所東京フォーラムセンター レーザー焼結に よる模型の作製

*やむを得ない事情により、日程・内容の変更や中止をする場合があります。講義中の録音・写真撮影はお断りいたします。

お申込みはこちら


申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催


公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー

後援 (一部申請中)


公益社団法人精密工学会,一般社団法人型技術協会,公益社団法人高分子学会,社団法人日本合成樹脂技術協会,一般社団法人プラスチック成形加工学会,一般社団法人日本鋳造協会,一般社団法人日本ダイカスト協会, 公益財団法人大田区産業振興協会,川崎商工会議所,神奈川県産業技術センター,株式会社ケイエスピー

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る