財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 平成26年度 教育講座募集案内>  医療機器開発コーディネーター育成講座
平成25年度KAST教育講座

医療機器開発コーディネーター育成講座

医療機器開発コーディネーター育成講座

開講期間

【座学】
第1日 : 10月31日(金)
第2日 : 11月5日・12日、12月3日・17日(いずれも水曜日)
【実習・演習】
11月30日(日)

申込締切

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

募集人員

30名限定
(定員超過の際は先着順とさせていただきます。)

対象者

新たな医療機器等の開発・実用化に関心があり、関連企業等に勤務経験があるなど、知識や経験を有する方

開催場所

【座学】
かながわサイエンスパーク 会議室(川崎市高津区)、
川崎商工会議所(川崎市川崎区)
【実習・演習】
湘南c-x、小澤ビル 会議室 / アイクロス湘南ビル 会議室(藤沢市辻堂)

受講料

無料

編成の背景・ねらい

  神奈川県では現在、超高齢社会を乗り越えるため、国家戦略特区などの3つの特区をフル活用し、「ヘルスケア・ニューフロンティア」の推進に取り組んでいます。

  この講座(座学・実習)は、高い技術力を持つ県内ものづくり企業に、医療現場のニーズを的確に伝え、新たな医療機器の開発・実用化への橋渡しを担う人材の育成を目的として開講するものです。

  受講者の皆様には、本講座終了後、「修了証」を授与するとともに、県のコーディネーターバンクに登録していただき、県及び関係機関等が行うマッチングイベント等への参加・協力をお願いすることになります。

プログラム

【 座学 】 10/31(金)
9:45~10:30
(45分)
 【総論】 これからの医療機器開発においてコーディネーターが担うべき役割(医工連携概論)
講師:早稲田大学教授、慶應義塾大学名誉教授、日本医工ものづくりコモンズ理事 谷下 一夫

10:40~12:00
(80分)

 【各論①】医療機器開発と法規制
*11月下旬に施行される改正薬事法(医薬品・医療機器等法)のポイントを学びます。
講師:株式会社オフィス浅川 代表、KAST科学技術コーディネーター 浅川 徹

13:00~14:20
(80分)

 【各論②】 医療機器開発と知的財産
*医療機器に関する知的財産のポイントを学びます。医療機器開発は、医薬・バイオテクノロジー・無機化学・有機化学に関する分野と、IT・電気・機械に関する分野にまたがるため、広範な領域・要素技術を押さえる必要があります。
講師:弁理士、長谷川国際特許事務所 所長 長谷川 洋

14:30~15:50
(80分)

 【各論③】 医療機器開発の最前線!
*自動車の摺動部品への、耐摩耗性と安全性を両立させた高度な表面処理技術を基盤とし、異分野となる医療機器産業への参入に挑戦。岡山県と岡山大学との産学公連携が実を結び、国内で初めて、冠状動脈ステントの開発に成功した事例から、世界に波及しうる地域発イノベーションのあり方を学びます。
講師:岡山理科大学 教授 中谷 達行

16:00~17:20
(80分)

 【各論④】 医療機器としてのソフトウェア
*改正薬事法(医薬品・医療機器等法)において、ソフトウェア単体でも医療機器と認められることとなったことから、その基礎知識を学び、医療機器開発等に活用するポイントを学びます。
講師:株式会社モノ・ウェルビーイング 代表 榊原 正博

17:30~18:15
(45分)

 【実習のための事前学習】
*臨床現場で、何を見て、何を感じるか、医療機器開発の原点であり、最重要課題でもあるニーズ把握・探索のポイントを学びます。
講師:株式会社モノ・ウェルビーイング 代表 榊原 正博

【 実習 】 11/30(日)
10:00~16:00
 【地域連携型体験実習】
*日頃、臨床現場で働く医師や看護師等が一堂に会する福祉用具展示会に参加し、座学で学んだ知識を踏まえ、医療・介護等の現場のニーズを収集・把握する姿勢や重要性を実践的に学びます。

16:00~18:00

 【グループディスカッション】
選択講義
(計3時間)
・A群・B群、それぞれから1つの講義を選択(各回とも18:30~20:00、90分)
・文部科学省受託事業「医療機器産業参入のための基礎」コースとの併催
  【A群】 これからの医工連携人材育成
● 選択肢 A-1   11/5(水)  文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター 上席研究官 重茂 浩美
● 選択肢 A-2   11/12(水)  東北大学 特任教授、医療工学人材育成委員会 委員長 山口 隆美
*国内外の人材育成プログラム(11/5)や、国内随一の医工学分野における高度な社会人人材育成を行う東北大学の取組み(11/12)について学びます。
  【B群】 医療機器開発
● 選択肢 B-1   12/3(水)  エイシン電機株式会社 代表取締役 計良 英二、外
● 選択肢 B-2   12/17(水)  第一医科株式会社 代表取締役 林 正晃、 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 主任研究員 柏野 聡彦
*県内医療機関と共同し、異業種からの新規参入に成功した地元企業の事例(12/3)や、医療機器専業の老舗製販企業がものづくり企業と協働し、新しい製品(医療機器)を生みだした
事例等(12/17)について学びます。

 

お申込みはこちら

申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催


神奈川県・公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー

協力


神奈川R&D推進協議会

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る