公益財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 文部科学省 GRENE開発講座  省エネ・創エネデバイスの実用化
平成27年度KAST教育講座

文部科学省 先進環境材料・デバイス創製スクール GRENE講座

 

開講日

平成28年日(木)   10:00~17:40

会場

早稲田大学 研究開発センター
  (東京都新宿区早稲田鶴巻町513 )
◆ 最寄駅   「早稲田(東京メトロ 東西線)」 徒歩5分

定員

★お申し込み受付けは終了いたしました。

エネルギー、環境技術に利用できる新しい材料の開発に挑みたい方。
自然の力とMEMSなどの技術を組み合わせ、創エネ、省エネに利用
する新しい技術を開発したいとお考えの方。
これからマイクロ・ナノスケールの加工技術に取り組みたい方。
射出成形、めっき、印刷、精密測定など自社の技術を微細加工分野
に活かしたい方。
電池、計測機器、半導体、電子部品などの開発に携わる方
   ・・・など

   

カリキュラム編成者から

  本コースは、電力変換、照明、トライボロジー、新発想の燃料電池まで、ナノ・マイクロ領域の研究分野が生み出す新たな技術開発の可能性を知る講座です。
 
  材料の分子、原子が持つ特徴や機能を引き出し、押し広げることでエネルギーを無駄なく使い、作るための新しい技術が生まれます。日常生活の中で、安全性、信頼性を最優先する状況や、発熱を抑え、エネルギーロスをなくし、生産性の向上をはかる場面など、微細な構造や機能の積み重ねから実現できる省エネ技術がまだたくさんあります。
 
  当講座では新技術の確立からベンチャーの企業化までを見据えた話をさせていただきます。
   

受講料

9,000円/1日 ( 教材費用を含む実費・税込)

カリキュラム内容と日程

2016年2月4日(木)

10:00~11:30

 圧電体薄膜を使ったMEMSデバイスの基礎と応用事例

  近年、ほとんどの電子機器の高機能化においてMEMS技術の恩恵を受けています。とりわけ、圧電材料を用いたMEMSデバイスのIoT社会へ向けての応用展開は楽しみです。本講義では圧電材料とその薄膜化技術・電気特性など最新でかつ基本的な話から、MEMSプロセスとの融合、超音波センサや圧電型振動発電デバイスなどへの応用事例まで紹介します。

地方独立行政法人 大阪府立産業技術総合研究所 制御・電子材料科 村上 修一

12:40~14:10

 高性能白色LED用サイアロン蛍光体の最新技術 ~きれいに照らす、あざやかに映す~
  サイアロン蛍光体はSi-Al-O-Nなどの身近な元素を主成分とする新しい発光材料であり、すでに家庭にも普及した高演色LED照明には欠かせません。最近ではRGBの3原色を鮮やかに表示できる液晶ディス プレイのバックライトへの利用も急速に拡がっています。この講義では、最新の携帯端末やSuper High Vision TVの世界を拓く色再現性のよい表示装置に用いる蛍光体の最新技術を紹介します。
物質・材料研究機構/株式会社サイアロン 高橋 向星

14:25~15:55

 酸化亜鉛薄膜の表面極性 ~その判定法と制御法~

  酸化亜鉛は優れた電気的・光学的特性を持ち、透明導電膜や発光素子としての応用が期待されている材料です。その薄膜化は比較的容易ですが、薄膜の最表面が酸素原子で終端されているのか、あるいは亜鉛原子で終端されているのか、すなわち“表面極性”の違いによって特性は大きく異なってきます。この講座では、我々が企業との連携で開発した直流バイアス印加による酸化亜鉛薄膜の極性制御法など、様々な表面極性の制御法と判定法を紹介します。

物質・材料研究機構 光・電子材料ユニット 光・電子機能グループ  安達 裕

16:10~17:40

 紫外線火災センサによる世界初の炎の検出とベンチャー企業  ~しくじり先生!形ある物での勝負の難しさ~
  起業から、ダイヤモンドを素材とした高耐熱で紫外線劣化のないダイヤモンド半導体紫外線センサに挑戦するまでの24年間を、大手企業に認めさせる手法をまじえて「私はこうして生き残りました」と題し、今後起業を目指す方に伝授したいと思います。
株式会社 アンテック 代表取締役 末石 健二

∗ 内容については、予告なく変更する場合があります。 講義中の録画・写真撮影・録音は堅くお断りいたします。

お申込みはこちら

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

企画


  NIMSロゴマーク 独立行政法人物質・材料研究機構
  早稲田大学ロゴマーク  早稲田大学

運営


    早稲田大学ロゴマーク  公益財団法人神奈川科学技術アカデミー

問い合わせ先

教育情報センター  教育研修グループ
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟
TEL : 044-819-2033/FAX : 044-819-2097
E-MAIL : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る