<← ウィンドウを閉じる →>


 /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
 \ KASTメールマガジン  第3号(2005.6)    /
 /         (財)神奈川科学技術アカデミー \
 \/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

 蒸し暑くなってきました。「COOL BIZ」なども話題になっていますが、
皆さんの職場の設定温度はいかがですか?

         ◆◆ 第 3 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 - テクノトランスファーinかわさき2005に出展
     7月に開催されるテクノトランスファーの概要を掲載。
  ┣・2 -大学の技術シーズをお届け!(隔月連載予定)
     県内大学の技術シーズを実用化する企業を探しています。
  ┣・3 -お役立ち計測機器のご紹介(隔月連載予定)
     旧KTFメールマガジンから通算7回目です。
  ┣・4 - その他
     日独フォーラムのご報告や、教育講座等のご案内です。
   ┣・今月のKAST情報
   ┣・KAST教育講座のご案内
   ┗・公開特許情報
  
====================================================================
1.テクノトランスファーinかわさき2005に出展
====================================================================
 以下により、テクノトランスファーinかわさき2005(第18回先端技術見本
市)が開催されます。KASTでは、光触媒やバイオ、ナノテク等に関する先端
的研究の成果や、企業様のお役に立てる試験計測サービス、特許情報の流通
・活用支援のご案内などをご用意して、皆様をお待ちしております。
どうぞお越しください。

 日 時: 平成17年7月6日(水)〜8日(金) 10:00〜17:00
 会 場: かながわサイエンスパーク
      3階ギャラリー(企業ネットワーク部門)
 参加費: 入場無料
 主 催:(社)神奈川県産業貿易振興協会、神奈川県、川崎市

★彡 詳細はこちら
 http://www.ktpc.or.jp/ttk2005/

====================================================================
2.大学の技術シーズをお届け!(隔月連載予定)
====================================================================
 KASTでは、大学の研究シーズの実用化を応援しており、実用化を希望する
企業を求めています。

 今回の研究シーズは・・・
◆横浜市立大学大学院総合理工学研究科助手
 高見澤 聡 氏

◆テーマ:環境応答型吸着剤の開発
 ゼオライトや活性炭のような吸着蓄積による能力の劣化がなく、簡単に再
生して繰り返し使える吸着剤を開発しています。
 この吸着材料は、細孔構造の均一性と柔軟性による新しい吸着メカニズム
により、人体に有害なトルエンなどの有機化合物の蒸気濃度の変化に応答し
て吸脱着挙動をオンオフできる新材料です。
 細孔は疎水的なため水蒸気による阻害なしに、有機化合物蒸気濃度を一定
圧力以下に制御できるので、塗料・建材へ混入しての利用や、空気清浄機、
ガスの吸蔵材への応用などが期待できます。

★彡 横浜市大の研究シーズデータベース( PDF )
 http://www.yokohama-cu.ac.jp/sangaku/db/takamizawa.pdf

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)

====================================================================
3.お役立ち計測機器のご紹介(隔月連載予定)
====================================================================
           ■ 第7回:電波暗室 ■
--------------------------------------------------------------------
 携帯電話の発する電磁波ノイズによって心臓ペースメーカの誤動作が心配
され、電車内での携帯電話の使用が制限されています。
 携帯電話に限らず様々な電子機器から発する電磁波ノイズは、周辺機器の
誤動作を引き起こす恐れがあるため社会問題化し、国際規格等で規制されて
います。

 この電磁波ノイズを正確に測定する部屋が電波暗室です。

 電波暗室の外壁は外部から放送波やノイズが入り込まないように金属板で
遮蔽されており、内壁は測定する電磁波が反射しないように電波吸収体を貼
り付けてあります。
 これによって機器から発する電磁波ノイズのみを測定することができます。

     <<電波暗室>>
 当センターでは開放利用を行っております。
  測定周波数範囲:30MHz〜18GHz
  室内寸法:長さ6.9m×幅2.9m×高さ2.5m

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター 沼田
 (TEL:044-819-2105 MAIL: numata@newkast.or.jp)

====================================================================
4.その他
====================================================================
          ■ 今月のKAST情報 ■
--------------------------------------------------------------------
■日独フォーラムのご報告

 「公共試作開発ラボ」の役割と可能性をめぐって
  〜「日独技術移転フォーラム」を開催〜

 5月19日に、横浜市中区のKGU関内メディアセンターで、「ものづくり分野
の産学公連携における<公共試作開発ラボ>の役割」と題したフォーラムを
開催しました。(共催:神奈川県、後援:文部科学省)
(http://www.newkast.or.jp/event/event_050519.html)

 招待講演者・パネリストによる産学連携にかかる講演の後、3氏によるパ
ネルディスカッションでは、「なぜ『中間的研究組織』が必要なのか?」
「大学ではできないのか?」「TLOでは不十分なのか?」などの質問に対し、
パネリストが自身の経験を引きながら、充実した討論が繰り広げられました。

 当初は「政策研究集会」的な小さな集会を予定していましたが、140人以
上の大学・企業・自治体関係の方々にご参加いただき、皆さんの関心の深さ
を知ることができました。KASTでは、神奈川の地域に根ざした「公共試作開
発ラボ=中間的研究組織」のあり方について引き続き研究を重ね、何らかの
方向性を見出していきたいと考えています。

★彡 報告の詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_050519_h.html

■水曜日は「お茶の間サイエンス」の日です。
 KASTでは、身近な科学のトピックスをわかりやすく解説する
「お茶の間サイエンス」を毎週水曜日に神奈川新聞に掲載しています。
 ・6月15日 「スグレモノ 真空断熱材」 快適な生活と省エネに貢献 
 ・6月 8日 「聞こえないけど便利な「超音波」」
        身近なものでも利用広がる
 ・6月 1日 「水をきれいにする技術」 人工透析にも原理を使用
 ・5月25日 「生体認証システム」 偽造カード被害対策で注目

★彡 お問い合わせはこちら
 情報交流グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: sc@newkast.or.jp)

--------------------------------------------------------------------
          ■ KAST教育講座のご案内 ■
--------------------------------------------------------------------
【第II〜III期】
 学習の秋に向けて、充実のラインナップです。

■【New】マイクロ化学チップ−基礎の基礎コース
 (H17,9/27〜28,10/5〜6,実習9/29又は10/4 計5日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_2.html

■光触媒・開発現場からの最新報告コース (H17,7/27〜28 計2日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_2_1.html

■計算力学の基礎と応用コース (H17,8/23〜25,8/31〜9/2 計6日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_2_2.html

■塑性加工基盤技術コース (H17,9/6〜7,13〜14,20〜21 計6日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_2_3.html

■射出成形現象工学コース (H17,10/7,14,21,27,28 計5日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_2_4.html

■ナノバイオ基礎から最前線コース (H17,11/2,8,9,17,22 計5日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_1.html

 ※法人賛助会員の方は、受講料が2割引になります。

★彡 お問い合わせはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033)

--------------------------------------------------------------------
         ■ 公開特許情報 ■
--------------------------------------------------------------------

 (発明の名称) 窒化物半導体素子並びにその作製方法
 (公開番号)  WO 2005006420
 (発明者)   藤岡 洋、尾嶋 正浩
 (要約)    Zn0基板上を、原子レベルで平坦化する技術を提供します。
        また、青色LEDのほかGaN系電界効果トランジスタへの応用
        が期待されるGaNや、高い電子移動度を利用した高周波デ
        バイス、更には太陽電池への応用が期待されるInNを、低
        温で積層することもできます。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

 (発明の名称) 物質固定化剤、それを用いた物質固定化方法及びそれを用
        いた物質固定化基体
 (公開番号)  WO 2004088319
 (発明者)   伊藤 嘉浩、蓮田 寛和、石原 一彦、金野 智浩、
        山内 哲也
 (要約)    ポリペプチド、核酸、脂質等の物質を基板上に、光反応に
        より固定化するための物質固定化剤に関する技術です。
        本技術によれば、固定化すべき物質を、その種類に関係な
        く共有結合により固定化することができ、更に、選択露光
        により、固定化物質のパターニングが可能になります。
        よって、各種マイクロアレイの作製等に有用です。

★彡 お問い合わせはこちら
 知財戦略グループ(TEL:044-819-2035 MAIL: str@newkast.or.jp)

====================================================================
このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

なお、KASTのプライバシーポリシーはこちら
(http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html)
バックナンバーはこちら
(http://www.newkast.or.jp/mailmagazine.html)

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  タイトルに【メルマガ配信不要】とご記入のうえ、このメールのアドレ
  ス(magazine@newkast.or.jp)へご返信ください。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  タイトルに【アドレス変更】、本文に【配信を希望するアドレス】をご
  記入のうえ、このメールのアドレス(magazine@newkast.or.jp)へ返信
  してください。

もしご返信がない場合には、配信に同意いただいたものとして引き続き配信
させていただきますのでご了承ください。

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
  magazine@newkast.or.jpまで
====================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2005
       掲載記事の無断転載を禁じます。  
 〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
       発行:企画調整部 企画戦略グループ
====================================================================

<← ウィンドウを閉じる →>