<← ウィンドウを閉じる →>

 /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
 \ KASTメールマガジン  第6号(2005.9)    /
 /         (財)神奈川科学技術アカデミー \
 \/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

朝夕が涼しくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ご好評いただいておりますKASTメールマガジン第6号をお届けします。

       ◆◆ 第 6 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -高度計測センターが国際規格ISO17025の認定取得
  ┣・2 -お勧めイベント
┣・KAST知財セミナー
   ┣・KASTフォーラム2
   ┣・教育講座特別講義「イノベーションの本質」
   ┗・ASPA第9回大会併設「アジア光触媒研究発表会」のご案内
  ┣・3 -大学の技術シーズのご案内(隔月連載)
  ┣・4 -その他
   ┣・今月のKAST情報
   ┣・KAST教育講座のご案内
┣・公開特許情報(隔月連載)
   ┣・イベント報告「KAST青少年フェスティバル2005」報告
   ┗・県内関係機関の情報

**********************************************************************
【1】試験所認定制度の国際規格ISO17025取得のお知らせ
----------------------------------------------------------------------
■ 高度計測センターが認定取得 ■
----------------------------------------------------------------------
8月17日、KAST高度計測センターは、(財)日本適合性認定協会から試験所認定
制度の国際規格ISO17025に基づく認定登録を受けました。認定対象分野は、
JIS Z 2241に基づく金属材料引張試験です。この分野では、神奈川県内の公的
分析機関としては初めて、全国の県関連の試験機関としても3番目の認定取得
となります。
認定された機関は、信頼性の高い試験データを提供できる試験所として認めら
れ、その試験データは国際的な商取引に通用するデータとなります。神奈川県
内の中小企業者等が海外との商取引等で試験データの提出を求められた場合、
今後はKAST高度計測センターで試験したデータを利用することが可能となりま
す。

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/press/press_050906.html

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター 中井・沼田(TEL:044-819-2105 FAX:044-819-2108)

**********************************************************************
【2】お勧めイベント
----------------------------------------------------------------------
     ■ KAST知財セミナー  米国特許を巡る最新情報 ■
----------------------------------------------------------------------
実務者向けの知財セミナーを開催します。米国より専門家を招聘し、先発明主
義から先願主義への移行に揺れる米国の最新事情を報告します(逐次通訳
付)。これに先立ち、KAST知的所有権センター支部駐在の特許情報活用支援ア
ドバイザーが、米国特許制度の概要を解説します。

日 時:平成17年9月29日(木)9:30〜12:30
場 所:KSP709会議室
参加費:無料
定 員:70名(事前登録・先着申し込み順)

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_050929.html

★彡 お問い合わせはこちら
 情報交流グループ(TEL:044-819-2100 MAIL: sc@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
           ■ KASTフォーラム2 ■
----------------------------------------------------------------------
年4回開催する「KASTフォーラム」の第2回を10月7日(金)に行います。今回
は、KASTの評議員でもあり、これまでに数多くの重要な研究成果を残しながら
現在も第一線で研究推進やバイオインフラの整備に当たっておられる新井賢一
先生、現在日本で最も注目されているバイオベンチャーの1つ、オンコセラ
ピー・サイエンス株式会社の中鶴修一先生をお招きして、先端医療にまつわる
貴重な最新情報をお話いただきます。

日 時:平成17年10月7日(金)13:30〜16:00
場 所:KSPホール
参加対象(参加費)
 KAST賛助会員等 財団支援企業・個人・学生:無料
 一般:3,000円(但し今年度のKAST個人賛助会員費として※)
※平成17年度KAST個人賛助会員会費として充当させていただき、今年度KAST
フォーラムの無料参加(以後3回を予定)、KASTメールマガジン、KASTリポ
ートの配布など、各種サービスをご提供 
定 員:100名(事前登録・先着申し込み順)

★彡 詳細・お申し込みはこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_051007.html

★彡 お問い合わせはこちら
 情報交流グループ(TEL:044-819-2100 MAIL: sc@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
     ■ 教育講座特別講義「イノベーションの本質」■
----------------------------------------------------------------------
◆ヒット作に共通する「イノベーションの本質」を人と組織の観点からとらえ

日 時:平成17年10月25日(火)13:30〜15:30
講 師:一橋大学大学院 教授 野中郁次郎氏
概 要:そもそもヒット作に共通する「イノベーションの本質」など存在する
のか。また日本のビジネスマンたちは米国発のMBA的マネジメント手法ばかり
に目を向けていないだろうか。長年にわたって組織の「知識創造理論」を研究
してきた野中郁次郎教授が、日本のビジネスマンの情熱と日本企業に宿る伝統
の「型」が融合したところに「知識創造」があると説く。ミドルを元気にする
講演です。

★彡 詳細はこちら  
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_4i.html

★彡 お問い合わせはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033)

----------------------------------------------------------------------
■ ASPA第9回大会併設「アジア光触媒研究発表会」聴講者募集のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
アジア地域における研究者、インキュベータ、企業家が集まる「ASPA第9回日
本大会」(The 9th Asian SciencePark Association Conference)が、かなが
わサイエンスパークで開催されます。その併設企画として、光触媒技術に関わ
る各国の最先端の研究開発や光触媒製品の動向についての報告・発表会を行い
ます。その際には各国の光触媒製品の展示会も開催します。是非ご参加くださ
い。

日  時:
【シンポジウム】平成17年11月10日(木)13:00〜16:15
【技術報告会】平成17年11月11日(金)9:30〜11:45
開催場所:かながわサイエンスパーク西棟709(川崎市高津区坂戸3-2-1)
聴 講 料:2日間(平成17年11月10、11日)3,000円
(但し、光触媒オープンラボ会員、光触媒ミュージアム展示企業は無料)
※お申込はホームページ上からお願いします。

★彡 詳細・お申し込みはこちら 
 http://www.newkast.or.jp/event/event_051110.html

【製品展示会】  
日  時:平成17年11月10日(木)〜30日(水)入場無料
●「各国の光触媒製品の展示」光触媒ミュージアム企画展
東アジア各国の光触媒製品を展示します。

★彡 詳細はこちら 
 http://www.newkast.or.jp/event/h_museum.html

★彡 上記2件のお問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)

**********************************************************************
【3】大学の技術シーズのご案内(隔月連載)
----------------------------------------------------------------------
   ■ 電流制御誤差情報を利用した簡易な最大電力点追尾方式 ■
----------------------------------------------------------------------
KASTでは、大学の研究シーズの実用化を応援しており、実用化を希望する企業
を求めています。今回の研究シーズは・・・
「都市エリア産学官連携促進事業(湘南・県央エリア)」の平成16・17年度
可能性試験研究テーマより

◆東京工芸大学 工学部 システム電子情報学科
 松井 幹彦 教授
◆電流制御誤差情報を利用した簡易な最大電力点追尾方式
−小容量太陽光・風力発電のモジュール化と普及のために−

太陽光発電装置では、日照条件の変動に対応し、常に最大の発電電力を維持す
るために、出力電力を検出しながら動作点をコントロールする「最大電力点追
尾(MPPT)」という方法がとられます。
従来はMPPTに複数のセンサと比較的高速な電力比較演算処理が必要でしたが、
本研究では「電流誤差情報に基づくMPPT制御方式」を提案し、バッテリー充電
器などの電力変換段が1段の回路構成にも適用可能な「リミットサイクルMPPT
方式」を実現しました。
この方式では、太陽光発電に加えて風力・小型水力発電など、日照強度、風
速、流水量などの条件によって出力が刻々と変動する自然エネルギー発電シス
テムの最大電力点追尾制御を、最小限のセンサ数で実現できる上、制御アルゴ
リズムも大幅に簡素化できるので、低速で安価なPICマイコンの適用が可能と
なり、システムの低コスト化が可能です。(特許出願中)

★彡 東京工芸大学・工学部・システム電子情報学科
   ・電機制御システム研究室
 http://www.seit.t-kougei.ac.jp/syslab/index.html

   都市エリア産学官連携促進事業(湘南・県央エリア)
 http://www.newkast.or.jp/innovation/iv_t_area.html

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)

**********************************************************************
【4】その他
----------------------------------------------------------------------
            ■ 今月のKAST情報 ■
----------------------------------------------------------------------
■水曜日は「お茶の間サイエンス」の日です。
 おなじみ、KASTが毎週水曜日に神奈川新聞に掲載している「お茶の間サイエ
ンス」のご紹介です。
 ・9月14日 「秋草たちの栄枯盛衰」 名月にはススキが似合う  
 ・9月 7日 「コオロギの話」 3つの鳴き声を使い分け  
 ・8月31日 「低降伏点網」 地震吸収する柔らかな壁 
 ・8月24日 「ウミクワガタ」 磯にも大アゴを持つ生物 

★彡 お問い合わせはこちら
 情報交流グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: sc@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
          ■ KAST教育講座のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
■新規コースの紹介です
【燃料電池開発の最新研究コース】
○カリキュラム編成者:東京工業大学 教授 山崎 陽太郎氏
(H17.12.8〜12.15までの計4日間)
昨年人気のコースを更にグレードアップ!実用化を控えた燃料電池の開発に必
要な基礎知識から技術開発の現状・将来動向まで系統的に学べるプログラムと
なっています。

★彡 詳細はこちら  
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_11.html

【再生医療の必須基礎と最前線に触れるコース】
○カリキュラム編成者:京都大学再生医科学研究所 教授 田畑 泰彦氏
(H17.11.25〜12.13までの計5日間)
京都大学、大阪大学を中心とした関西の講師陣が、再生医療の全体を鳥瞰でき
る入門コースを新規に開講します。再生医療の現状と将来の可能性、方向性ま
で学べるコースです。

★彡 詳細はこちら  
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_10.html

■KAST一押しのコースです
【バイオインフォマティクスコース】
情報技術を基礎から学ぶ、バイオ系研究者のための最適コースです。
 (H17,10/25〜12/1までの計13日間、コース編成により随時開講)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_7.html

【技術・プロダクトソフトウェア系企業成長支援コース】
ソフトウエア系企業が抱える様々な課題の克服をテーマに、実践的で活用しや
すい構成となっています。 (H17,10/27〜10/28 計2日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_5.html

■こちらもぜひ!
【研究者・技術者のためのマーケティング基礎コース】
 (H17,10/18,19,25,26,11/9,16 計6日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_4.html

【基礎から学ぶ分子細胞生物学コース】
 (プレコース:H17,10/12 本コース:10/17,21,24,11/1 計4日間 合計5日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_3_3.html

【射出成形現象工学コース】 (H17,10/7,14,21,27,28 計5日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouikujyouhou/kj_ed_2_4.html

※法人賛助会員の方は、受講料が2割引になります。

★彡 お問い合わせはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033)

----------------------------------------------------------------------
       ■ 登録特許・公開特許情報(隔月連載) ■
----------------------------------------------------------------------
【登録特許】
(発明の名称) 分泌蛋白質のN末端配列決定法
(登録番号)  特許3698464
(発明者)    加藤 誠志、小林 みどり
(要約) 医薬として有用な蛋白質が分泌された後、どのようなN末端配列を有し
ているかを、単離精製なしにcDNAを用いて容易に決定することができる方法を
提供します。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【公開特許】
(発明の名称) 高エネルギー密度新規ポリアニリン誘導体
(公開番号)  特開2005-2278
(発明者)   山元 公寿、西海 豊彦
(要約) 高速反応性と高エネルギー密度を示す二次電池用の電極として、また、
安定性が高く、高効率の反応を可能とする触媒として有用な高分子材料(新規ポ
リアニリン誘導体)に関する技術で、今後大きな波及効果が期待されます。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★彡 お問い合わせはこちら
 知財戦略グループ(TEL:044-819-2035 MAIL: str@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
            ■ イベント報告 ■
----------------------------------------------------------------------
「KAST青少年科学技術フェスティバル2005」開催報告

8/4(木)13:00〜17:00、KSPホールにて、青少年向けの科学教室を開催しま
した。10回目を数える今年はナノテクノロジーがテーマでした。身近な現象か
ら原理・本質を学んでもらえるよう、講師が工夫を凝らし、主に小・中学生、
高校生および保護者の方、 計100名にご参加いただき、盛会のうちに終了しま
した。講演、実験、見学の3つの充実したプラグラムに、「すごく勉強になり
ました。次回も来たいと思います」(中2・女子)、「理科の自由研究に活用
できそうです」(中1・男子)などの感想が寄せられました。
来年度も開催する計画(7月上旬募集開始予定)ですので、奮ってご参加いた
だけますようお願いいたします。

★彡 お問い合わせはこちら
 情報交流グループ(TEL:044-819-2100 MAIL: sc@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
           ■ 県内関係機関の情報 ■
----------------------------------------------------------------------
K-POT(かながわ中小企業ビジネス支援サイト)の開設について

(財)神奈川中小企業センターでは、このたび、県内の支援機関等が発信す
る最新情報を、中小企業者等がタイムリーに取得できるよう、それらの情報を
統合して掲載できるポータルサイトとして、「K-POT(かながわ中小企業ビジ
ネス支援サイト)」を開設しました。
K-POTは、最新情報を分野別、地域別に閲覧できるほか、当日掲載された情報
をその日にメールでお知らせするサービス(すっ飛びメール)もございます。
ぜひ、K-POTをご愛用ください。

★彡 詳細はこちら
 http://www.k-pot.jp

★彡 お問い合わせはこちら
 (財)神奈川中小企業センター
 企画情報部情報・研修課(TEL: 045-633-5201 MAIL: k-pot@ksc.or.jp)

======================================================================
このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しておりま
す。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護
をしてまいります。

KASTのプライバシーポリシーはこちら
(http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html)
バックナンバーはこちら
(http://www.newkast.or.jp/mailmagazine.html)

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  タイトルに【メルマガ配信不要】とご記入のうえ、このメールのアドレス
  (magazine@newkast.or.jp)へご返信ください。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  タイトルに【アドレス変更】、本文に【配信を希望するアドレス】をご記
入のうえ、このメールのアドレス(magazine@newkast.or.jp)へ返信して
ください。

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2005
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画戦略グループ
======================================================================

<← ウィンドウを閉じる →>