<← 閉じる →>


 /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
 \ KASTメールマガジン  第13号(2006.4)    /
 /         (財)神奈川科学技術アカデミー \
 \/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

新年度になり、桜も散って、GWが待ち遠しい頃になってきました。
今年度の第1号をお届けします。今回よりメールマガジンの作成担当が
変わりましたが、引き続きご愛読くださいますようお願いいたします。


       ◆◆ 第 13 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -KAST研究プロジェクトのトピックス
   ┣・「環境調和型機能性表面」プロジェクトがスタート
   ┗・平成19年度KAST「創造展開プロジェクト」募集中
  ┣・2 -機器紹介
  ┗・3 -その他
   ┣・今月のKAST情報
   ┣・KAST教育講座のご案内
   ┗・関係機関のイベント等のご案内

**********************************************************************
【1】KAST研究プロジェクトのトピックス
----------------------------------------------------------------------
    ■ 「環境調和型機能性表面」プロジェクトがスタート ■
----------------------------------------------------------------------
 KASTの新規事業「神奈川県地域産学公結集共同研究事業」が開始します。
これは、地域産業マクロニーズや地域課題に取り組む企画立案型の研究プロ
ジェクトとして、今年度より新しい形態で開始した事業です。

 平成18年度は、神奈川県産業技術センター(略称:県産技センター、神奈川
県産業技術総合研究所が4月より名称変更)や県内大学・企業等と連携して、
新しいめっき技術などの開発に向けた「環境調和型機能性表面プロジェクト」
がスタートしました。このプロジェクトの今後の活動にご期待ください。

プロジェクト概要:
めっきなどの表面処理技術は、県産技センターのコア技術で、神奈川県の基幹
産業の「自動車、鉄鋼、電気など」と「ものづくりの中小企業群」の結節点と
して、多くの企業に関係する重要な技術です。
このプロジェクトでは、環境負荷が小さく、機能・コスト両面で新規の付加価
値を有する「環境調和型機能性表面」の実用的製造技術を開発することとしま
した。神奈川県で推進しているインベスト神奈川による大企業、大学、中小企
業等の技術連携などを促進する「神奈川R&Dネットワーク構想」の中核となる
取組の一つで、5年間の研究期間を予定しています。

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kisya/press_060411.html

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
   ■ 平成19年度KAST「創造展開プロジェクト」募集中 ■
----------------------------------------------------------------------
■『創造展開プロジェクト(研究期間4年間、平成19年度からスタート予定)』
の研究テーマの募集を開始しました。

 平成19年度から発足する産業や社会的に重要な基盤技術を生み出すための
基礎研究から新産業創出につなげる応用展開までの「一貫した研究の推進」
を目的とするプロジェクトです。大学の研究者も企業の研究者も応募できます。
独創的な研究のご提案をお待ちしていますので、是非、ご検討ください。

募集期間: 平成18年4月7日(金)〜5月31日(水)
採択件数: 1件
採択時期: 平成18年第3四半期
研究期間: 4年間
研究予算: 約1億円/年を上限

研究プロジェクトの募集・選考にあたっての考え方:
・研究成果の経済的社会的波及効果、県内産業へ与えるインパクトなど研究計
 画に示されている神奈川県への貢献の期待が選考基準の一つになります。
・分野を超えた融合領域など、新技術・新産業の創製に繋がる独創的な研究を
 優先。
・研究成果の応用展開・実用化プランなどを目標に於いた研究の提案を優先。

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kisya/press_060407.html

★彡 お問い合わせはこちら
 研究推進グループ(TEL:044-819-2034 MAIL: res@newkast.or.jp)

**********************************************************************
【2】計測機器のご紹介(隔月連載)
 ※ このコーナーではKAST高度計測センターの機器や試験分析サービスを
   ご紹介しています。
----------------------------------------------------------------------
            ■ 硬さ試験 ■
----------------------------------------------------------------------
硬さ試験は材料の機械的性質を比較的簡単に検査、管理でき、工業的によく用
いられている試験法です。
しかし、硬さにはしっかりした物理的な定義はありません。
硬さは物質の表面付近の機械的な性質ですが、「外部から力を受けて初めて発
生する物質そのものの変形しにくさの尺度」だからです。これを何らかの手段
を用いて数値化するのが「硬さ試験」です。

金属材料の一般的な硬さ試験法は、材料面に鋼球やダイヤモンドの圧子を用い
てくぼみをつけ、その際に生じるくぼみの形状を見ることで一義的に決定しま
すが、その試験法だけでもJIS規格で、4種類が規定されており、各試験法
にはそれぞれに対応する計算方法によって算出される試験値があります。

近年では材料の薄膜化・微小化に対応するための試験法(ナノインデンテー
ション法)が考案され、薄膜の硬度試験機が開発されました。薄膜硬度計は
ナノメートルオーダーの薄膜あるいは材料の極表面の機械的特性が評価できま
す。

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター
  硬さ試験  試験解析グループ 天野、栃木
           (TEL: 044-819-2105 MAIL: amano@newkast.or.jp)
  薄膜硬度計 試験解析グループ 堀口
           (TEL: 044-819-2105 MAIL: hori@newkast.or.jp)

**********************************************************************
【3】その他
----------------------------------------------------------------------
            ■ 今月のKAST情報 ■
----------------------------------------------------------------------
■KAST研究成果について
 KASTの研究プロジェクト等の成果が、以下のとおり紹介されるなど、優れた
研究成果が社会に注目されています。

・4月19日 NHK「おはよう日本」
 光科学重点研究室「鈴木グループ」が都市エリア産学官連携促進事業
(H15.8〜H18.3)で開発した「高感度化ホルムアルデヒド測定試薬」が紹介さ
れました。
★彡 紹介された研究の内容はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kisya/backnum_h17/press_060220.html

・4月 7日 Cell
 近藤「冬眠制御」プロジェクト(H6.4〜H11.3)での研究成果が著名な科学
誌であるCell4月7日号に掲載され、併せてPreview欄でも解説記事が載りまし
た。
★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/innovation/project_end/seika12.html

・4月 5日 日経産業新聞
 「希少金属使わぬ電極材料 薄型ディスプレー用」神奈川科技アカデミー
(長谷川「ナノ光磁気デバイス」プロジェクトの研究成果が紹介されました。)
★彡 長谷川プロジェクトのHPはこちら
 http://www.newkast.or.jp/innovation/project/hasegawa_project.html

・3月30日 日経産業新聞
 「神奈川科技アカデミーなど新タイプ培地」ヒトの羊膜使いES細胞培養
(伊藤「再生医療バイオリアクター」プロジェクトの研究成果が紹介されまし
た。)
★彡 伊藤プロジェクトのHPはこちら
 http://www.newkast.or.jp/innovation/project/ito_project.html

★彡 以上の成果に関するお問い合わせはこちら
 研究推進グループ(TEL:044-819-2034 MAIL: res@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
■読売新聞「土曜カフェ」のご案内
 読売新聞神奈川版「土曜カフェ」に、隔月で理事長・藤嶋昭が執筆しており
ます。

・4月 1日 「互いに刺激受け合い」
 「霧の中を歩めば、覚えざるに衣湿る」との言葉を引用し、集団やグループ
で仕事をする雰囲気の大切さを語っています。


■「お茶の間サイエンス」の連載が終了しました。
 平成16年度から神奈川新聞に掲載しておりました「お茶の間サイエンス」が
3月28日に最終回を迎えました。
 お茶の間でも何気なくサイエンスが話題に上るように、身近な科学を
「なんでだろう?」「不思議だなぁ」という観点から楽しんでいただくことを、
KAST一同、心より願っております。

・3月28日 「現代のブラックボックス」疑問を抱き、本質見極める 藤嶋 昭

 なお、これらの記事をまとめた書籍の発行を検討しております。詳細はこの
メルマガやKASTホームページ等でご案内いたします。どうぞお楽しみに!

★彡 お問い合わせはこちら
 企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
          ■ KAST教育講座のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
■平成18年度の教育講座が5月下旬から開講します。
今年度も盛りだくさんのコースをご紹介しますので、是非ご検討ください。

【基礎から学ぶ分子細胞生物学コース】
(平成18年5月22日〜6月1日の間の計5日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_I_01.html
+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +
【次世代研磨加工コース】
(平成18年6月5日〜7月10日の間の計8日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_I_02.html
+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +
【理論と事例研究を中心とした戦略的技術マネジメントコース】
(平成18年6月9日〜7月28日の間の計9日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_I_03.html
+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +
【マイクロマシン・MEMS技術の最新動向コース】
(平成18年7月7日〜10日 計4日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_I_04.html
+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +
【計算力学の基礎から応用までコース】
(平成18年8月2日〜11日の間の計6日間)
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_II_01.html
+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

※法人賛助会員の方は、受講料が2割引になります。

★彡 お問い合わせはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
         ■関連機関のイベント等のご案内■
----------------------------------------------------------------------
◆国際光触媒展2006 出展のご案内◆

 国際光触媒展2006が以下のとおり開催されます。日本から発した“光触媒”
に関する最大規模のトレードショーですので、最新技術や製品のアピールのた
め、出展をご検討されてはいかがでしょうか。
 なお、KASTでは当展示会を後援する予定です。

会期: 平成18年10月2日(月)〜4日(水)
会場: 東京ビッグサイト 西4ホール
展示規模: 300小間(予定)
主催: 光触媒工業会、(株)東京ビッグサイト
ホームページ:http://www.gpj-expo.jp/

★彡 詳細・お問い合わせはこちら
 (株)東京ビッグサイト霞が関オフィス 国際光触媒展事務局 
 (TEL:03-3503-7641 MAIL: info@gpj-expo.jp)

----------------------------------------------------------------------
 大学、研究機関、企業との連携を支援します!
◆かながわコンソーシアム事業2006参加企業・テーマの募集のご案内◆
 〜(財)神奈川県中小企業センター

 神奈川県が特定する新規成長産業のうち選定した4分野(新製造技術、環境、
医療・福祉、IT)の事業化を、中小企業者等の提案のもとに、大学、研究機
関、企業等との連携により新事業の創出促進を目的とする事業です。

【支援内容】
○ビジネスコーディネータが、企業・大学・研究機関との引き合わせを行い、
 事業創出、共同開発、販路開拓 等を支援します。
○産学連携による事業化段階での調査研究(技術開発、試作品作成、市場調査
 等)に係る経費(1件につき100万円以内で4件)を、選考により委託します。
○県内の展示会に「かながわコンソーシアム事業」として出展ブースを確保し、
 販路開拓を支援します。
○セミナーや見学会を開催して情報の共有化や交流を図り、業務提携の機会を
 提供します。

 募集期間:4月11日(火)〜5月12日(金)
 ホームページ:http://www.ksc.or.jp/news/index.php?id=742

★彡 詳細・お申し込みはこちら
 (財)神奈川県中小企業センター 企業化支援部 交流支援課
(TEL:045-633-5192 MAIL: kouryuu@ksc.or.jp)

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの購読登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2006
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>