<← 閉じる →>

 /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
 \ KASTメールマガジン  第15号(2006.6)    /
 /         (財)神奈川科学技術アカデミー \
 \/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/


紫陽花や菖蒲の花が雨に映えて美しい季節になりました。
太陽がまぶしい暑い夏が待ち遠しいですね。
6月のKASTメールマガジンをお届けします。


       ◆◆ 第 15 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -イベントのご案内
   ┣・テクノトランスファーinかわさき2006に出展します!
   ┣・KASTフォーラム1を8月7日に開催!
   ┗・KAST青少年科学技術フェスティバルを9月3日に開催!
  ┣・2 -計測機器紹介
  ┣・3 -KAST研究成果紹介
  ┗・4 -その他
   ┣・今月のKAST情報
   ┣・KAST教育講座のご案内
   ┣・KAST技術移転案件紹介リーフレットのご案内
   ┗・関係機関のイベント等のご案内

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】イベントのご案内
─────────────────────────────────――
  ■ テクノトランスファーinかわさき2006に出展します! ■
    〜7/12〜14 かながわサイエンスパーク(KSP)にて〜
----------------------------------------------------------------------
 テクノトランスファーinかわさき2006(第19回先端技術見本市)が、かな
がわサイエンスパーク(KSP)で開催されます。
KASTでは研究プロジェクトや特許仲介事業の技術移転対象案件のご案内や、
試験分析サービス、教育講座をご紹介など神奈川の科学技術の創造拠点とし
ての産学公連携の取組をご紹介します。
期間中は「主催者セミナー」や「技術シーズ提供セミナー」など各種セミナー
も併設されます。入場は無料ですので、是非お越しください。

日時:平成18年7月12日(水)〜14日(金)10:00〜17:00
会場:かながわサイエンスパーク(KSP)
(KAST出展:1階ロビー(産学連携部門))
入場料:無料
主催:(社)神奈川県産業貿易振興協会、神奈川県、川崎市

★彡 詳細はこちら(テクノトランスファーinかわさきHP)
 http://www.ktpc.or.jp/ttk2006/

★彡 KASTの出展に関するお問い合わせ
 企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)

*──-----‥‥
7月14日(金)にKAST主催の無料特許相談会を開催します
                    ‥‥----──-*
 特許・実用新案・意匠・商標等に関するさまざまなご相談に個別に応じます
ので、お気軽にお申し込みください。

★彡 詳細・お申し込み   KAST情報プラザ
 http://www.newkast.or.jp/event/event_060714.html
 (TEL:044-819-2100)

─────────────────────────────────――
       ■ KASTフォーラム1を8月7日に開催! ■
  「成功する中小・ベンチャー企業〜その具体的戦略と客観的評価」
----------------------------------------------------------------------
 「KASTフォーラム」は、科学技術に関する有用な情報をわかりやすくご提
供し、これからの産学公連携の機会を考えていくKAST主催のイベントで年3
回程度開催しています。
 今年度第1回目は、「成功する技術系中小・ベンチャー企業」をテーマとし
た科学技術講座を開催します。成功するベンチャー企業について、知りたい
ところをわかりやすくお伝えしますので、是非ご参加ください。
・今、注目の女性経営者---起業からの軌跡と更なる展望…(株)飾一
・創業10年で世界シェア五割
       ---その企業形態と戦略…ストロベリーコーポレーション(株)
・目利きが選ぶ---成功する技術系企業とは…(株)ベンチャーラボ

日時:平成18年8月7日(月)13:30〜16:40
会場:KSPホール(かながわサイエンスパーク西棟3F)
参加費:一般・3,000円(但し平成18年度のKAST個人賛助会員費に充当)
  ※無料対象:KAST支援企業、法人・個人賛助会員、出捐企業、かながわ
        テクノ会会員、理事・評議員企業、幹事、学生、招待者等
定員:70名

★彡 詳細・お申し込みはこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_060807.html

★彡 お問い合わせはこちら
 企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
  ■ KAST青少年科学技術フェスティバル2006を9月3日に開催! ■
          「ロボットの可能性を探る」
----------------------------------------------------------------------
 「KAST青少年科学技術フェスティバル」は、主に中高生を対象とした先端
科学技術の体験イベントです。
 今年はロボットをテーマに、ロボットが動作する仕組みや最新ロボットに
関する講演の後、牛乳パックを用いたロボットの作成を体験します。

日時:平成18年9月3日(日)13:00〜17:00
会場:KSPホール(かながわサイエンスパーク西棟3F)
参加費:無料
定員:120名

★彡 詳細・お申し込みはこちら
 http://www.newkast.or.jp/kisya/press_060614.html

★彡 お問い合わせはこちら
 理科離れ対策グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: se@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】KAST計測機器のご紹介
─────────────────────────────────――
        ■ 電磁環境試験−雷サージ試験 ■
----------------------------------------------------------------------
 サージとは瞬間的あるいは断続的に発生する異常電圧・電流のことで、雷に
より発生するものを「雷サージ」と呼びます。
雷サージは電線や電話線、アンテナなどを通じて建物内部に進入し、接続され
ている機器に故障や誤動作などの悪影響を与えます。特にLSI(半導体集積回路)
を用いる情報通信機器は雷サージに弱く、機器の故障、データの損失などの被
害が増えています。

雷サージは落雷による直撃雷と雷雲による誘導雷に分けられます。直撃雷は雷
が落ちない限り被害は発生しませんが、誘導雷は雷雲がある限り発生する可能
性があるので、雷サージの被害は大半が誘導雷によるものです。
この時のエネルギーは何千ボルト、何千アンペアにも達し、機器に損傷を与え
ます。そこで、アレスタと呼ばれる保護器を接続し、雷サージを吸収させます。

デジタル家電の普及に伴い、雷対策は重要な課題になっており、建築物の雷保
護、電気設備や雷防護素子、雷サージ試験などの規格が整備されています。

当センターでは「雷サージ試験」の開放利用を行っています。
◆ サージ電圧:−6.6kV〜+6.6kV
◆ 波形:1.2/50μs
◆ 出力:電源、信号ライン

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター 機器分析グループ 近藤
(TEL:044-819-2105 MAIL: kondo@newkast.or.jp )


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】KAST研究成果のご紹介
─────────────────────────────────――
       ■  液滴転落挙動解析システムを開発 ■
  〜米国物理化学誌「Langmuir」(5月23日号)に掲載されました!〜
----------------------------------------------------------------------
 KAST中島「ナノウェッティング」プロジェクトは、傾斜表面での液滴の転
落挙動の評価を総合的に行うことのできる「液滴転落挙動解析システム」を
開発しました。
液滴の転落時の1回の測定で、1.前端点の移動速度、2.後端点の移動速度、
3.前進接触角、4.後退接触角、5.液滴の長さ、6.液滴の高さ、の各値を同時連
続計測することが可能になりました。従来の方法ではこれだけの計測を行うに
は1試料当たり数時間を要していましたが、この装置では1試料あたり約2分
で測定が可能です。
さらにこれらの計測に加えて「粒子画像流速測定法(PIV:Particle Image
Velocimetry)」を応用して、“転落過程での液滴の内部の流動状態の可視化”
に成功しました。この技術により、撥水性固体表面上での液滴の転落には“滑
り”と“回転”の2つの動きがあり、固体表面の状態の違いによって、“滑り”
と“回転”の比率が変わることを実証的に明らかにすることができました。
[応用が考えられる分野]
・輸送機械、医療器具、電気製品、家庭用水周り、屋外構造物や各種建材、
 ゴーグルなどの日用品等の部材やコーティングの開発
・塗装など液体を取り扱う各種の製造現場での効率化のための技術開発

★彡 詳細はこちら 
 http://www.newkast.or.jp/kisya/press_060524.html

★彡 お問い合わせはこちら
 研究推進グループ(TEL:044-819-2034 MAIL: res@newkast.or.jp)

 
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【4】その他
─────────────────────────────────――
           ■ 今月のKAST情報 ■
----------------------------------------------------------------------
■ 読売新聞「土曜カフェ」のご案内
 読売新聞神奈川版のコラム「土曜カフェ」に、4月から隔月で理事長・藤嶋昭
が執筆しています。6月3日に第2回目が掲載されました。

・6月 3日 「タンポポのほほえみ」

第3回目は8月19日に掲載の予定(延期の場合もあります)です。お楽しみに!

★彡 お問い合わせはこちら
 企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
          ■ KAST教育講座のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
 「マイクロマシン・MEMS研究最新動向コース」と「計算力学の基礎から
応用までコース」を引き続き募集中です。
まだ席に余裕がございますので、どうぞお早めに!!
────────────────────────────□■□
【マイクロマシン・MEMS研究最新動向コース(7/4〜7/7 計4日間)】
◇基礎技術から応用製品まで
 マイクロマシン・MEMS・ナノ加工の基礎から様々の応用に至るまで、広
く包括的に学べるように工夫しました。センサ・光通信・無線・バイオ化学な
どの分野における製品化の経験や実用化の観点から見たマイクロマシン技術の
様々な側面を学んでいただきます。
カリキュラム編成者:
  東京大学生技術研究所教授/
          マイクロメカトロニクス国際研究センター長 藤田博之

★彡 詳細はこちら 
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_I_04.html

 □■□────────────────────────────
【計算力学の基礎から応用までコース(8/2〜11 計6日間)】
◇パソコン実習を通して学ぶ計算力学
 有限要素法を中心とした計算力学は、構造にとどまらず地盤や流体、環境問
題など様々な問題を解決するために用いられています。
正しいモデル化やシミュレーションを行うことができる能力を身につけること
を目的に、計算力学の基礎,特に有限要素法の考え方を中心に学び、パソコン
からスーパーコンピュータまでの電子計算機を研究開発あるいは設計、生産プ
ロセス自動化のツールとして使うための基礎から応用まで実践的修練を目指し
ます。
カリキュラム編成者:法政大学工学部教授 竹内則雄

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_II_01.html

────────────────────────────□■□
以下のコースも募集中です!

【塑性加工基盤技術コース】(9/5〜20 計6日間)
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_II_02.html
  ──−−−‐‐‐
【射出成形現象工学コース】(11/16〜12/8 計5日間) 
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_III_01.html

※法人賛助会員の方は、受講料が2割引になります。
 神奈川県関係割引もあります。

★彡 お問い合わせはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
     ■ KAST技術移転案件紹介リーフレットのご案内(1) ■
----------------------------------------------------------------------
 KASTでは、KASTの研究プロジェクトで生まれた特許出願等を広く公開して、
技術移転を希望する企業等を募集しています。
このたび、KASTの代表的な移転技術を移転対象特許と併せて紹介するリーフ
レットを作成しました。このリーフレットは無料でKAST情報プラザで配付し
ています。
リーフレットで紹介している技術の概要の数々をご案内します。

技術区分:近接場光学技術
移転技術:「エバネッセント光を利用した走査型顕微鏡」
技術の概要:
 フォトン走査トンネル顕微鏡は、物体表面に局在するエバネッセント光を
検出して物体の表面形状を高分解能で測定する顕微鏡です。従来は、測定試
料に凹凸があると、エバネッセント光の強度低下などのため検出効率が低下
するなどの課題がありました。
本発明では、測定試料の凹凸に合わせて光ファイバープローブとの距離を一
定に保持することにより、測定精度の高い測定を可能にしました。

★彡 リーフレットの配付及び技術に関するお問い合わせはこちら
 知財戦略室(TEL:044-819-2035 MAIL: str@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
         ■ 関連機関のイベント等のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
■ 藤嶋日本化学会会長講演会     (6月26日(月)17:00〜18:00)
 会場:日本化学会7階ホール(千代田区神田駿河台1-5)
 演題:「研究でも台上1分鐘、台下10年功ではないだろうか」
☆-‥詳細・問い合わせ‥ 日本化学会企画部
  http://kanto.csj.jp/xoops/modules/eguide/event.php?eid=40
  TEL:03-3292-6163  FAX:03-3292-6318
───────────────
■中小企業の産学公連携「かながわコンソーシアム事業2006」発足会
                   (6月23日(金)13:30〜17:30)
 会場:神奈川中小企業センター14階多目的ホール
 費用:無料(交流会費は別途2,000円)
☆-‥詳細・問合せ‥(財)神奈川中小企業センター企業化支援部交流支援課
  http://www.ksc.or.jp/news/index.php?id=772
  TEL:045-633-5192 MAIL: kouryuu@ksc.or.jp
───────────────
■ SIC起業家育成大学校開校(6月25日(日)〜9月17日(日)間の7日間)
 会場:SICさがみはら産業創造センター(相模原市橋本5-4-21)
 受講料:21,000円(税込)
☆-‥詳細・問合せ‥ SICさがみはら産業創造センター企画事業部
  http://www.sssc.co.jp/jyunbi/kigyoukajuku.html
  TEL:042-770-9119 FAX:042-770-9077 MAIL: sic-door@sssc.co.jp
───────────────
■ 第3回 JST-SENTANシンポジウム 量子ビームの高度利用と先端計測
               (6月23日(金)13:00〜17:50)
 オーガナイザー:澤田嗣郎(JST先端計測分析技術・機器開発事業 開発総括)
 会場:東京 ホテル・パークハイアット東京
☆-‥詳細・問合せ‥
 (株)ザ・コンベンション内(第3回 JST-SENTANシンポジウム事務局)
  http://www.the-convention.co.jp/3jst-sentan
  TEL:03-3423-4180 MAIL: sentan-sympo3@the-convention.co.jp)
───────────────
■ 平成18年度弁理士の日記念 無料特許相談会
               (7月1日(土)10:00〜16:00)
 会場:神奈川中小企業センター13階特別会議室B
☆-‥詳細・申込み‥ (社)発明協会神奈川県支部 FAX:045-633-5054
   http://www.jpaa.or.jp//benrishinohi/20060701consulting.html
   (日本弁理士会HP)
───────────────
■ 平成18年度第1回 ヨコハマビジネスプラングランプリプラン募集
               (7月21日(金)応募締切)
 ビジネスの立ち上げや新事業展開の支援のため、ビジネスプランを募集。
 応募部門:「一般部門」(大学発ベンチャー案件を含む)
☆-‥詳細・申込み‥(財)横浜産業振興公社経営支援部創業・新事業支援担当
  http://www.danzenyokohama.jp/plan2/raise.html
  TEL:045-225-3740 FAX:045-225-3738 MAIL: danzen@idec.or.jp
───────────────
■ 経営革新支援セミナー 〜中小製造業者コース〜
               (7月24日(月)13:15〜16:30)
 会場:神奈川中小企業センター13階第2会議室
 費用:無料
☆-‥詳細・問い合わせ‥ 神奈川中小企業センター企画情報部情報・研修課
  http://www.ksc.or.jp/seminar/index.html
  TEL:045-633-5201 FAX:045-633-5222 MAIL: j-semi@ksc.or.jp
───────────────
■「ナノフォトニクス総合的展開シンポジウム」
               (8月1日(火)13:30〜18:00)
 会場:東京大学武田先端知ビル5F武田ホール
 申込:氏名、勤務先名、所属部署・役職、E-mail、郵便番号・住所、電話番
    号、FAX番号を記載して下記宛Mail
☆-‥詳細・問い合せ‥- 「ナノフォトニクス総合的展開シンポジウム」事務局
  http://uuu.t.u-tokyo.ac.jp/symposium/pro.htm
MAIL: symposium@nanophotonics.t.u-tokyo.ac.jp(メールのみ)

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの購読登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2006
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>