<← 閉じる →>
 /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
 \ KASTメールマガジン  第20号(2006.11)    /
 /         (財)神奈川科学技術アカデミー \
 \/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/


木枯らしが吹く季節になりました。
インフルエンザにかからない元気な身体を維持しましょう。
11月のKASTメールマガジンをお届けします。

       ◆◆ 第 20 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -イベントのご案内
   ┣・KASTフォーラムのご案内┳・KASTフォーラム3(H19.2/1)
   ┃            ┗・KASTフォーラム2(12/7)
   ┗・出展のご案内┳・青少年のためのロボフェスタ2006(12/16)
           ┗・地域発先端テクノフェア(11/29〜12/1)
  ┣・2 -KAST研究成果の紹介 −中村「バイオプリンティング」プロジェクト
  ┣・3 -大学の技術シーズのご案内 −「胎動記録装置」の開発
  ┗・4 -その他
   ┣・今月のKAST情報
   ┣・KAST教育講座のご案内
   ┣・KAST出展イベントの開催報告
   ┗・関係機関のイベント等のご案内

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】イベントのご案内
----------------------------------------------------------------------
       ■ 「平成18年度 KASTフォーラム」のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
 「KASTフォーラム」は、科学技術に関する有用な最新情報を分かりやすく
ご提供するフォーラムです。
今年度最後の第3回目の詳細内容をご紹介するとともに、開催の近づいている
第2回目についても再度ご案内します。
参加費(一般・3,000円)は、KAST個人賛助会員年会費として充当し、KAST
フォーラムの無料参加、KASTレポートの配付など各種サービスを受けられます。
(KAST賛助会員・かながわテクノ会員・学生等は参加費無料。)

◆ KASTフォーラム3 (H19.2/1開催)---------------------------------◆
 「光触媒の最新動向'07〜世界動向の理解から新しいR&D戦略へ」

 今回は、KAST藤嶋理事長が発見した技術あり、KASTでも技術の普及と産業の
育成を推進している「光触媒」について、理解を深めます。
さらに、教育講座「光触媒コーティング〜外装建材への応用を中心として」と
の共同開催のため、光触媒コーティングの実際などを詳細に学びたい方のご要
望にもお応えできるカリキュラムを企画しています。

日時:平成19年2月1日(木)9:30〜12:00
会場:KSPホール(川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク内)
定員:70名(先着順)
参加費:3,000円(KAST個人賛助会員年会費として充当。平成19年度も
    引き続き個人賛助会員の各種サービスが受けられます。)

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_070201.html


◆ KASTフォーラム2 (12/7開催)------------------------------------◆
 「バイオエタノールを巡る、各界からの緊急報告
       〜ガソリンが変わると、クルマが変わる、社会も変わる」

 昨今の石油価格高騰下における代替燃料として注目されているバイオエタ
ノールに焦点を当て、大聖泰弘氏(早稲田大学理工学術院教授)・御園生誠氏
(製品評価技術基盤機構理事長)はじめ各界からの第一人者による講演と緊急
報告、パネルディスカッションによる多角的なアプローチで理解を深めます。

日時:平成18年12月7日(木)13:00〜17:00
会場:KSPホール
定員:100名(先着順)
参加費: 3,000円(平成18年度KAST個人賛助会員年会費として充当し、
          上記のKASTフォーラム3にも参加できます。)

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_061207.html

---
★彡 KASTフォーラムに関するお問い合わせはこちら
 企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)


----------------------------------------------------------------------
           ■KASTの出展のご案内■
----------------------------------------------------------------------

◇ 青少年のためのロボットフェスタ2006(12/16)--------------------◇
〜県立青少年センターにて・KASTロボットカーの作成及び競技会を実施〜

 県内の大学研究室や工科高校のクラブなどによるロボットの展示やデモンス
トレーションを行う催しです。
KASTでは、センサー搭載のロボットカーの製作及び競技会を実施しながら、
センサーの仕組みや駆動のメカニズムをわかりやすく紹介します。

 日時:12月16日(土)10:00〜16:00
 会場:神奈川県立青少年センター
 入場料:無料

★彡 「青少年のためのロボフェスタ2006」のHPはこちら
 http://www.kanagawa-yc.jp/robofesta/robofesta.html

★彡 KASTの出展に関するお問い合せはこちら
 理科離れ対策グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: se@newkast.or.jp)

----------
◇ 地域発先端テクノフェア2006(11/29〜12/1)----------------------◇
〜東京ビッグサイトにて・環境調和型機能性表面プロジェクトの成果を紹介〜

 各地域の産学官連携及びイノベーション創出システムの構築への取り組みに
よって得られた成果を一堂に集めて紹介する展示会です。
 KASTのブースでは、都市エリア産学官連携促進事業(神奈川東部臨海エリア)
と県プロジェクトのマッチングで今年度にスタートした「環境調和型機能性
表面プロジェクト」の研究成果等を紹介します。

 日時:11月29日(水)〜12月1日(金)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
 会場:東京ビッグサイト 東3ホール
 入場料:無料
 主催:文部科学省・経済産業省

★彡 「地域発先端テクノフェア2006」公式HPはこちら
 http://www.cluster.gr.jp/techno-fair/index.html
   「環境調和型機能性表面プロジェクト」の紹介はこちら
 http://www.newkast.or.jp/innovation/iv_sangakukou.html

★彡 KASTの出展に関するお問い合せはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】KAST研究成果のご紹介
----------------------------------------------------------------------
■インクジェット技術を応用した水溶液中3次元ゲル構造作製装置を開発■
         −バイオ人工臓器の開発に向けて−
 〜KAST中村「バイオプリンティング」プロジェクトの研究紹介〜
----------------------------------------------------------------------
 中村「バイオプリンティング」プロジェクトでは、インクジェット技術を
応用して、「水溶液中で3次元ゲル構造を構築可能な装置」を開発しました。

本装置は、プリンター等で使われるインクジェット技術を用いてゲルの元に
なる材料を打ち出し、ゲル化させながら3次元構造を作製する装置で、
 1. 一滴の大きさが直径で数10マイクロメートル、
 2. 細胞を生きたままゲル前駆体とともに打ち出せる、
 3. 水溶液中で3次元ゲル構造が構築可能、  といった特徴があります。
水溶液中で3次元構造体を構築できるようになったため、乾燥というダメージ
から細胞が守られ、生体組織、特に3次元的な厚みのある組織を人工的に作る
ための強力なツールとなり得ます。
このように生きた細胞を打ち出すために特化して開発された装置は、世界的に
見ても例がありません。現在は本装置を用いて、直径1mm以下の管状の構造物
が作製可能となりました。

本装置を利用して、チューブの内側に血管内皮、外側に平滑筋細胞を含む構造
を構築できれば人工的な血管構造もできる可能性もあります。細胞は血管が必
要な人から採取して使うことができるようになれば、拒絶反応や倫理的な問題
が生じないという利点があります。また、将来的には臓器移植が必要な人のた
めに、本人の細胞を使ったバイオ人工臓器を製作する道具として有望と考えら
れます。

今回開発した装置は、11月21、22日に行われる「国際バイオプリンティング・
バイオファブリケーション・シンポジウム」で発表します。
(シンポジウムHPはこちら: http://www18.ocn.ne.jp/~bprint/Bsymp.html )

★彡 本研究の概要はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kisya/press_061120.html
   中村プロジェクトのHPはこちら
 http://www.newkast.or.jp/innovation/project/nakamura_project.html

★彡 お問い合わせはこちら
 研究推進グループ(TEL:044-819-2034 MAIL: res@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】大学の技術シーズのご案内

KASTでは、大学の研究シーズの実用化を応援しています。
今回ご紹介するのは、「知的財産活用促進コーディネート事業」で取り上げて
いる、(財)労働科学研究所 特別研究員 西原京子先生のテーマです。
─────────────────────────────────――
  ■ 働く妊婦と胎児管理のための胎動記録装置の開発 ■
----------------------------------------------------------------------

 9月の秋篠宮妃紀子様のご出産にあたっては、遠隔で母体と胎児を見守る
装置が活躍したと伝えられていますが、「そんな装置があるなら欲しい」と
思われたプレママ・プレパパも多いのではないでしょうか。
西原京子先生の研究対象は、妊婦が寝ているときの胎児の動き(胎動)です。
本事業では、妊婦が家庭で睡眠中に胎動を記録する超小型記録装置を開発し、
働く妊婦さんに試験使用いただけるまでのものにしていきます。

従来から使われている超音波でなく、扱いの簡単なセンサを用いる点が特徴
で、家庭で手軽に胎動の見守りを行なう環境を作ることができれば、子宮内
胎児死亡の予防に役立てることができると考えています。
特に交代性勤務に就いていたり高齢であったりといった、身体に負担のかかる
妊婦が持つ不安をより小さくできるのではないかと期待しています。
ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

★彡 胎動ホームモニタリングシステムの研究概要はこちら
 (西原先生の本拠地・東京都精神医学総合研究所のサイト)
 http://www.igakuken.or.jp/sangyo-renkei/06-07seeds/7nishihara.htm

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【4】その他
----------------------------------------------------------------------
           ■ 今月のKAST情報 ■
----------------------------------------------------------------------
◆試験分析サービスに新しい機器を導入しました!
 11月より新規導入機器(超高分解能電界放出形走査電子顕微鏡)も加わり、
より一層充実したラインナップが揃いました。
併せて料金体系も一部改訂しましたので、詳細はKASTのHPをご覧ください。

★彡 試験分析サービス(高度計測センター)のHPはこちら
 http://www.newkast.or.jp/koudo/index.html
   試験分析サービスに関する料金表はこちら 
 http://www.newkast.or.jp/koudo/kk_ryoukin.html

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター(TEL:044-819-2105 MAIL: mcl@newkast.or.jp)

----------------------------------------------------------------------
          ■ KAST教育講座のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
 来年1〜2月に実施予定のコースをご紹介します。
現在、社会の関心の高まっている内容についての講座です。新事業の展開や
技術的な連携を実現しようとしている方、必見!!
ふるってお申し込みください。
   
▽▲▽------------------------------------------------------
    福祉のテクノロジー −支援工学の基礎技術コース
    〜これから必要とされる福祉機器の開発と市場拡大に向けて〜

 障害を持つ人々や高齢者が何を必要とし、福祉や介護の現場で求められる
技術やノウハウとは何か。こうした視点から、福祉工学の基礎について学習す
るコースです。
人間工学、医療工学などの基礎学問をはじめ、福祉機器の導入の必要性や産業
としての福祉の可能性、役立つ知識や技術とは何かを把握するとともに、最新
の開発動向についても紹介します。

  日程:平成19年 2/1、2/2、2/16、2/23 全4日間(1日単位受講可)
  カリキュラム編成者:東京大学 先端科学技術研究センター 教授
                        工学博士 伊福部 達
★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_IV_05.html

▽▲▽------------------------------------------------------
   FPD(フラットパネルディスプレイ)最新技術と材料開発コース
   〜液晶、PDP、有機EL、FED、デジタルペーパー〜 

 現在、関心が高まっております、液晶、PDP、有機EL、FED、デジタルペーパー
各ディスプレイ技術の長所と短所、特長と今後の技術課題について、それぞれ
の技術の特長を比較検討するための最新動向を提供し、さらに実務に直接役立
つようカリキュラムを編成しました。各ディスプレイの現状と将来に関する
最新技術と材料開発を基礎から応用まで幅広く理解できる内容です。 
初めてディスプレイの研究・開発に携わる方、企画担当の方にも推薦します。

  日程:平成19年 1/22〜1/25 全4日間(1日単位の受講可)
  カリキュラム編成: KAST/技術教育出版社

★彡 詳細はこちら  
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_IV_04.html

▽▲▽------------------------------------------------------
マイクロソルダリング実装技術 ‐基礎から最新技術まで‐コース
    〜信頼性・安全性と環境負荷低減を実現する接合技術の基本〜

 マイクロソルダリングの技術について基礎から学習するコースです。鉛フリー
はんだに特有の課題や実装上のポイントに加え、金属特性、接合強度や耐衝撃
性といった信頼性の問題についても詳説します。次世代の接合材料として注目
されつつある「金属ナノペースト」の特性や将来性についても講義を行います。
トピックスとして、鉛フリーめっきとウィスカの問題、プリント配線板の最新
技術動向についてご紹介します。

  日程:平成19年 1/16〜1/19 全4日間
  カリキュラム編成者:(株)河野エムイー研究所 代表取締役 
          /神奈川県産業技術センター 客員研究員 河野 英一
★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_IV_03.html

▽▲▽------------------------------------------------------
光触媒コーティングコース
    〜外装建材への応用を中心として〜

 最近の光触媒の動向や特許情報に加え、外装材への応用に注目し、講座を
編成しました。本分野をリードする第一線の研究者を講師に迎えています。
本コースを契機として、光触媒の真の技術を見極め、新たなアイデアを生むな
ど、新製品の開拓や、新産業の創出をめざす方々にご受講いただければと存じ
ます。

 日程:平成19年 2/1 9:30〜16:50  2/2 10:00〜17:00 全2日間
  ※2/1 9:30〜12:00はKASTフォーラム3「光触媒の最新動向‘07〜世界動
   向の理解から新しいR&D戦略へ」として開催します。
 カリキュラム編成:KAST

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed18_IV_06.html

−−---……---−−
※KAST法人賛助会員の方は、教育講座の受講料が2割引になります。
 神奈川県関係割引もあります。

★彡 お問い合せはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)


----------------------------------------------------------------------
           ■ イベントの開催報告 ■
----------------------------------------------------------------------
10月・11月に開催したイベントの報告です。
ご参加くださった皆様に心からお礼申し上げます。

◆KAST科学技術セミナー「光エレクトロニクスとMEMS技術の融合」の開催報告

 11/10(金)に、KSPホールで「光エレクトロニクスとMEMS技術の融合」を
開催しました。今後、広範囲の応用が期待されている「光MEMS」の現状と将来
について、羽根一博氏(東北大学)・宮島博志氏(オリンパス)・年吉 洋KAST
プロジェクトリーダーより最新の情報を提供しました。
当日の参加者は121名で、「実用的な光MEMS技術を学ぶことができた」「光MEMS
の製造工程までを理解できた」などの感想が多数寄せられました。

★彡 お問い合せはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

−−---……---−−
◆「産業交流展2006」の出展報告

 10/19(木)・20(金)に、東京ビッグサイト西1・2ホール(江東区)で
開催された「産業交流展2006」に出展しました。
KASTのブースでは、技術移転仲介事業の一環として、県内中小企業等の有望な
技術を紹介しました。ゴム表面への滑り性付与技術やABS以外への樹脂めっき
技術などに関心をいただき、サンプル処理のご依頼等、熱心なお問合せを
いただきました。

★彡 お問い合せはこちら
 産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
         ■ 関連機関のイベント等のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------

■ "UT Symposium on NanoBio Integration / NANOBIO-TOKYO 2006"の開催

東京大学ナノバイオ・インテグレーション研究拠点主催の国際シンポジウム
です。44件の招待講演と約160件のポスター発表を予定しています。
(事前登録制/言語は英語)

 日程:12月4日(月)〜7日(木)
 会場:東京大学本郷キャンパス 安田講堂、小柴ホール(文京区本郷7-3-1)
 主催:東京大学ナノバイオ・インテグレーション研究拠点/文部科学省
 参加費:無料  ※リサーチミキサー(懇談会)は有料

☆--- 詳細・申込みはこちら --
  http://www.sntt.or.jp/nanobio/
【問合せ先】未踏科学技術協会(The Society of Non-Traditional Technology)
     TEL:03-3503-4681 MAIL: nbt-sec@sntt.or.jp

───────────────
■ ITセミナー「IT実践塾 標準編」開催!

マイクロソフトと連携し、中小企業を取り巻く制度や法令等の環境の変化に
伴い、必要となる情報の管理、活用方法についてのセミナーです。
古川 茂氏(全国IT推進研究会会長 税理士/ITコーディネータ)の講演の後、
個別相談(事前予約要)を開催します。

 日程:平成18年12月8日(金)13:30〜
 会場:神奈川中小企業センター6階(横浜市中区尾上町5-80)
 主催:財団法人神奈川中小企業センター
 共催:神奈川県、マイクロソフト株式会社

☆--- 詳細はこちら --
  http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/sangyo/it/index.html
【問合せ先】神奈川県商工労働部産業活性課 両角、大居
TEL: 045-210-5562  MAIL: kasseika@pref.kanagawa.jp

───────────────
■ 「神奈川県産業技術センターメールマガジン」購読のご案内

神奈川県産業技術センターは、技術相談、依頼試験、受託研究などを通して企
業の皆様への技術支援を推進し、活力ある神奈川の産業の発展を目指していま
す。
当センターでは、事業のお知らせや企業の皆様のお役に立つ関連情報を広くお
知らせする「神奈川県産業技術センターメールマガジン」を配信しています。
現在、新規メールマガジン購読会員を募集中です。購読をご希望の方は
以下までお申し込みください。

 <神奈川県産業技術センターメールマガジン概要>
 発行日:月末(臨時号あり)
 年間発行回数:12回

☆--- 詳細はこちら --
  http://www.kanagawa-iri.go.jp/mailmag/mailmag_top.html
【問合せ先】神奈川県産業技術センター 企画調整室 村井・太田
TEL:046-236-1500(代表)

───────────────

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの購読登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2006
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>