<← 閉じる →>


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第26号 (2007.5)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

「五月晴れ」(本来、梅雨の晴れ間、の意)といいますが、「花曇り」が途切れ
ず続いているようです。今年の5月18日は旧暦では4月2日、旧暦の5月18日は梅雨
のさなか、7月2日にあたります。ウツギ(卯の花)がきれいなこの時期の曇り空
を「卯の花曇り」とよぶのも、旧暦の卯月(4月)に由来するそうです。


       ◆◆ 第 26 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -KASTのトピックス
   ┣・特集「バイオエタノール」第2弾開催!〜 6月14日、KSPホールにて
   ┣・かながわサイエンスカフェ「星と深海からのメッセージ」 
   ┗・知的財産活用促進コーディネート事業 -成果紹介(1)
  ┣・2 -高度計測センターの新規導入機器のご紹介(2)レーザーマーカ
  ┣・3 -KAST教育講座案内
  ┗・4 -今月のKAST情報 〜 石塚英彦氏がKASTで「サイエンスまいう〜」

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】KASTのトピックス

─────────────────────────────────――
    ■ 特集「バイオエタノール」第2弾、6月14日開催! ■
       〜平成19年度 KASTフォーラム1
       「日本で動き始めた自動車用バイオ燃料」のご案内〜
----------------------------------------------------------------------

 昨年、石油価格高騰下における代替燃料として、また京都議定書に基づく二酸
化炭素排出削減目標達成の切り札として「バイオエタノール」の可能性と問題点
について理解を深める機会となった、KASTフォーラムの第2弾となる企画です。
 今回は、その内容を一歩進め、現実に、国内でも供給され始めた自動車用バイ
オ燃料(ガソリン混合燃料)の現状と今後の社会的動向を分析。さらに、KASTの新
プロジェクトや企業で始まっているバイオマスエタノールの新たな製造方法など、
最新の研究開発情報をわかりやすくお伝えします。

日時:平成19年6月14日(木)13:00〜16:30
会場:KSPホール(川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西棟3階)
定員:100名程度(先着順)
参加費:3,000円(KAST個人賛助会員年会費として充当。平成19年度中は引き続
     き個人賛助会員の各種サービスが受けられます。KAST賛助会員・かなが
     わテクノ会員・学生等は参加費無料)

★彡 詳細・お申し込みはこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_070614.html

★彡 「KASTフォーラム」とは…
  科学技術に関する有用な最新情報を分かりやすくご提供する催しです。
 参加費(一般・3,000円)は、KAST個人賛助会員年会費として充当し、今年
 度のKASTフォーラムすべての無料参加、KASTレポートの配付など各種サービス
 を受けられます。

   「KAST賛助会員制度」の詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kj_sanjyo.html
   
★彡 お問い合わせはこちら
 科学技術理解増進グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: se@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
      ■ 第1回「かながわサイエンスカフェ」のご案内 ■
          〜7月28日、KSPギャラリーにて〜
----------------------------------------------------------------------

「かながわサイエンスカフェ」は、くつろいだ雰囲気の中、科学技術にまつわる
トピックを、楽しい会話と最新の映像、また、軽い音楽を交えて提供いたします。
第1回目となる今回の内容をご紹介します。

 ◆ KASTサイエンスカフェ(H19.7/28開催)「星と深海からのメッセージ」◆
 
「世界最深部11,000mの世界」や「最新天体の世界と映像」について専門家を招
き、ご紹介します。また、コーヒーとケーキをお供に、ヴァイオリンとピアノに
よるコンサートも予定されています。お気軽にご参加ください。

日時 :平成19年7月28日(土)14:30〜17:10
会場 :KSPギャラリー
    (川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西棟3階)
定員 :50名程度(先着順)
対象 :一般、大学生、高校生、中学生
参加費:600円(コーヒー、ケーキ代として)

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_070728.html

★彡 お問い合わせはこちら
 科学技術理解増進グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: se@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
    ■ 知的財産活用促進コーディネート事業 - 成果紹介(1)■
      〜KASTは、大学の「知」を社会に還元しています〜
----------------------------------------------------------------------

 KASTでは、大学の研究シーズの実用化を応援しています。
 今回ご紹介するのは、18年度の「知的財産活用促進コーディネート事業」で
育成した、麻布大学森田先生のテーマについてです。

 ◆ ヒト腸管由来乳酸菌ラクトバチルスロイテリJCM1112の機能性研究 ◆

 乳酸菌が腸の働きを整え、免疫力を向上させるのは有名ですが、そういった効果
は主に、生体実験などによる現象面で証明されてきました。麻布大学の森田英利先
生らは、分子レベルでの解析と乳酸菌効果を結びつけようと、文部科学省の学術フ
ロンティア推進事業において乳酸菌の菌株2種のゲノム配列解析を完了し、それに
よりゲノムの比較を行なってラクトバチルスロイテリJCM1112という菌株のグリセ
ロール代謝能に関する知見を得ました。
 次のステップとして、KAST知的財産活用促進コーディネート事業の育成試験にお
いて、このグリセロール代謝による乳酸菌の新しい機能を証明する段階へと研究を
展開させています。

 この研究成果を、KASTも後援する7月5日の日本乳酸菌学会2007年度大会で発表す
る予定です。ヨーグルトや乳酸菌飲料等の製品化を行なう企業との協力を希望して
います。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

★彡 日本乳酸菌学会2007年度大会のお知らせ(麻布大学サイト)はこちら
 http://www.azabu-u.ac.jp/wnew/detail07/070419/index.html

★彡 研究成果の活用に関するお問い合わせはこちら
産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】高度計測センターの新規導入機器のご紹介(2)
─────────────────────────────────――
   ■ レーザーマーカ:TEM試料の部位特定に威力を発揮! ■     
----------------------------------------------------------------------

 高度計測センターでは、透過電子顕微鏡(TEM)や走査電子顕微鏡(SEM)による極
微細領域の観察や分析のサービスを行なってきましたが、さらにサンプリングの
位置精度を向上するため、新たにレーザーマーカを導入し、4月1日からご利用で
きるようになりました。

 レーザーマーカは試料の表面を拡大観察しながら、細く絞ったレーザー光を照
射し、任意の場所へ簡単にマーキングできる装置です。特に、TEM(透過電子顕微
鏡)試料の作成を行なう集束イオンビーム装置(FIB)の加工で、電子像では確認困
難であった部位の特定に、そのマーキング機能は大きな威力を発揮します。

* 型 式    : LR-2100ST (HOYA CANDEO OPTRONICS株式会社)
* レーザー波長 : 532nmと355nmの2種類(切替式)
* 照射ビーム寸法: 1μm角〜150μm角
* マーキング対象: 金属材料、絶縁材料、TFT、FPDなど


★彡 詳細はこちら 
 http://www.newkast.or.jp/koudo/index.html

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター(TEL:044-819-2105 MAIL: mcl@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】KAST教育講座のご案内

----------------------------------------------------------------------
          ■ KAST教育講座のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
   6月〜7月に実施予定のコースをご紹介いたします。
   例年皆様より好評をいただいている講座です。
   講師はそれぞれの分野の第一線で活躍されている方々です。
   どうぞ、この機会にふるってお申込み下さい!!

▽▲▽------------------------------------------------------
   エレクトロニクス用機能性色素の最新技術コース
                 
 機能性色素はCD−RやDVD−R、プラズマディスプレイなど、日本で開発された技
術のキーマテリアルとして利用され、国内の一大産業分野までに大きく発展してき
ました。また、エネルギー交換分野でも近年注目を集めています。
 本コースでは、このような機能性色素の、おもに情報記録、情報表示、太陽エネ
ルギー変換エレクトロニクス分野を中心に基本分野と最新動向を紹介いたします。
 色素に携わっている研究者・技術者の方はもとより、これからこの分野に触れて
みようと思われている方々にもお勧めいたします。

  日程:平成19年 6/7〜6/8 全2日間(1日単位の受講可)
  カリキュラム編成: KAST/技術教育出版社

★彡 詳細はこちら  
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_I_05.html 

  
▽▲▽------------------------------------------------------
    マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース
       〜基礎技術から応用製品まで〜

 今回のカリキュラムは、マイクロマシン・MEMS・ナノ加工の基礎から、様々の応
用に至るまで、広く包括的に学べるように工夫しました。半数の講師は大学の研究
者で体系的かつ基礎的な知識について講義します。また、企業でのマイクロマシン
の製品化に携わっている研究者も講師として招き、センサ・光通信・無線通信・バ
イオ化学などの分野における製品化の経験や実用化の観点から見たマイクロマシン
技術の様々な側面を学んでいただきます。
 講師の方々はマイクロマシンの一線の研究者ばかりです。ご自身の関心に合わせ
た疑問に対する生の意見を伺う機会がありますので、これらをご活用下さい。
 
  日程:平成19年 7/3、7/4、7/5、7/10 全4日間(1日単位受講可)
  カリキュラム編成者:
    東京大学生産技術研究所/マイクロメカトロニクス国際研究センター長
                        工学博士 藤田 博之

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_I_04.html

-----------------------------------------------------------------
※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。
神奈川県関係割引もあります。

★彡 お問い合せはこちら  

教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【4】今月のKAST情報
─────────────────────────────────――
   ■ タレントの石塚英彦氏がKASTで「サイエンスまいう〜」 ■
     〜日本テレビ「メレンゲの気持ち」でKASTを紹介予定!〜
----------------------------------------------------------------------

 毎週土曜日放映のバラエティー番組の人気コーナー、「石塚英彦の通りの達
人」で川崎・溝の口が特集されます。その中で、KASTが運営する「光触媒ミュー
ジアム」が紹介される予定です。ロケでは、石塚さんが「光触媒テント」など
を見学され、KAST研究員へ熱心に質問をしていらっしゃいました。
 どうぞお楽しみに。

 放送日時:5月26日(土)12:00〜13:30
     ※ 放送日程・内容は変更になる場合もあります。

★彡 日本テレビ「メレンゲの気持ち」の公式HPはこちら
 http://www.ntv.co.jp/meringue/2007new/index.html

★彡 お問い合せはこちら
 企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)


======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの購読登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2007
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>