<← 閉じる →>


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第30号 (2007.9)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

今年は9月25日が中秋の名月(旧暦で8月15日)にあたります。しかし、必ずしもこ
の日が満月となるわけではなく、今年は27日になります。とはいえ、その美しさ
が損なわれることはもちろんありません。観測史上最高気温を記録した今夏を忘
れ、澄み切った秋の夜空、秋草とともに、月を愛でてみてはいかがでしょうか。


         ◆◆ 第 30 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -KASTのトピックス
   ┗・技術経営(MOT)集中コース、一流講師陣を揃え、10月開講!
  ┣・2 -知的財産活用促進コーディネート事業 -成果紹介(3)
  ┣・3 -KAST教育講座案内〜学習の秋を応援します!
  ┗・4 -その他
   ┣・直近のKAST情報
   ┣・終了イベントの報告
   ┗・関係機関のイベント等のご案内

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】KASTのトピックス
─────────────────────────────────――
  ■ 技術経営(MOT)集中コース、一流講師陣を揃え、10月開講!■
    〜“イノベーション”を生き抜くための実践的手法を学ぶ〜
----------------------------------------------------------------------

 この「技術経営(MOT)集中コース」は、KASTが過去9年間培ったノウハウとエッ
センスをまとめ、短期に技術経営を学べるようカリキュラムを組んでいます。
 カリキュラム編成には、この分野の第一人者である、慶應義塾大学ビジネスス
クールの小林喜一郎先生があたり、ケーススタディーやディスカッションを中心
とした実践的な内容となっています。
 また、最終日には、社長時代に17期連続増収増益という業績を残した名経営者、
常盤文克・元花王株式会社会長による特別講義「“人”に軸足をおく技術経営」が
あります。
 さらに、参加者同士・講師陣との交流を深められるよう、交流会が用意されて
います。さまざまな業種からご参加くださることで、今後の人脈形成にお役立て
いただけるものと期待しております。
 このような充実した内容を4日間で履修できる、非常に魅力あふれるコースと
なっています。奮ってのご参加をお待ちしております。
 
★彡 詳細・お申込みはこちら
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_02.html

★彡 お問い合せはこちら
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】知的財産活用促進コーディネート事業 - 成果紹介(3)
      〜KASTは、大学の「知」を社会に還元しています〜
─────────────────────────────────――
 ◆ カーボンナノチューブを用いた大容量、
低エネルギー損失電気二重層キャパシタの開発 ◆
----------------------------------------------------------------------

 KASTでは、大学の研究シーズの実用化を応援しています。
 今回ご紹介するのは、18年度の「知的財産活用促進コーディネート事業」で取
り組んだ、東海大学工学部 庄善之准教授のテーマです。

 カーボンナノチューブ(CNT)は、広い表面積を有した材料で、その特性を活
かした用途が模索されています。
 また、電気二重層キャパシタ(EDLC)は、大容量かつ急速充放電が可能である
ことから、電気自動車等の二次電源として期待されていますが、充放電によるエ
ネルギー損失が課題となっています。
 そこで、庄准教授の研究では、CNTを導電材としてEDLCの分極電極に添加する
ことでこの課題を解決しようと考え、コイン形および捲回形の2種類のEDLCの試
作を行いました。

 充放電のエネルギー損失は、充放電の電流がEDLCの内部抵抗(直列抵抗成分)
に流れてしまうことが主な原因なので、直列抵抗成分を低くすることで損失を少
なく出来ます。特にコイン型については、通常導電材として使われるアセチレン
ブラックを添加したときよりも直列抵抗成分が4分の1程度まで低くなることが確
認できました。CNTがEDLCの電導材として有効であることがわかったので、庄先
生の研究室では更に、CNT添加量の最適化や、電気を貯められる容量を大きくす
るなどの研究に取り組んでいます。

 ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(044-819-2031 pro@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】KAST教育講座のご案内
        〜あなたの「学習の秋」、多彩なコースで応援します!
----------------------------------------------------------------------
      ■ KAST教育講座<新規募集コース>のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
   
厳しい暑さからようやく解放されるこれからの季節は、日ごろなか
   なか手をつけられずにいた問題にも目を向ける絶好の機会・・・・
   KASTの教育講座で、ブラッシュアップをはかりませんか?
   今回ご案内の講座は、現在 さまざまな産業領域で注目される、
   ★「マイクロ・ナノ加工」
    ★「信頼性設計」
   のキーワードとともにご紹介します。

★マイクロ・ナノスケールの加工技術、分析ツールの開発に向けて★

まずは、マイクロ化学チップの基本機能を知る。
    →◆使ってみよう!マイクロ化学チップコース◆

さて、その応用領域は・・・・?
    →◆マイクロ化学チップ−バイオ・医療分野における応用コース◆

いよいよ、マイクロ・ナノスケールのツールの設計にトライ。
    →◆MemsONEβ版実習講座(基本プログラムコース)◆

ところで、「ナノフォトニクス」って、どんなもの?
    →◆図解で分かる現代光科学の基礎・ナノフォトニクス入門コース

★信頼性の設計・評価は、製品の安全・安心に結びつきます★

「自動車技術の安全性も電子機器が担う時代に
        〜エレクトロニクス製品の高信頼性を実現する接合技術」
    →◆研究者・技術者のための
高信頼性マイクロソルダリング技術コース◆

「使う人の身になって、安全性、信頼性を実現する
       〜医療機器、福祉機器の信頼性を評価・検証するための手法」
    →◆医療機器の安全性(強度)評価の技術コース


 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓講座の詳細はこちらから↓↓↓↓↓↓↓

▽▲▽マイクロ化学チップの基本機能を知る----------★新規開講★
   
   ■使ってみよう!マイクロ化学チップコース
   〜これから始める人のためのマイクロ化学チップ講座〜

手のひらサイズの微小空間に「化学実験室」や「化学プラント」を実現
する「マイクロ化学チップ」。バイオ計測ツールをはじめ、環境化学物
質の検出など、持続可能な社会に向けた新しい技術としても注目を集め
ています。
このマイクロ化学チップの技術を実際に「見て」、「触れて」、体験し
てみませんか?
本コースは、これからマイクロ化学チップの技術を使ってみたいとお考
えの方々に最適な、「実習型」の基礎講座です。

  日程:H19年 11/8 11/9 全2日間(実習中心の構成です)
  カリキュラム編成者:東京大学 大学院工学系研究科 教授 
       KAST「マイクロ化学」グループリーダー  
                    工学博士 北森 武彦
  共催/実習指導 マイクロ化学技研株式会社

★彡 詳細はこちら↓↓↓
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_05.html


▽▲▽マイクロ化学チップ 注目の応用領域は?---------★新規開講★
   
   ■マイクロ化学チップ−バイオ・医療分野における応用コース
   〜技術開発の現状と新しい展開可能性〜

マイクロ化学チップの技術の中で実用化が盛んに進められている領域の
一つであるバイオ・医療分野での応用にスポットを当て、技術開発の現
状と今後の課題について解説します。バイオ分野における応用では、生
体関連物質に特有の性質やチップ内流路で生じる界面反応の問題を把握
することが重要です。
すでに開発に着手しながら、技術課題に直面している方々、本当に役に
立つ機能を備えたマイクロ化学チップシステムの開発を目指す方々にぜ
ひご受講をお薦めいたします。

  日程:H19年 12/5 12/12 全2日間
  カリキュラム編成者:東京大学 大学院工学系研究科 教授 
       KAST「マイクロ化学」グループリーダー  
                    工学博士 北森 武彦
★彡 詳細はこちら↓↓↓
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_06.html

   
▽▲▽マイクロ・ナノ加工のための基本設計ツール--------★新規開講★
   
   ■MemsONEβ版実習講座(基本プログラムコース)

本講座は財団法人マイクロマシンセンターなどによって開発されたMEMS用
設計・解析支援システム「MemsONE」を広くみなさまにご紹介するコース
です。
実際にソフトのインストールから始め、基本的なフレームワーク操作と解
析ソフトの利用方法を丁寧に指導いたします。

  ※ご受講の際には、パソコンをご持参ください。

  日程:H19年 10/26 (1日限りの実施です)
  共催:財団法人マイクロマシンセンター

★彡 詳細はこちら↓↓↓
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_10.html


▽▲▽「近接場光学」の基礎を学ぶ----------★図解でよみとく基本原理★
   
   ■図解で分かる現代光科学の基礎・ナノフォトニクス入門コース
   〜光の基本性質から近接場光の原理と応用例まで〜

従来の伝播光とは全く異なる光の小さな粒、<近接場光>について理解する
ために必要な光科学技術の基礎を学習するコースです。
とかく難解さだけが際立ってしまいがちな近接場光学の概念や、「ナノフォ
トニクス」の原理と応用領域を、解りやすく解説します。
ナノフォトニクスの研究開発に着手しようとしている方々にぜひご受講いた
だきたい内容です。
光技術についての基礎概念把握、応用を考える際にキーとなる技術など、実
際的情報も知ることができます。

  日程:H19年 11/13 11/20 12/4  全3日間
  カリキュラム編成者:東京大学 大学院工学系研究科 教授
            ナノフォトニクス工学推進機構 理事長 
                    工学博士 大津 元一
★彡 詳細はこちら↓↓↓
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_09.html


▽▲▽エレクトロニクス製品の信頼性を高める-------★接合技術の基礎★
   
   ■研究者・技術者のための高信頼性マイクロソルダリング技術コース
   〜接合原理から品質信頼性、最新技術、カーエレクトロニクスまで〜

エレクトロニクス実装技術の中心技術になっているマイクロソルダリング技
術の基本から最近話題になっている最新技術について、信頼性を中心に幅広
く学習します。講義の中では鉛フリーはんだの新しい課題に加え、車載用電
子機器に求められる温度サイクル・高圧力といった厳しい条件下での信頼性
を実現する技術について多方面の角度から詳説します。
カーエレクトロニクスに必要な信頼性についても車載機器の立場から解説し
ます。
研究開発部門、電子機器設計部門、生産技術/製造部門、信頼性品質保証部
門の技術者、電子部品メーカー、材料メーカーの技術者にもお勧めします。


  日程:H19年 11/21 11/22 11/28 11/29 全4日間
  カリキュラム編成者:
   株式会社河野エムイー研究所 代表取締役
   神奈川県産業技術センター  客員研究員 河野 英一

★彡 詳細はこちら↓↓↓
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_07.html


▽▲▽ユーザーにとって本当の使いやすさとは?-----★人工関節の評価技術★

■医療機器の安全性(強度)評価の技術コース
   〜標準化の動向とコンピュータシミュレーションの適用〜

生体という特殊な環境下で使用される医療機器は、実験で生体での使用条件を
再現することが容易でなく、数値シミュレーションの適用に当たっても多くの
工夫が必要です。本コースではこうした現状を踏まえ、医療機器の力学的な安
全性における数値シミュレーション技術の適用例について講義を行い、数値シ
ミュレーションの意義を学べるよう編成しました。さらに、人工股関節の強度
評価を例としたFEMによる数値シミュレーションについて、モデルの作成から、
解析まで、各自コンピュータを使用して実習を行います。 

  日程:H19 12/3 12/4 12/10  全3日間
  カリキュラム編成者:
         京都大学再生医科学研究所 ナノ再生医工学研究センター
                      センター長・教授 堤 定美
  実習協力:サイバネットシステム株式会社

★彡 詳細はこちら↓↓↓
 http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_08.html


↓↓↓その他、引き続き募集中のコースはこちら↓↓↓

◆[好評受付中!]-------------------------------------------------------
◇ 技術経営(MOT)集中コース 10/17、24、31、11/6 全4日間
◆-----------------------------------------------------------------------
 カリキュラム編成者:
 慶應義塾大学 大学院経営管理研究科・ビジネススクール 
                 教授 経営学博士 小林 喜一郎
 ■特別講義   常盤 文克 (元・花王(株)会長)
            「”人”に軸足をおく技術経営」(11/6)
 ■詳細は以下サイトをご覧下さい。
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_02.html


◆[好評受付中!]--------------------------------------------------------
◇ システムバイオロジーの展開動向コース
                   11/14、15 全2日間 1日単位の受講可
◆-----------------------------------------------------------------------
 ■カリキュラム編成者 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター 八尾 徹      
 ■詳細は以下サイトをご覧下さい。
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_03.html


◆[好評受付中!]--------------------------------------------------------
◇ 研究者・技術者のためのマーケティング基礎コース
◇                    11/6、13、20、27、12/4 全5日間
◆-----------------------------------------------------------------------
 ■詳細は以下サイトをご覧下さい。
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_04.html


◆[好評受付中]----------------------------------------------------------
◇ 射出成形現象工学コース        11/7、16、28、12/5、12 全5日間
◆-----------------------------------------------------------------------
 ■カリキュラム編成者 東京大学 国際・産学共同研究センター 
                 教授 工学博士 横井 秀俊       
 ■詳細は以下サイトをご覧下さい。
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_III_01.html

-----------------------------------------------------------------
※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。  
神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら  
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

 
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇


【4】その他
─────────────────────────────────――
            ■ 直近のKAST情報 ■
----------------------------------------------------------------------
◆「パワーエレクトロニクスが拓く次世代モビリティーシステム」

 神奈川県では「電気自動車普及構想」にもとづき積極的に電気自動車(EV)の
普及が図られています。
今回、このEV研究・開発において、電力の高効率利用の「鍵」となるパワーエ
レクトロニクスの最新情報を提供します。技術領域全体を俯瞰した講演にはじま
り、周辺要素技術、システムまでを取り上げます。
 環境と調和する次世代のモビリティーシステムのなかに皆様のビジネスチャン
スを見つけていただければ幸いです。多くの方のご参加をお待ちしております。

 日程:10月4日(木) 13:30〜18:00
 会場:KSPホール(川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西棟3F)
 参加費:無料

☆--- 詳細・申込みはこちら --
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_seminarP.html

☆--- お問い合せはこちら  
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
           ■ 終了イベントの報告 ■
----------------------------------------------------------------------
8月に開催したイベントの報告です。
ご参加くださった皆様に心からお礼申し上げます。

◆KASTが夏休みに開催した青少年向けロボットイベントの報告

・「平成19年度 KAST理科実験室1」〜8月25日(土)、KSPギャラリーにて
 テーマは、「ロボットプログラミング入門〜プログラムを学んで、ロボットを
動かしてみよう」でした。
 レゴとロボットの科学教室トゥルース・アカデミー主宰の中島晃芳先生を招き、
レゴ社のロボット教材を用い、パソコン入力で簡単にプログラムを組んでロボッ
トを動かす感動を体験しました。
 当日の参加者は59名で、「ロボットが回転したりして面白かった」「自分でロ
ボットの動きを決められて楽しかった」などの感想が多数寄せられました。

・「KAST青少年科学技術フェスティバル2007」〜8月26日(日) KSPホールにて
 テーマは「手作り馬車ロボットを作ろう」でした。
 神奈川工科大学の高橋良彦教授を招き、科学技術講座では、人のくらしを助け
るロボットをテーマに講義を行い、公開実験講座では、手作り馬車ロボットの工
作を体験しました。
 当日の参加者は127名で、「ロボットが人のくらしを助けたら便利になると感
じた」「ロボットを作れてよかった」などの感想が多数寄せられました。

★彡 お問い合せはこちら
 科学技術理解増進グループ(TEL:044-819-2032 MAIL: se@newkast.or.jp)


─────────────────────────────────――
         ■ 関係機関のイベント等のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------
◆「平成19年度神奈川県ものづくり技術交流会における
      『環境調和型機能性表面プロジェクト』の成果発表等のご案内」

 研究者、技術者の情報交換、交流と連携を促進するため、「神奈川県ものづく
り技術交流会」が開催されます。「環境調和型機能性表面プロジェクト」の成果
報告と関連技術の紹介等のセッションがありますので、奮ってご参加ください。

 日時:10月25日(木)10:00〜16:00
 場所:神奈川県産業技術センターC会場2階第1〜2会議室
 参加費:無料
 内容:「環境調和型機能性表面プロジェクト」の成果報告と関連技術の紹介等
     ○DLCコーティング技術フォーラム
     http://www.kanagawa-iri.go.jp/info/H19/1910koryukai19/25c2.pdf
     ○めっき革新分科会
     http://www.kanagawa-iri.go.jp/info/H19/1910koryukai19/25c1.pdf

☆--- 詳細・申込みはこちら --
 神奈川県産業技術センター交流相談支援室内 ものづくり技術交流会事務局
  TEL:046-236-1500 E-mail: koryukai19@kanagawa-iri.go.jp
http://www.kanagawa-iri.go.jp/info/H19/1910koryukai19/1910koryukai19.html

----------------------------------------------------------------------
◆「かわさき サイエンス&テクノロジーフォーラム2007」

 科学技術はさまざまな分野において急速な進化を遂げ、それぞれの垣根を越え
て他領域との融合が進んでいます。とりわけナノテクノロジーはあらゆる分野に
浸透し、ナノバイオ、ナノメディシンといった新しい領域を次々と生み出しまし
た。このフォーラムでは環境、ナノテク、ICT(情報通信技術)、先端医療とい
う4つの先端科学技術分野に焦点を当て、それらの動向と研究の最前線をお伝え
します。

 日時:11月21日(水)9:00〜20:00 -22日(木)9:00〜16:40
 会場:KSPホール(かながわサイエンスパーク西棟3階)
 参加費:無料、要事前登録。
     ※但し、11月21日の交流会のみ参加費3,000円(税込)

☆--- 詳細・申込みはこちら --
   かわさき サイエンス&テクノロジーフォーラム2007事務局
   TEL:03-3589-5668
   http://www.rilg.or.jp/kawasaki_forum/index01.html

----------------------------------------------------------------------
◆「かわさきサイエンスカフェ」

 川崎市では、市内で活躍する研究者と気軽に触れ合うことができる「サイエン
スカフェ」を開催しています。先端研究者たちとサイエンスについて、お話して
みませんか?

 テーマ:お肌のサイエンス―皮膚の不思議に迫る―〜シミ・しわって何??〜
 日時:10月20日(土)14:00〜16:00
 会場:カフェ カンピエッロ(昭和音楽大学[川崎市麻生区上麻生1-11-1]内)
 参加費:500円(飲み物・お菓子代として)、要事前登録。

☆--- 詳細・申込みはこちら --
   川崎市経済局 産業政策部企画課 TEL:044-200-3714
   http://educ.leaveanest.com/cafe/

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2007
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>