<← 閉じる →>


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第34号 (2008.1)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

年末の民放にてKAST「バイオプリンティング」プロジェクトが紹介され、2分
足らずで血管様構造を構築するインクジェットプリンタに、司会の児玉清さん
は大変驚かれていました。様々なアプローチで研究が進む再生医療、未来の生
命を救いたいという世界中の研究者の思いがいつか叶うことを信じています。


         ◆◆ 第 34 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -KASTのトピックス
   ┣・世界初iPS細胞作製の京大山中伸弥博士がKASTフォーラムで講演!
   ┗・知財でお困りではありませんか?〜無料特許相談会を開催します
  ┣・2 -高度計測センターの新規導入機器〜デジタル・オシロスコープ
  ┣・3 -KAST教育講座案内
  ┗・4 -直近のKAST情報
   ┗・テクニカルショウ ヨコハマ2008に出展します
  ┗・5 -関係機関のイベント等のご案内
  ┣・IT活用セミナー〜中小企業におけるリスク管理の必要性〜
  ┣・創業期・製品化支援モデル事業 製品化を目指す企業の募集!
  ┣・第4回かながわ“キラリ”チャレンジャー大賞、表彰式を開催
  ┣・横浜国立大学環境情報公開シンポジウム
   ┗・横浜ビジネスグランプリ2008ファイナル、来場者募集!

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】「KASTのトピックス」-1〜 KASTフォーラム3、3月8日(土)開催
─────────────────────────────────――
    ■ 京都大学再生医科学研究所 山中 伸弥 博士 講演会 ■
      〜ヒトの皮膚から万能細胞 夢の再生医療に一歩前進〜
----------------------------------------------------------------------

 財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)は、3月8日(土)、川崎市産業振興
会館ホールにおいてKASTフォーラム3を開催します。

 今回は、山中伸弥博士(京都大学 再生医科学研究所教授)を、バイオテクノ
ロジー・再生医療分野の研究開発に精力的に取り組んできているKASTが神
奈川県・川崎市のご後援のもとにお招きします。
 山中博士は、昨年11月、人の皮膚から臓器や組織など、体の様々な細胞にな
る能力をもった万能細胞(人工多能性幹細胞=iPS細胞)をつくることに世界
で最初に成功、その衝撃は瞬時に世界中を駆け巡りました。その後の報道等を
通じて、研究者はもとより一般市民からも広く注目されています。

 研究者はもちろん、今回は、一般の方にもご聴講いただきたく、土曜日の開
催としました。学生、市民の皆様にもわかりやすい解説から専門家向けの最前
線の研究内容を、今後の展望などを含めてお話しいただく予定で、関心・興味
をお持ちの方であればどなたでも参加ができる講演会となっています。

 特に「今回の研究成果は、何が画期的であるのか?」、また、今後の再生医
療へ向けての可能性と残される課題など、重要なポイントを確実に押さえなが
ら、わかりやすく解説していただきます。
 講演終了後には、参加者からの質問の時間も十分にとっています。山中博士
との直接の対話を通じ、世界中の研究者が激しく競い合いながら、革新的な再
生医療への扉を開こうとしているiPS細胞研究の本質に迫り、理解を深めてい
ただく絶好の機会になると確信しています。

 日時:3月8日(土) 13:30〜15:10
 会場:川崎市産業振興会館ホール(川崎市幸区堀川町66番地20)
 定員:200名程度(要事前申込、先着順)
 対象:一般の方から専門家までどなたでも
 参加費:3000円(ただし「KAST個人賛助会員・年会費」として。
     平成20年度内に数回開催される「KASTフォーラム」に、すべて無
     料で参加ができます)

★彡 詳細・お申し込みはこちら
 科学技術理解増進グループ(TEL:044-819-2032 MAIL:se@newkast.or.jp)
 http://www.newkast.or.jp/event/event_080308.html


   「KASTのトピックス」-2〜知財の悩み事を、専門家が無料で伺います!
─────────────────────────────────――
       ■ 「無料特許相談会」を開催します! ■
     〜KASTは神奈川中小企業支援強化月間に参加しています〜
----------------------------------------------------------------------
 神奈川中小企業支援強化月間の一環事業として、無料特許相談会を実施しま
す。
 主に県内中小企業様を対象として、先使用権制度や職務発明制度について、
専門家が無料で個別相談を受け付けます。知的財産戦略の策定・見直しに、是
非ともご活用ください。

【相談員】
 ●弁護士 太田 大三
    先使用権、職務発明制度に関するご相談担当
 ●特許情報活用支援アドバイザー 加藤 革
    特許調査、特許情報の活用に関するご相談担当
 ●特許流通アドバイザー 小森 幹雄
    技術開放、導入などの特許流通に関するご相談担当

 日時:2月25日(月) 13:00〜17:00
 場所:(財)神奈川科学技術アカデミー 知的所有権センター
    (かながわサイエンパーク西棟2階 KAST情報プラザ)
 料金:無料
    ※当相談会は完全予約制(先着順)です。

★彡 詳細・お問い合わせ・お申し込みはこちら
   http://www.newkast.or.jp/event/event_080225.html
   産学協働グループ 後藤(TEL:044-819-2031 MAIL:pro@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】高度計測センターの新規導入機器のご紹介
─────────────────────────────────――
■ デジタル・オシロスコープ:電気的特性の測定性能が格段にアップ! ■ 
----------------------------------------------------------------------

 高度計測センターでは、機器開放利用として、温湿度環境試験機や電磁環境
試験装置を使用しての電気・電子部品や装置の電磁妨害耐性試験等を行ってい
ます。またこの耐性試験と同時に、部品や機器の電気的特性を測定することも
できます。こうした電気的特性を測定する装置の一つに「オシロスコープ」が
ありますが、このたび、デジタル・オシロスコープを新たに導入しました。
 オシロスコープとは、時間とともに変化する電気信号を直接ディスプレイ上
で観測できるようにした装置です。基本的には、周期的に繰り返される信号の
観測に用いられていますが、今回導入した装置は、「デジタル・フォスファ・
オシロスコープ(DPO)」と呼ばれ、旧来のアナログ・オシロスコープの機能、
性能を遙かに上回るものです。
 関係する機器開放利用の際には、是非、併せてご活用ください。

【主な特徴】
    (1) 電子データとして保存ができます。
    (2) 単発信号や突発的な現象をとらえることができます。
    (3) 信号の変動する様子が観測できます。
    (4) 検索・解析ソフトウェアを搭載しています。

【仕様】
    型式:レクロイ・ジャパン(株) Wave Runner 62Xi
    周波数帯域:600MHz
    入力数:2ch
    サンプリング速度:5GS/s
    メモリ長:12.5Mワード/ch

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター (TEL:044-819-2105 MAIL:mcl@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】KAST教育講座のご案内
----------------------------------------------------------------------
     ■ KAST教育講座<新規募集コース>のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------

====多様化する人々の暮らしに沿い、「個」のあり方に注目する先端技術====

 バイオテクノロジー・医療分野をはじめ、福祉工学など、人々の健康や福祉
 に寄与し、生活の「質」の向上に貢献することを目指した技術領域をピック
 アップしました。
 さまざまな世代の人々が、多様な価値観を持って暮らすこれからの社会では、
 大量生産や利便性の実現を第一に追い求めるのではなく、それぞれの人のあ
 り方を尊重し、同時に社会への貢献も実現するような「技術」・「製品」の
 開発が必要になるといわれ始めています。
 科学技術の研究開発に携わる人々はもとより、新しい技術を利用する私たち
 にも求められる視点かもしれません。

「『化学』の技術応用で社会還元や産業への貢献をめざす」
→◆バイオメディカルにおける化合物・システムデザインコース

「人と人、人と機械の介在・共存のための設計、技術開発」
→◆福祉のテクノロジー―「人」を支える工学の基礎技術

「プロテオミクス解析を集中実習実験で習得する」
→◆基礎から学ぶタンパク質解析実験コース

「急速に進む技術を体系的に整理して開発現場ニーズに応える」
→◆生活習慣病に対する創薬、予防に向けたバイオマーカーの開発現況コース


 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓講座の詳細はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   
■バイオメディカルにおける化合物・システムデザインコース
 〜化学技術の応用〜
 
化学は大規模な石油化学産業から、よりファインな応用を目指す方向に、
現在では重点が移りつつあります。このような背景の中で、バイオと医療
の領域は付加価値が高く、これからも有望な化学の応用分野です。本教育
講座では、化学のどのような独創性や技術が応用に結びつくかに焦点を当
てます。講義でとりあげる研究は、いずれも単に化学での成果を応用研究
したのみではなく、社会的役割、需要を考慮の上に研究と開発を進めてき
たものです。学術界で純粋科学を追求する立場から、産業界でビジネスを
進展させる立場の方にとってたいへん有用な内容です。

  日程:H20年 2/20 2/29 3/3  全3日間
  カリキュラム編成者: 
   KAST「高分子ナノメディカルプロジェクト」リーダー 横山 昌幸
  ★彡 詳細はこちら↓↓↓
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_05.html
  
■福祉のテクノロジー―「人」を支える工学の基礎技術
〜福祉の視点からみる機器開発・市場拡大に向けた技術の『ループ』とは?〜

障害を持つ人々や高齢者が何を必要とし、福祉や介護の現場はどのような
技術やノウハウを求めているのか。本コースはこうした視点から、福祉工
学の基礎について学習することを目的に編成しました。人間工学、医療工
学などの基礎学問をはじめ、福祉機器の導入の必要性や産業としての福祉
の可能性、役立つ知恵や技術とは何かを把握するとともに、最新の開発動
向についても紹介いたします。
福祉工学の領域から発信された技術が、他の分野へも転用されることにな
れば、予想外の可能性も広がります。本コースの実施により、将来的には、
こうした視点に立って研究開発を行う人材が増えることを期待しています。

  日程:H20年 2/21 2/22 2/28 2/29 全4日間
  カリキュラム編成者: 
     東京大学 先端科学技術研究センター 教授 伊福部 達
  ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_07.html

■基礎から学ぶタンパク質解析実験コース
〜集中実習実験により基本的な構造ゲノム科学やプロテオームを習得〜
   
本講座では、横浜市立大学(鶴見キャンパス)に設置された、最新の高性
能の解析・分析機器(NMR、X線回折装置、MS、コンピュータ)を使
用して、たんぱく質実験実習を横断的に効率よく行います。
本カリキュラムは、同大大学院入学当初に初学者向けに行われている実績
あるプログラムをもとに編成され、未経験者の方でも十分ご理解いただけ
るものとなっています。横浜市立大学との共催による実施です。

  ★横浜市立大学との共催

  日程:H20年 3/3 3/4 3/5 3/6 3/7 3/8(半日)  全6日間
  カリキュラム編成者: 
     横浜市立大学 国際総合科学研究科 教授 西村 善文
  ★彡 詳細はこちら↓↓↓
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_08.html


■生活習慣病に対する創薬、予防に向けたバイオマーカーの開発現況コース
   
バイオマーカーは、外部からのいろいろな刺激に対して生体が反応した結果
の指標と捉えることができます。このバイオマーカーを探索することにより、
(1)疾病のメカニズムの解明、(2)治療法や治療薬の開発、(3)疾病の診断、
(4)個体の感受性の差、(5)健康指標や(6)食品や運動による予防法の開発な
ど、いろいろな応用が考えられます。 
 本講座では、生活習慣病に対する創薬、予防に向けたバイオマーカーの最
先端の技術開発、現状や、今後の可能性を紹介します。


  日程:H20年 3/12 3/13 全2日間
  カリキュラム編成者:京都府立医科大学大学院生体機能制御学 
                 教授/医学博士 吉川 敏一
  ★彡 詳細はこちら↓↓↓
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_04.html

***********↓↓↓その他、引き続き募集中のコースはこちら↓↓↓********

◆[残席わずかです!]-------------------------------------------------
◇レアメタルの現状と新たな製造技術の開発コース
  〜先端材料の基礎技術から応用まで〜
             H20年 1/31 2/1 の全2日間 1日単位の受講可
 ◆------------------------------------------------------------------
 ■カリキュラム編成者:東京大学 生産技術研究所 准教授 岡部 徹
 ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_02.html

◆[好評受付中!]--------------------------------人気のコースです!---
◇研究者・技術者のための戦略会計基礎コース
  〜研究・開発部門から経営戦略の一端を担おうとする方へ〜
       H20年 2/20 2/22 2/25 2/26 全4日間 1日単位の受講可
 ◆------------------------------------------------------------------
 ■★横浜国立大学 経営学部との共催
  日程:H20年 2/20 2/22 2/25 2/26 全4日間
 ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_03.html

◆[好評受付中!]-------------------科学に携わる人の倫理をテーマに----
◇KAST E勉強会シリーズ  
 「科学倫理の実践〜『背信の科学者』にならないために〜」
                    H20年 3/1 *土曜日の開催です
 ◆------------------------------------------------------------------
 ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed19_IV_06.html


◆◆新たな知財戦略構築に向けて・・・・平成20年度新規講座のご案内◆◆
 →●実務者のための『強くて良い特許網の構築』
 ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
  http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_I_01.html

----------------------------------------------------------------------
※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。  
神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら  
教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL:ed@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【4】直近のKAST情報
─────────────────────────────────――
    ■ テクニカルショウ ヨコハマ2008に出展します ■
        〜2月13-15日、パシフィコ横浜にて〜 
----------------------------------------------------------------------
 テクニカルショウ ヨコハマ2008(第29回工業技術見本市)が、2月13-15日、
パシフィコ横浜で開催されます。
 KASTでは研究プロジェクトや特許流通事業の技術移転対象案件のご案内、試
験分析サービス、教育講座の紹介など、神奈川の科学技術の創造展開拠点とし
ての産学公連携の取り組みを紹介します。
 KASTのブースは、産学公連携ゾーンの神奈川R&Dネットワークストリート(小
間No.j-13)にあります。お越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
 期間中は「出展者セミナー」や「産学連携ワークショップ」など各種催しも
開催されます。入場は無料ですので、お気軽にお越しください。

日時:2月13日(水)〜15日(金) 10:00〜17:00
会場:パシフィコ横浜 展示ホールC・D(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
入場料:無料

★彡 詳細はこちら(「テクニカルショウ ヨコハマ2008」ホームページ)
   http://www.tech-yokohama.jp/tech2008/

★彡 KASTの出展に関するお問い合わせ
   企画戦略グループ(TEL:044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【5】関係機関のイベント等のご案内
─────────────────────────────────――
◆「IT活用セミナー〜中小企業におけるリスク管理の必要性〜」参加者募集!

 会社法、個人情報保護法、金融商品取引法(J-SOX法)等の法整備が進む中、
中小企業の経営者責任が見直されています。本セミナーでは必要となる情報の
管理、活用方法について、ITを有効活用して解決する方法を、具体的な事例を
交えながら解説します。
 また、セミナー終了後、事前にご予約の方との個別相談をお受けします。

 日時:1月22日(火) 13:30〜16:00
 会場:神奈川中小企業センター 6階 大研修室 (横浜市中区尾上町5-80)
 定員:40名
 参加費:無料

☆--- 詳細・申込みはこちら --
   (財)神奈川中小企業センター 企画情報部 情報・研修課 担当:柳田
   TEL:045-633-5201 FAX:045-633-5222 MAIL:j-semi@ksc.or.jp 
   http://www.ksc.or.jp/seminar/index.html

----------------------------------------------------------------------
◆「創業期・製品化支援モデル事業 製品化を目指す企業の募集!」

 神奈川県産業技術センターでは、新製品の開発や自社製品の大幅なグレード
アップをめざす県内の中小企業・個人等の皆様を募集しています。当センター
が、開発に必要な資材の提供、試験・分析費用の負担、実験室の使用などの技
術的支援とビジネスプラン作成のお手伝いなど事業化支援の両面からサポート
します。製品化に向けた技術課題をお持ちの皆様のご応募をお待ちしておりま
す。

 募集期間:1月21日(月)〜2月21日(木)

☆--- 詳細・申し込み書類・申込みはこちら --
   神奈川県産業技術センター 技術支援推進部 開発支援室
   TEL:046-236-1500 FAX:046-236-1527
   MAIL:kaihatsu@kanagawa-iri.go.jp
  http://www.kanagawa-iri.go.jp/kitri/riyou/seihinkashien/seihinkashien.html

----------------------------------------------------------------------
◆「かながわベンチャー・ステップUP!フォーラム」参加者募集!

 神奈川県では、「大学発・大企業発ベンチャー創出促進モデルプロジェクト
事業」の一環として、創業希望者などを対象としたフォーラムを開催します。
 県内で創業しご活躍されている、株式会社チップワンストップ代表取締役社
長の高乗正行氏をお招きし、「創業からIPOまでの軌跡」「現在の活動状況」
などについて、ご講演いただきます。
 また、この事業にこれまでに採択されたベンチャー企業の皆様による事例発
表会も開催します。
 創業希望者、ベンチャー企業支援を行う方、ビジネスチャンスをお探しの企
業の方など、多くの皆様のご参加をお待ちしております!

 日時:2月1日(金) 14:00〜17:15(開場13:30)
    ※交流会17:30〜18:30
 会場:かながわサイエンスパーク(KSP)西棟7階709会議室
    (川崎市高津区坂戸3-2-1)
 参加費:無料 ※交流会参加の場合は会費2,000円を当日お支払ください。

☆--- 詳細・申込みはこちら --
   神奈川県商工労働部 産業活性課新産業振興班 担当:成田
   TEL:045-210-5564 FAX:045-210-8868 
   http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/sangyo/venture01/index.html

----------------------------------------------------------------------
◆「第4回かながわ“キラリ”チャレンジャー大賞」表彰式を開催

 企業経営者や起業家支援者等で構成する「挑戦者にやさしいかながわづくり
実行委員会(事務局:神奈川県商工労働部産業活性課)」では、独自のビジネ
スモデルや経営手法で実績を上げるなど活躍されている事業家を表彰する「か
ながわ“キラリ”チャレンジャー大賞」の表彰式を開催します。
 大賞の表彰に先立ち、ファイナリスト賞の贈呈とファイナリストのスピーチ
や、富士シティオ(株)・(株)スリーエフ会長の菊池瑞穂氏による特別講演「運
命の神の前髪をつかめ!」が行われる、魅力あるプログラムとなっています。
特に、神奈川で創業等への挑戦あるいは再挑戦を考えている方にはぜひお越し
いただきたい催しです。

 日時:2月10日(日) 14:00〜16:30(開場13:30)※交流会16:45〜17:15
 会場:横浜シンポジア(横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル9階)
 参加費:無料(事前登録制)
     ※交流会参加の場合は会費1000円を当日お支払いください。

☆--- 詳細・お問い合わせ・申込みはこちら --
   神奈川県商工労働部産業活性課 担当:両角、河野
   TEL:045-210-5564(直通) FAX:045-210-8868
   http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/sangyo/kirari/index.html


----------------------------------------------------------------------
◆「横浜国立大学環境情報公開シンポジウム 分野横断的実践エコマテリアル
  開発プロジェクト〜分野横断的実践エコマテリアル開発の現状と課題〜」
  
 エコマテリアル(環境配慮型材料)の概念が生まれて20年が経ちました。そ
の間に、持続可能な社会の形成や、産業の活性化と地球環境問題の両立が強く
求められるようになりました。
 横浜国立大学大学院環境情報研究院マテリアルシステム分野(人工環境と情
報部門)では、材料研究者・開発者自身がそれら諸問題の解決に貢献するため
には、グローバルな視点で深く理解し、分野横断的にエコマテリアルの実践的
研究・開発をさらに進展させることが重要として、本シンポジウムを開催し、
情報発信と討論を行います。

 日程:2月13日(水)・14日(木)
 会場:パシフィコ横浜 会議センター4F(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
 参加費:無料

☆--- 詳細・申込みはこちら --
   (社)未踏科学技術協会
   TEL:03-3503-4681 FAX:03-3597-0535 MAIL:ecomat@sntt.or.jp
   http://www.materials.jks.ynu.ac.jp/

----------------------------------------------------------------------
◆「横浜ビジネスグランプリ2008 ファイナル」来場者募集!
     〜熱き挑戦者たちが著名起業家審査員との真剣勝負に挑む!

 書類選考・セミファイナルを勝ちぬいた7名のファイナリストが、ブラッシュ
アップされたビジネスプランを皆様の前でプレゼンします。ベンチャー支援に
積極的な7名の審査員がそのプランを評価し、ビジネスマッチングを図ります。
 また、審査員をお務め頂く起業家が独自のビジョンを語り合うコラボレート
セッションも行われます。白熱したステージを熱き挑戦者たちが作り上げ、日
頃あまり講演されない審査員のトークを間近で感じて頂くことができるこのフ
ァイナルを是非ご覧ください。

 日時:2月17日(日) 13:30〜 ※交流会17:00〜
 会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
 参加費:無料
     ※交流会参加の場合は会費2000円を当日お支払いください。

☆--- 詳細・お問い合わせ・申込みはこちら --
   (財)横浜企業経営支援財団 創業・新事業支援担当
   TEL:045-225-3740
   http://www.danzenyokohama.jp/plan3/ygp2008/index.html

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2008
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>