<← 閉じる →>

┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第36号 (2008.3)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

1878年3月25日、日本で初めて人々の前で電灯が点されました。電極の間で弓状
の光を放つそのアーク(arc=弧)灯から130年、発光する柔軟なフィルム、有機・
無機ハイブリッド材料の開発にKASTが成功します。人間の生活を変えてきた光
への飽くなき探求。130年後(2138年!)の社会がちょっと気になる春の1日です。

         ◆◆ 第 36 号 内 容 ◆◆

 ■INDEX
  ┣・1 -KASTのトピックス
   ┣・新規研究プロジェクト、3テーマが4月に始動!
   ┗・中小企業連携促進事業(平成20年度)、助成対象を募集開始!
  ┣・2 -高度計測センターの新規導入機器〜最新鋭「FE-TEM/EDS」の紹介
  ┣・3 -KAST教育講座案内
  ┗・4 -関係機関のイベント等のご案内
   ┣・NEDO「新エネルギーベンチャー技術革新事業」公募
   ┗・KSP「ベンチャー・ビジネススクール第17期生」募集


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】KASTのトピックス
─────────────────────────────────――
      ■ 新規研究プロジェクト、3テーマが4月に始動!■
      〜食の安全安心、次世代パワエレ、一細胞分子計測〜
----------------------------------------------------------------------

 4月より、2つの研究体制(「神奈川産学公プロジェクト」「創造展開プロジ
ェクト」)において、新たに3つの画期的な研究プロジェクトが発足します。
 
【神奈川産学公プロジェクト】
 ◆「食の安全・安心」プロジェクト
  ・リーダー 阿部啓子(東京大学・教授)
  ・プロジェクト概要
    現在、社会が非常に強い関心を寄せている『食の安全・安心』問題
   に対し、産・学・公が一体となって科学的アプローチによる取り組み
   を行います。科学的根拠に基づく評価方法の確立をねらった「食品機
   能性・安全性評価」と、食物アレルギーのメカニズム解明および予防
   ・診断方法の開発を図る「食物アレルギーの解明・予防」を研究課題
   として、公的な食品の機能性・安全性評価システムの構築を目指しま
   す。

 ◆「次世代パワーエレクトロニクス」プロジェクト
  ・リーダー 河村篤男(横浜国立大学・教授)
  ・プロジェクト概要
    神奈川県「クールネッサンス宣言」の主要プロジェクトの1つであ
   る「電気自動車(EV)普及推進プロジェクト」を強力に推進するた
   め、温室効果ガス、特に二酸化炭素の排出量削減の鍵となる「パワー
   エレクトロニクス」技術の開発を産学官連携で進めます。具体的には、
   利用しやすく効率のよい都市型電気自動車を実現するための省エネル
   ギー技術、それを可能にするための実装技術を確立し、産業界への応
   用展開・実用化を目指します。

【創造展開プロジェクト】
 ◆ 安田「一細胞分子計測」プロジェクト
  ・リーダー 安田賢二(東京医科歯科大学・教授)
  ・プロジェクト概要
    細胞内の1つの分子を解析できる全く新しい技術の開発を通じ、細
   胞集団を用いた従来の平均的計測手法では見えなかった情報・データ
   を明らかにすることで、医学・生物学の飛躍的な発展を目指します。
   欧米企業が独占・寡占する有力な遺伝子関連技術とは全く異なるこの
   オリジナル技術は、欧米に大きく先行されるポストゲノム時代を日本
   が制し、世界のバイオ研究開発・市場の勢力分布を逆転するためのキ
   ーテクノロジーとなりえます。

★彡 各プロジェクトの詳細はこちら
   「食の安全・安心」
       http://www.newkast.or.jp/kisya/press_080326_tmp1.html
   「次世代パワーエレクトロニクス」
       http://www.newkast.or.jp/kisya/press_080326_tmp2.html
   「一細胞分子計測」
       http://www.newkast.or.jp/kisya/press_080326_tmp3.html

★彡 お問い合わせはこちら
  【神奈川産学公プロジェクト】
   →産学協働グループ(TEL:044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)
 【創造展開プロジェクト】
   →研究推進グループ(TEL:044-819-2034 MAIL: res@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
   ■ 神奈川県内の中小企業に対し、大学等との技術連携を支援! ■
    〜中小企業連携促進事業、平成20年度助成対象を募集開始!〜
----------------------------------------------------------------------

 新産業創出に向けての産学公連携や企業間連携が強く求められている中で、
「オンリーワン技術を保有するがその技術を十分に発揮できていない」「大手
企業の保有技術を使おうとしてもそのまま適用できない」等の課題を抱える中
小企業に対し、KASTが助成を行います。
 具体的には、大学や公設試験研究機関等と行う技術連携をKASTが資金面で支
援することで、中小企業における用途開発及び商品のブラッシュアップ等、課
題の解決や自社技術の活性化、資質の向上などを進めていただきます。
 まずはお気軽にご相談ください。

 ・応募要件 :神奈川県内に事業所を有し、1年以上事業を営んで
        いる中小企業。他3項目
 ・採択件数 :5件(1件につき100万円を上限に概算払いで助成)
 ・応募期間 :4月1日(火) 〜5月16日(金)
 ・採択時期 :平成20年7月を予定

★彡 詳細・応募の手引き・応募用紙はこちら
 http://www.newkast.or.jp/innovation/iv_chuushou_boshu.html

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL: 044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】高度計測センターの新規導入機器のご紹介
─────────────────────────────────――
  ■ 最新鋭「電界放出型分析透過電子顕微鏡(FE-TEM/EDS)」を導入! ■
      〜高度計測センターで試験分析サービスを開始〜
----------------------------------------------------------------------

【皆様の『ニーズ』にお応えします!】
 高度計測センターでは、日頃からお客様のニーズに合った装置の導入を進め
ています。特に、川崎地域の特色である電気・電子産業のナノテク化に伴い、
高分解能の観察、ナノメートル領域での元素分析の要望が日増しに高まってき
ています。(nm: 1ナノメートル=10億分の1メートル)
 この度、お客様のニーズに応え、今までの「分析透過電子顕微鏡」(TEM/EDS)
を、より高性能な「電界放出型分析透過電子顕微鏡」(FE-TEM/EDS)に改造しま
した。

【最新鋭装置の特徴】
 この度導入した透過電子顕微鏡(TEM)は、電界放出型の電子銃を備え、今ま
でご利用いただいていた熱電子放出型電子銃に比べ、より微小領域でのEDS
(エネルギー分散型X線分析装置)分析に威力を発揮します。
 更に、EDS検出器を2台設置(Twin EDS)したことにより、EDS分析時間を大幅
に短縮でき、観察試料への電子線損傷を軽減し、今までにない高速度で高分解
能なEDS分析を実現します。
 また、従来のSingle EDSでは、面分析時にX線吸収による影が出てしまいま
したが、Twin EDSにすることによって、このような弊害も緩和されます。

【電界放出型分析透過電子顕微鏡(FE-TEM/EDS)の仕様】
 TEM本体 製造元 :(株)トプコンテクノハウス
型式 :EM-002BF
加速電圧 :20〜200kV
点分解能 :0.18nm
        格子分解能 :0.10nm
観察モード :明視野像、暗視野像、高分解能像
 EDS 製造元 :サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)

型式 :NORAN System SIX(検出器2台装備)
X線検出立体角 :0.33str(2台使用時は約2倍)
最小分析領域 :0.3nm
分析モード :点分析、線分析、面分析
分析元素 :5B〜92U
 CCDカメラ 製造元 :TVIP社
型式 :FastScan-F114(EM−MENU4.0)
 STEM     製造元 :(株)トプコンテクノハウス
型式 :ASD-2B2
観察モード :明視野像、暗視野像、HAADF

【今後の展開】
 TEMはお客様からの需要が非常に高く、時期によっては「1ヶ月待ち」のこと
もありました。この度の「電界放出型電子銃」の搭載により、EDS分析時間の
大幅な短縮が可能となり、当センターが目指す「高い信頼性と短い納期」での
サービス提供を一層進めます。
 今後も、お客様ニーズの高い最新鋭の試験分析機器を適時更新・導入し、
「地域のものづくり」をこれまで以上に徹底サポートしていきます。

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター (TEL:044-819-2105 MAIL: mcl@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】KAST教育講座のご案内
----------------------------------------------------------------------
     ■ KAST教育講座<新規募集コース>のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------

 4月からの新年度に向け、初学者でも安心の基礎講座と新規開講の講座をご
案内します。
 「ものづくり」「医療」「流通」など、あらゆる分野で大量生産・大量消費
から「個」を重視したサービスが求められる時代。こうした時代のニーズに対
応するためには、どのような知識、手法を身につければよいのでしょうか。
 時流を見据え、先端的な知識を一流の講師陣から学ぶ絶好のチャンスです。
この機会にKAST教育講座でブラッシュアップをしませんか!


「分子生物学、発生学の基礎知識を体系的に身に付ける」
→◆基礎から学ぶ分子細胞生物学コース・・・初心者向けの内容です!

「オーダーメイド医療と創薬・医薬品開発のこれから」
→◆個の医療における研究開発とその産業化コース・・・新規開講!

「技術から得られる価値を最大化するための知識を身に付ける」
→◆研究者・技術者のためのマーケティング基礎コース・・・人気です!!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓講座の詳細はこちらから↓↓↓↓↓↓↓
   
■基礎から学ぶ分子細胞生物学コース
〜細胞の分子構造機能から病態まで〜

本講座では、生物学への導入を目的としてプレコースを一日設け、分子細胞
生物学、細胞の形態学、発生学の基礎知識を習得します。これらがどのよう
に個体としての生命を制御しているのか、細胞内のシグナル、細胞間のコミ
ュニケーション、さらには生体全体のネットワークである神経システム、免
疫システムについて、生体の多岐にわたる制御システムを理解する事ができ
るよう編成しました。
生物学が初めての方や、系統的に生体システムを勉強したい方のご参加をお
待ちしております。

 ★東京大学医科学研究所 との共催 

  日程:H20年 5/19 5/23 5/26 5/29 6/5  全5日間
  カリキュラム編成者: 
     東京大学名誉教授、先端科学技術研究センターLSBM特任教授
                  医学博士 新井 賢一
     東京大学医科学研究所教授 理学博士 中村 義一
     東京大学医科学研究所教授 医学博士 渡辺 すみ子

  ★彡 詳細はこちら↓↓↓
     http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_I_02.html

■個の医療における研究開発とその産業化コース
〜オーダーメイド医療と創薬・医薬品開発のこれから〜

ゲノム情報を活用して、的確な治療(cure)から、予防(care)に向かいつつあ
る先端医療の開発とその産業化の動向について解説します。
内容は大きく3つに分かれ、1日目は、これからの医療の中心となるオーダー
メイド医療、2日目は個の医療における細胞治療の果たす役割、3日目は、バ
イオベンチャー企業による個の医療に対応したこれからのビジネスモデルに
ついての講義と総合討論を予定しています。
ライフサイエンス分野で研究開発に従事されている研究者・技術者や新たな
研究開発テーマを探索したい方、更に医療関係の将来に関心のある調査・コ
ンサルタント企業の方に受講をおすすめします。
   
 日程:H20年 6/17 6/18 6/19 全3日間
  カリキュラム編成者: 
     東京大学名誉教授 新井 賢一 

  ★彡 詳細はこちら↓↓↓
     http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_I_03.html

■研究者・技術者のためのマーケティング基礎
〜市場がすべてを決める。研究者・技術者が市場を理解するめに〜

マーケティングの基本コンセプトという総論的フレームワークの提供から始
めます。マクロ・ミクロな視点からユーザーを捉えるためのマーケット・セ
グメーション(市場細分化戦略)、顧客満足、ライバル企業との差別化を市場
起点で考える戦略発想、潜在的なニーズを発掘するリサーチ手法、独創的な
商品・サービスに向けた構想術をコンテンツに展開する予定です。
研究者・技術者が日頃直面している問題をベースとして、顧客を起点とする
マーケティング発想に終始ふれることで、新たな競争環境における技術者の
あり方を身に付けていただければと考えています。

 ★横浜国立大学経営学部 との共催

  日程:H20年 6/12 6/13 6/19 6/26 7/3 全5日間 

  ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_I_04.html


◆◆◆◆残席わずかです!!お早めにお申し込みください◆◆◆◆

「知財戦略の構築と考え方を、演習を中心に学ぶ」
→●実務者のための『強くて良い特許網の構築』
  ★彡 詳細・お申込はこちら↓↓↓
   http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_I_01.html

-----------------------------------------------------------------
※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。  
神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら  
 教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【4】関係機関のイベント等のご案内
─────────────────────────────────――
「新エネルギーベンチャー技術革新事業」(平成20年度)の公募   4/14締切
         募集元:(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
----------------------------------------------------------------------

 本事業は新エネルギー分野の技術を中核にし、新たな産業の創出を目指した
もので、技術開発の推進を支援することに留まらず、コア技術を元にした事業
化・ビジネス化を支援します。まずはお気軽にお問い合わせください。

☆--- 詳細・お問い合わせ・お申し込みはこちら
   (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
   新エネルギー技術開発部 担当 河口(こうぐち)、薄井(うすい)
   TEL: 044-520-5274、FAX:044-520-5276 MAIL: venture@nedo.go.jp
   http://www.nedo.go.jp/informations/koubo/200214_2/200214_2.html

─────────────────────────────────――
「KSPベンチャー・ビジネススクール 第17期生」募集        5/23開講
                        主催:(株)ケイエスピー
----------------------------------------------------------------------

 KSP(かながわサイエンスパーク)が次代を担うベンチャー企業の創出、支援
を目標にオープンして18年。この間、様々な支援事業を行ってきましたが、そ
の柱の事業の一つがKSPベンチャービジネススクールによるイノベーティブな
人材育成です。
 これまでに、ベンチャー企業創業者・中小企業後継者・大企業新事業担当な
ど、ニュービジネスの担い手となる433名の人材を輩出してきました。
 現在、5月23日の開校に向け第17期受講生を募集しています。個別の説明会
を随時開催していますので、お気軽にお問合せください。

☆--- 詳細・お問い合わせ・お申し込みはこちら
   (株)ケイエスピー インキュベート・投資事業部
   TEL: 044-819-2001 FAX: 044-819-2009
    http://vbs.ksp.or.jp/


======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2008
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 企画戦略グループ
======================================================================

<← 閉じる →>