<← 閉じる →>


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第43号 (2008.10)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

 今は昔、竹取の翁といふ者ありけり--1000年以上も昔、平安時代に書かれた
竹取物語は、今でも多くの人に親しまれています。かぐや姫が「いとうつくし
うて」いた竹というと、もっとも身近なモウソウチク(直径20cm)を思い描きま
す。しかし、中国からモウソウチクが伝来したのは江戸時代と言われています。
3寸のかぐや姫は、日本古来のマダケ(直径10cm)の中で窮屈な思いをしていたの
かもしれません。
 十五夜、十三夜のお月見は過ぎましたが、秋の夜長に月を眺めながら、物語
の世界に想いを馳せるのも一興です。
   
         ◆◆ 第 43 号 内 容 ◆◆
 
■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
   ┣・-「KAST科学技術セミナー」&「E-勉強会」のご案内
   ┣・-「かながわ科学技術フェア 2008」に出展します
   ┗・-「高度計測センターNEWS 第2号」10/20発行!
  ┣・2 -KAST技術移転案件の紹介 −微細加工技術−
  ┣・3 -KASTは大学の研究シーズの実用化を応援しています−成果紹介(7)
  ┣・4 -KAST教育講座案内
  ┣・5 -直近のKAST情報
  ┗・6 -関係機関のイベント等のご案内
   ┣・-「川崎市知的財産スクール」開講のご案内
   ┣・-「かながわ株式公開セミナー」受講生募集
   ┣・-「第2回 KSP株式公開フォーラム」参加者募集
   ┣・-「第4回 情報セキュリティセミナー」開催
┗・-「横浜ITフォーラム 2008」開催

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【1】KASTのトピックス
─────────────────────────────────――――――
 ■ 「KAST科学技術セミナー」&「E-勉強会」開催 ■
     〜ものづくりと環境への配慮、環境規制対策を考える〜     
------------------------------------------------------------------------------
◇KAST科学技術セミナー「REACH規則を理解する その考え方と対応法」

 国内外でさまざまな環境規制が適用されるなか、2007年6月に施行されたEUにおける
化学品規制−REACH規則では、EUで製品を上市する製品に対応を求めています。
世界規模での製品の安全性・環境対策の潮流を掴み、製品開発・製造技術にぜひ
お役立てください。
 
 ○日時 :11/21(金) 13:00〜16:00
 ○会場 :KSPホール
      (川崎市高津区坂戸3−2−1かながわサイエンスパーク西棟3F)
 ○講演者:日本電子(株) 技術法規顧問 
      (社)中小企業診断協会 中小企業診断士
      松浦徹也氏
 ○プログラム概要
  ・REACHとは!? 施行後の今だから見えてきたこと、知っておきたいこと
  ・環境規則のこれから
  ・KAST高度計測センターのサービス紹介
○参加費 :無料
 ○募集人数:100名

↓↓↓↓↓↓↓↓お申し込み・詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_K_seminar.html

▽▲▽---環境規制、LCA設計など、さらに詳しく知りたい方へ---▽▲▽
 
◇KAST E-勉強会 「製造現場で考える環境規制2」

 環境規制の動向は、ものづくり企業の技術力から経営指針にまで影響を及ぼす
といわれています。環境への負荷が懸念される物質を排出しないだけでなく、今
後は、製造設計の段階から環境との調和をめざす、新しいものづくりの姿勢が求
められます。
このセミナーは、環境規制の解説から、「環境設計」・「環境経営」の考え方
までをわかりやすく解説する講座の第2回目です。講義後の個別相談会では、み
なさまの直面する具体的な課題についてアドバイスを頂くことができますので、
この機会をぜひご活用ください。

 ○開催日:11/5(水)、11/14(金)、11/21(金)、12/4(木)、12/12(金)
      ★全5回(日程により、夜間の時間帯での実施となります)
 ○会場 :1. 横浜会場:神奈川県中小企業センター
      2. 川崎会場:かながわサイエンスパーク内 研修室
 ○参加費:無料
 ○募集人数:各回とも60名(11/21のみ100名)

↓↓↓↓↓↓↓↓お申し込み・詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_E_seminar2.html

★彡 お問い合せはこちら  
 教育研修グループ(TEL: 044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

─────────────────────────────────――
 ■ お買い物帰りに「かながわ科学技術フェア2008」はいかがですか? ■
     〜 11月3日・4日、そごう横浜店前にて開催 〜
----------------------------------------------------------------------
 科学技術と社会との関わりをより強めていくため、神奈川県(KAST共催)は、
県の試験研究機関等の活動内容や研究成果をわかりやすく展示・紹介する「かな
がわ科学技術フェア2008」を開催します。
みなさんが科学技術を身近に感じ、理解を深め、興味を持っていただけるきっ
かけになればと思っています。神奈川県の「科学技術」の力を実感してみません
か?お買い物帰りにでも、お気軽にお越しください。

 ○日時 :11月3日(月・祝)11:00〜18:00、4日(火)10:30〜17:30
 ○会場 :そごう横浜店地下2階正面入口前「新都市プラザ」
 
 ○ミニ発表会 KAST発表テーマ(予定)
  ・11月3日「きっとあなたとつながっている−暮らしに広がる科学技術−」
  ・11月4日「食物アレルギーの予防にむけて」
    
★彡 KASTの出展内容に関するお問い合せはこちら
 総務企画グループ(TEL: 044-819-2036 MAIL: sc@newkast.or.jp)

★彡 フェア全体に関するお問い合せはこちら
 神奈川県政策部総合政策課科学技術・大学連携室
 TEL: 045-210-3071 FAX: 045-210-8819
 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/01/0102/kagaku/fair/index.html


─────────────────────────────────――
■ 「高度計測センターNEWS 第2号」10/20発行! ■
         − より身近な情報発信源を目指して −
----------------------------------------------------------------------
 KAST高度計測センターでは今年度より、私共が日頃から行っている具体的な
試験計測サービスの事例、関連業界における共通した技術課題の情報、および
最新技術の解説などを紹介する『高度計測センター NEWS』を発行しています。
 10/20発行の第2号では、新技術の解説として「トリプルビームFIBに
よるTEM試料の作製」、また技術支援の事例として「トリプルビーム
FIBによるめっき断面観察と元素分析」について紹介しています。
 お客様から見て、より身近で、かつ頼みやすくなるような高度計測センター
の情報発信の“機関誌”をめざして参りますので、今後もご期待下さい。

 ○発行予定:4月・10月(年2回)
 ○配布場所:高度計測センター受付(常時)
       またKASTが出展するイベント会場や展示会場にて配布予定
       ※KASTホームページでも閲覧できます。

★彡 第2号はこちら
 http://www.newkast.or.jp/koudo/pdf/vol1_no2.pdf

★彡 お問合せはこちら
 高度計測センター (TEL: 044-819-2105 MAIL: mcl@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【2】KAST技術移転案件のご紹介

 KASTは、KASTの研究成果を積極的に企業に移転し、新事業・新産業創出へ
の貢献を目指しています。
─────────────────────────────────――
 ■ KAST技術移転案件紹介リーフレットからのご案内(15) ■
   〜 微細加工技術 〜
----------------------------------------------------------------------
「ガラスやポリカーボネイト等の透明素材に同心円でない自由曲線状の溝を切削
 する装置及び溝切削方法」

 ○特許第3333679号「溝切削装置及び溝切削方法」
 
  本発明は、従来のイオンビーム加工、リソグラフィ等のエッチングによる溝
 加工では困難な、設計値通りの溝幅を有する溝を、高精度な断面形状を保ちつ
 つ切削形成することができます。
 同心円状でない微細溝の加工にも対応することができます。特に、ホログラム
 光学素子等の微細な溝を有する光学部品の溝形状形成にとても有効です。

★彡 当技術に関するお問い合わせ及びリーフレットの配布はこちら
 知財戦略グループ(TEL: 044-819-2035 MAIL: str@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【3】KASTは、大学の研究シーズの実用化を応援しています。−成果紹介(7)
─────────────────────────────────――
 ■ NKT細胞を用いた新しいワクチンの開発 ■
----------------------------------------------------------------------
KASTでは、大学の研究シーズの実用化を応援しています。
今回ご紹介するのは、昨年度の知的財産活用促進コーディネート事業で委託研究
をお願いした聖マリアンナ医科大学の清野研一郎先生のテーマです。

<NKT細胞を用いた新しいワクチンの開発>
清野先生は、鼻の中に噴霧するワクチンの開発を目指して研究をしています。
このワクチンは、注射のような痛みを伴わず簡便であるというメリットのほか、
毎年形を変えるウィルスにも対応するような防御範囲の広さといった利点があり
ます。
19年度の上記事業では、インフルエンザ抗原と、免疫制御細胞のひとつである
「NKT細胞」を活性化する糖脂質「α-Galcer」を同時にマウスの鼻粘膜に投与し、
NKT細胞、α-Galcer、樹状細胞の相互作用を分析しました。
また、蛍光標識した「α-Galcer」の体内分布を見ることで、「α-Galcer」が遠
隔臓器には到達せず、鼻周辺のリンパ組織で活動していることがわかりました。
 これらの実験により、粘膜における抗原特異的IgA(抗体)の産生が防御範囲を
広くしていることや、副作用の可能性が低いことなどがわかってきました。

毎年猛威を振るうインフルエンザは、身近でありながら怖い感染症です。
このワクチンの早期実用化に大いに期待したいものです。

★彡 お問い合わせはこちら
 産学協働グループ(TEL: 044-819-2031 MAIL: pro@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【4】KAST教育講座のご案内
----------------------------------------------------------------------
ナノ−マイクロスケールの技術開発に必要な視点と技術―。
----------------------------------------------------------------------
 微細化・高密度化の進むエレクトロニクス分野では、マイクロからナノの領域
における高精度の加工製造技術を、高機能・高信頼性を実現しつつ開発すること
が課題となっています。
今回は、この微細加工技術を中心とした講座のご案内です。
特に11月下旬から12月中旬にかけて、マイクロマシン、マイクロ化学チップ、
そしてマイクロソルダリング(鉛フリーはんだ)の講座が連日開講となります。
便利な1日単位の選択受講システムなら、目的に応じて各コースの講義日程をお
選びいただくことができます。ぜひご活用の上、ご受講ください!

 バイオ領域では、核酸やたんぱく質につぐ「第3の生命鎖」として注目さ
れる「糖鎖」にスポットをあてた糖鎖工学の講座が新規開講します。

今回ご案内する講座のメニュー-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:11月〜1月実施

<高度なものづくり>
★マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース
★高信頼性を実現するマイクロソルダリングコース

<分野融合領域>
★マイクロ化学チップ・・・・基礎実習編/要素技術編

<バイオテクノロジー>
★糖鎖科学・糖鎖工学への招待コース
 ●システムバイオロジーの新展開コース
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース
   〜基礎技術から応用製品まで〜

  日程:H20年 12/12 12/16 12/17  全3日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 藤田 博之

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_III_06.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   高信頼性を実現するマイクロソルダリング技術コース
  〜製品信頼性の視点から理解する接合原理・品質設計・最新技術まで〜

  日程:H20年 11/27 11/28 12/3 12/4 全4日間
  カリキュラム編成者:
  株式会社河野エムイー研究所 代表取締役 工学博士 河野 英一

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_III_05.html

▽▲▽-------------------------------------------「分野融合領域」
  ●マイクロ化学チップ<基礎実習編>
   〜使ってみよう!マイクロ化学チップ

  日程:H20年 11/13 11/14   全2日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 教授/KAST マイクロ化学グループリーダー 北森 武彦
  実習指導:マイクロ化学技研株式会社

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_III_03.html


  ●マイクロ化学チップ<要素技術編>
   〜設計・開発のエッセンスを知る

  日程:H20年 12/11 12/18 12/19 全3日間
  
カリキュラム編成者:
  東京大学 教授/KAST マイクロ化学グループリーダー 北森 武彦

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_III_04.html

▽▲▽-------------------------------------------「バイオテクノロジー」
   糖鎖科学・糖鎖工学への招待コース
   〜糖鎖を知る、診る、創る、使う〈基礎研究から応用へ)〜

  日程:H21年 1/22 1/29    全2日間
  東海大学/KASTの共催による

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed20_IV_01.html

-----------------------------------------------------------------
※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。  
神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら  
 教育研修グループ(TEL: 044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【5】直近のKAST情報
─────────────────────────────────――
 ■ KAST理科実験室2「傘ラジオを作ろう」参加者募集中 ■
       〜 身の回りの品で作ったラジオを聞く 〜
----------------------------------------------------------------------
 KASTでは、主に神奈川県内の小学生を対象に「KAST理科実験室」を開催して
います。今年度、第2回目は、傘や洗濯ばさみ等の日用品を使って、ラジオ簡
単工作を行ないます。電池なしで聞こえる不思議を体験しませんか。

 日時 : 11月8日(土)13:00〜15:00
 会場 : KSP 東棟201会議室(川崎市高津区坂戸3-2-1)
 定員 : 30名(先着順)
 対象 : 小学校3年生〜6年生 (一般・保護者の方は、見学のみ可能。)
 参加費: 無料

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_081108.html
★彡 お問い合わせ・お申し込みはこちら
 科学技術理解増進グループ(TEL: 044-819-2032 MAIL: se@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【6】関係機関のイベント等のご案内
─────────────────────────────────――
◆「川崎市知的財産スクール」開講 〜経営戦略に知的財産の視点を〜
      −川崎市産業振興財団−
----------------------------------------------------------------------
 川崎市では、知的財産に関する知識の習得、意識啓発の支援及び知的財産に関す
る人材育成支援を行うため、知的財産スクールを開催します。
経営戦略に知的財産の視点を活用することをテーマに、7回にわたって大学教授、
民間企業実務者、研究者、弁護士といった実務家による実践的な講義を行ないます。
 
 ○ 日程とプログラム(各日とも19時〜21時)
   (1)10月21日(火)「経営における知財の意義」
   (2)10月28日(火)「知財をコストでとらえる」
   (3)11月 4日(火)「企業の知的財産戦略について」
   (4)11月11日(火)「自社出願のメリットとリスク」
   (5)11月18日(火)「知財を活用したビジネスインキュベーション」
   (6)11月25日(火)「知財を活用した地域インキュベーション」
   (7)12月 2日(火)「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」
 ○ 会場 :川崎市産業振興会館9階 第2研修室
 ○ 参加費:無料(各回単独で受講可能)
 ○ 定員 :20 名(各回ごと申込み順)
 
※各回の担当講師、内容の詳細についてはPDFをご覧ください。
http://www.kawasaki-net.ne.jp/vtr/chitekizaisan/chizaischool/chizaischool081021.pdf

☆--- お申し込み・お問い合わせはこちら
 川崎市産業振興財団 新産業振興課
TEL: 044-548-4150 FAX: 044-548-4146 MAIL: jinzai@kawasaki-net.ne.jp
http://www.kawasaki-net.ne.jp/

─────────────────────────────────――
◆「かながわ株式公開セミナー」受講生募集 − 神奈川県商工労働部 −
---------------------------------------------------------------------
 べンチャー企業経営者等を対象に、資金調達、事業計画、戦略、株式公開等に
ついて実践的に学べる、「かながわ株式公開セミナー」を開催します。
新規株式公開の経験談や株式公開に係る実践的内容を計5回のセミナーで実施
します。株式公開に興味があり、新たな資金調達を考えている経営者の皆さん!
奮ってご参加ください。

 ○ 対象者 :株式公開に興味があり、新たな資金調達をお考えの経営者の方
 ○ 日時  :第1回オープニングセミナー / 10月29日(水) 17:00〜19:00
        第2回〜5回セミナー / 11月11日(火)、11月18日(火)、
                   12月9日(火)、12月16日(火)
18:00〜20:00
 ○ 会場  :相鉄岩崎学園ビル8F会議室
(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17)
 ○ 受講料 :無料
 ○ 定員  :第1回/100名、第2回〜5回/30名
 ○ 申込締切:10月27日(月)(定員に達した場合は締め切ります)

※本事業は神奈川県の委託により、エキスパート・リンク(株)が企画運営します。

☆--- お申し込み・お問い合わせはこちら
<神奈川県委託先>
エキスパート・リンク(株) 株式公開セミナー担当 TEL: 045-342-7172
http://www.ex-link.co.jp/ipo/index.php

─────────────────────────────────――
◆【第2回】KSP株式公開フォーラム 参加者募集!
〜リーディング企業の未来ビジョン〜 /(株)ケイエスピー 
----------------------------------------------------------------------
 (株)ケイエスピーでは、神奈川県、厚木市との共催事業として、企業経営者や
幹部、これから事業を計画している個人、支援者の方々などを対象にしたフォー
ラムを開催します。
このフォーラムでは、株式公開を果たした経営者の方々から実体験に基づくア
ドバイスとエールを送っていただき、企業の活性化と株式公開企業の輩出を促す
ことを目的としています。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 ○日時 :10月21日(火) 15:00〜18:00 (開場14:30、交流会18:00〜19:00)
 ○会場 :ロワジールホテル厚木 (本厚木駅より徒歩5分)
 ○参加費:無料 (交流会参加の場合:2,000円)
 ○定員 :120名
・基調講演
  「成長するベンチャー企業とは〜世界に飛躍するベンチャー企業の輩出〜」
  早稲田大学大学院ビジネススクール教授/日本ベンチャー学会会長 松田修一氏
・パネルディスカッション
  「イノベーション・エンジンとしてのベンチャー企業」
(株)エヌ・ピー・シー 代表取締役社長 隣良郎 氏 
  野村マイクロ・サイエンス(株)代表取締役社長 千田豊作 氏 
(株)メディアグローバルリンクス 代表取締役社長 林英一 氏 
(株)ケイエスピー インキュベート・投資事業部部長 鈴木博雅 
  
☆--- お申し込み・お問い合わせはこちら
(株)ケイエスピー インキュベート・投資事業部 金子・水野・阿部
 TEL: 044-819-2001 FAX: 044-819-2009 MAIL: info@ksp.or.jp
 http://www.ksp.or.jp/kspforum/2nd/

─────────────────────────────────――
◆「第4回情報セキュリティセミナー」開催  − u-Kanagawa推進協議会 −
---------------------------------------------------------------------
 情報化社会において、安心・安全に情報システムを利用していくためには、企
業や個人などが情報を取り扱う際の基本的な方針(情報セキュリティポリシー)
及びそれに基づいた具体的な計画、計画の実施・運用、一定期間ごとの方針・計
画の見直しまでを含めた、トータルなリスク・マネジメント体系である情報セキ
ュリティマネジメントを構築することが必要不可欠です。
 そこで、今回のセミナーでは、中小企業における情報セキュリティマネジメン
トの役割とその構築のポイントについて分かりやすく解説いたします。
 
 ○テーマ:中小企業における情報セキュリティマネジメント
 ○日時 :10月31日(金) 15:00〜16:40
 ○講師 :関東学院大学経済学部・大学院経済学研究科 准教授 税所哲郎氏
 ○費用 :無料
 ○定員 :50名(先着順)
 ○会場 :横浜市神奈川区鶴屋町2-17 相鉄岩崎学園ビル8階809号室
      (地図 http://isc.iwasaki.ac.jp/school/access.html)

☆--- お申し込み・お問い合わせはこちら
 u-Kanagawa推進協議会事務局(神奈川県商工労働部産業活性課内)
TEL: 045-210-5562 MAIL: info@u-kanagawa.gr.jp
 http://www.u-kanagawa.gr.jp/information/info20081031.html

─────────────────────────────────――
◆横浜ITフォーラム2008〜なぜ進まぬ!中小企業のIT化“IT経営への助言”〜
    − u-Kanagawa推進協議会、(社)神奈川県情報サービス産業協会 −
----------------------------------------------------------------------
 中小企業のIT化を推進するにあたってのソリューションを提案する側と利用す
る側との考え方のちがい、「IT業界のシーズとニーズのギャップ」にクローズア
ップして、各分野・各層からの意見交換を行い“真のIT経営とは何か”を探りま
す。

 ○日時:11月7日(金) 13:30〜17:50(懇親会18:00〜19:30)
 ○会場:横浜シンポジア(横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル9階)
     http://www.yokohama-cci.or.jp/symposia/access/access.html
 ○参加費:無料(懇親会は5000円/名)
 ○申込締切:10月31日(金)
 ○プログラム概要
 ・基調講演
 「価値ある"外部資源"を経営に活かせ〜中小企業にとっての「IT経営」とは〜」
  明治大学経営学部教授 岡田浩一 氏
  経済産業省主催「中小企業IT経営力大賞」選考作業部会長
・事例発表(神奈川県内の「中小企業IT経営力大賞」受賞企業2社)
 ・パネルディスカッション「なぜ進まぬ!中小企業のIT化“IT経営への助言”」
 ・横浜市からの報告 
 ・懇親会
 ※詳細はこちらをご覧ください。 
  http://www.u-kanagawa.gr.jp/information/info20081107.html

☆--- お申し込み・お問い合わせはこちら
 (社)神奈川県情報サービス産業協会事務局 TEL: 045-316-2244 
  FAX: 045-316-2246 http://www.kia.or.jp/event/2579/book_form.php

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており
ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・
保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして
  下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2008
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 総務企画グループ
======================================================================

<← 閉じる →>