<← 閉じる →>

◆-◇-◆ KASTは今年創立20周年を迎えました ◆-◇-◆

┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第50号 (2009.5)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

  今年のゴールデンウィークは、高速道路料金引き下げ実施をキッカケに例年 より車で遠出された方が多かったと聞きました。
大渋滞の中での運転に加えて旅先の疲れが残ってしまい、最近になって、やっと調子が出てきたという方も おられることと思います。
気分転換にKASTメールマガジンをお読み頂き、一息してはいかがでしょう?

           

◆◆ 第 50 号 内 容 ◆◆

■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
┗・-KAST財団設立20周年記念ウィークの開催!
┣・2 -KAST研究プロジェクトのご紹介
┣・3 -高度計測センター 開放利用機器のご紹介
┣・4 -KAST教育講座案内
┗・5 -関係機関のイベント等のご案内
┣・-「かながわコンソーシアム事業2009」支援テーマ募集中
┣・-講演会「神奈川県の環境を考える」のご案内
┣・-第1回大学発シーズ発表会の開催
┣・-情報セキュリティセミナー(第1回〜第4回)
┗・-バイオベンチャー人材活用事業募集のお知らせ

  

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 1 】KASTのトピックス
─────────────────────────────────―――
         ■KAST財団設立20周年記念ウィークを開催!  ■
         〜7月14〜21日に研究報告会等、記念行事を一斉に開催〜
--------------------------------------------------------------------

 (財)神奈川科学技術アカデミーは、今年の7月で設立20周年を迎えます。
そこで、設立記念日を含む7月14〜21日をKAST財団設立20周年記念ウィークとし、記 念式典、研究報告会、施設公開、豪華ゲストを迎えた科学レクチャーや科学実験 室などを集中的に開催し、20周年を迎えたKASTの事業活動について広くご紹介し ます。

開催日時:平成21年7月14日(火)〜21日(火)
  開催場所:かながわサイエンスパーク(KSP)内
  開催概要:7月14日 20周年記念式典(KASTフォーラム)
    15日〜16日  研究報告会&高度計測センター施設公開
    21日 英国王立研究所科学レクチャー& KAST理科実験室

★彡   詳細はこちら   http://www.newkast.or.jp

★彡   お問い合わせはこちら
   総務企画グループ(TEL:044-819-2030 MAIL: sec@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 2 】KAST研究プロジェクトのご紹介
─────────────────────────────────――
         ■ 新規・創造展開プロジェクトがスタート ■
         〜 創薬ターゲット・膜タンパク質を用いた超高感度センサの開発〜 
----------------------------------------------------------------------
竹内「バイオマイクロシステム」プロジェクト
細胞で薬物等の物質の取込み、排出をおこなう膜タンパク質の機能を、簡便に 計測できるシステム開発を目指します。
このシステムにより、薬物の取込を簡便に調べることができるため、動物実験 等を実施する前段階で薬の効果の評価が可能となり、効率的な創薬開発を支援 するツールとなります。
具体的には、半導体微細加工技術により作製した基板に、脂質二重膜および膜 タンパク質を安定に導入したチップを作製し、膜タンパク質の薬物取込等の機 能を簡便に解析するシステムを開発します。 より効果的で副作用の少ない薬の開発に貢献できるため、バイオ分野での産業 貢献と、県民生活への貢献が期待されます。 ★彡 詳細はこちら http://www.newkast.or.jp/kisya/press_090330.html ★彡 お問い合わせはこちら  研究推進グループ(TEL:044-819-2034 MAIL: res@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 3 】高度計測センター 開放利用機器のご紹介
───────────────────────────────────
         ■電気的高速トランジェント/バースト試験とは? ■
----------------------------------------------------------------------

スイッチやリレーといった接点の開閉時に、接点間の断続的な放電によって 電気ノイズが発生し、周囲にある電子機器の誤動作や機能低下を起こす場合 があります。
このノイズは電源線を伝わり、同じ系統に接続されているテレビなどの電気 製品に影響を及ぼします。
またノイズの電圧は非常に高く、日本ではAC100Vの電源に1kV〜2kVのノイズが 加わり、その周波数は数MHzにまで及びます。
このノイズに対する機器の耐性を評価する試験が電気的高速トランジェント/ バースト(EFT/B)試験です。
試験条件や試験方法は、国際規格によって定められており、ほとんどの国/地域 の規格は国際規格に沿った内容になっており、整合性を図っています。

欧州では、CEマーキングのEMC指令によって規制され、民生機器やOA機器以外 にも医療機器、産業機器などほとんどの電気製品がEFT/B試験による検証を 要求されています。
日本では欧州のような法規制はありませんが、業界団体の 試験規格や製造メーカによる自主試験などにより、様々な機器に対して試験が 行われています。

【仕様】
[EFT/B試験器] サーモフィッシャーサイエンティフィック社 EMC Pro
発生電圧:±250V〜±4.4kV
バースト周波数:2.5kH〜100kHz

結合出力:電源、クランプ(信号線用)
★彡   お問い合わせはこちら
      高度計測センター (TEL:044-819-2105  MAIL:mcl@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 4 】KAST教育講座のご案内
───────────────────────────────────
         ものづくり技術の基礎を学ぶ。
         ■KAST教育講座<新規募集コース>のご案内 ■
----------------------------------------------------------------------

「高度なものづくり」のための技術講座 4コースのご案内です。
半導体・光学分野において必須の「超精密研磨加工」、製品設計・評価に必要な「シミュレーション技術」、 圧延・鍛造・プレスなど、金属加工の ための「塑性加工技術」、そしてプラスチック成形加工プロセスを理解する 「射出成形現象工学」。
これらの4コースはこれまで多くの方々にご受講 いただいている人気の講座です。 いずれも基礎理論から体系的に学習する講座ですので、
・新人研修のために利用したい
・部署を異動し、新たな業務につくので基礎から勉強したい
という場合にも最適の内容です。 ものづくりはこれから「技術提案型」の時代へ―。
この機会にぜひご受講ください!
「新時代を生き抜くための高付加価値加工技術―超精密研磨の新しい流れ」

→◆次世代研磨加工技術コース・・・基礎理論から先端技術まで

「高度なものづくりのための設計・解析手法を学ぶ」

→◆計算力学の基礎から応用までコース・・・有限要素法の基礎から学習

「高品位の製品加工技術と金属材料の加工理論」

→◆塑性加工基盤技術コース・・・鍛造・圧延・プレス加工の基礎を学ぶ

「樹脂成形の加工プロセスを『視る・測る』」 →◆射出成形現象工学コース・・・射出成形のための工学体系とノウハウを繋ぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓講座の詳細はこちらから↓↓↓↓↓↓↓

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」

次世代研磨加工技術コース
  〜新時代を生き抜くための高付加価値加工技術〜

日程: H21年  7/9 7/10 7/23 7/24 8/6 8/7 全6日間
  カリキュラム編成者:
       大阪大学 准教授 工学博士 榎本 俊之
★彡   詳細はこちら↓↓↓      http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_II_01.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
計算力学の基礎から応用までコース
   〜パソコン実習を通して学ぶ計算力学〜

  日程: H21年 9/8 9/9 9/10 9/14または15 9/16 9/17  全6日間

カリキュラム編成者:
     法政大学 工学部 教授 工学博士 竹内 則雄

★彡  詳細はこちら↓↓↓
    http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_II_02.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
塑性加工基盤技術コース
〜高品位製品製造のための塑性加工技術と塑性加工理論〜

日程:H21年 9/9 9/10 9/15 9/16 9/17 9/24 9/25  全7日間

  カリキュラム編成者:      東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 柳本 潤 ★彡 詳細はこちら↓↓↓ http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_II_03.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」

射出成形現象工学コース
〜射出成形現象を視る、測る、理解する 〜
日程: H21年 1/4 11/12 11/20 11/27 12/8  全5日間

カリキュラム編成者: 東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 横井 秀俊
★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III01.html

-----------------------------------------------------------------
※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。
  神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡  お問い合せはこちら
教育研修グループ (TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 5 】関係機関のイベント等のご案内
────────────────────────────────────
         ◆  企業間連携・産学公連携で事業化を目指しませんか!
         「かながわコンソーシアム事業2009」支援テーマ募集中
-------------------------------------------------------------------

 「かながわコンソーシアム事業」は、神奈川県内で今後成長が見込まれる 新製造技術、環境など9分野について、中小企業者の提案を、企業・大学研究機関などとの連携により、事業化を促進しようというものです。
採択されると、ビジネスコーディネータによる連携支援、展示会出展の費用の補助などが受けられます。
また、事業化を加速させることができるテーマには共同研究、市場調査などの費用100万円までを支援します(採択テーマのうち3テーマを予定)。

 募集要領、申込用紙などは下記のアドレスよりダウンロードできます。
http://www.kipc.or.jp/content/view/583/115/

 [応募締切]5月22日(金)必着


 [お問合せ]財団法人神奈川産業振興センター
 交流支援課  TEL: 045−633−5192
 E−mail: kouryuu@kipc.or.jp 

────────────────────────────────────
         ◆ 講演会「神奈川県の環境を考える」のご案内
     東京工芸大学みらい博2009 「今になくて、未来にあるモノ」生命環境化学科 企画
--------------------------------------------------------------------

 地球という限られた空間で暮らす私達には、環境についてより正確に理解する努力が求められています。
本講演会は、身近な環境問題を具体的に取り上げることで、環境問題を解決する努力の方向を見出す一助になることを願い企画しました。

日時:2009年5月23日(土)
場所:東京工芸大学 厚木キャンパス 1121教室
本厚木よりバス(東京工芸大学行)約15分(お車でのご来場はご遠慮下さい)

詳しくはこちら http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/access/
参加費: 無料
参加申込: 不要 。但し、席に限りがありますので予約されたい方は、申込用紙に記入の上ファックスするか、同じ内容のメールを下記宛お送り下さい。
席をおとりしておきます(キャンセルの場合は早めにお知らせ下さい)。

東京工芸大学工学部生命環境化学科 chemjimu@chem.t-kougei.ac.jp
電話: 046-242-9513 FAX:046-242-3000

【FAX用申込み用紙 http://www.lssc.t-kougei.ac.jp/pdf/miraikouen.pdf】

プログラム :

 13:00〜
講演「かながわの大気環境と水質環境」 松本 徹 先生
 神奈川県安全防災局工業保安課長
 (前神奈川県環境科学センター調査研究部長)

 14:00〜
講演 「快適空間をつくる光触媒の活躍」 藤嶋 昭 先生
 神奈川科学技術アカデミー理事長 東京大学特別栄誉教授

15:00〜
交流会 (お時間が許す方は是非ご参加下さい)/

────────────────────────────────────
         ◆ 横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク
         第1回大学発シーズ発表会の開催 〜現実的な再生医療の展開を目指して〜
---------------------------------------------------------------------

今年度のシーズ発表会は、ライフサイエンス分野で医療、創薬、機能性食品など広くテーマを求めながら、それぞれのビジネス領域により現実的に展開を 目指す研究シーズについて、先端的研究を進められている先生方にご講演いた だきます。
また、単に発表会開催で終わらせるのではなく、シーズ発表会をきっかけとして国の事業などを活用した事業化をめざして研究会を運営しています。

第1回の今回は、医療現場でまさに実施されることを目指されている再生医療について、3人の先生にその研究成果についてご講演頂きます。

講演終了後、名刺交換会を開催致します。是非ご参加ください。

テーマ: 現実的な再生医療の展開を目指して
日 時: 平成21年6月4日 (木) 14:00〜18:00
参加費: 2,000円
会 場: 横浜文化体育館 平沼記念レストハウス (3号室)
 http://www.yspc.or.jp/buntai/access.htm

お申込み: ホームページ www.yk-bio.net よりお申込みください。
プログラム   http://yk-bio.net/2030.html

14:10〜15:10
講演1『組織接着剤、止血材、リフティング材、及び創傷被覆材としての 光硬化性キトサンハイドロゲルの応用』防衛医科大学校 防衛医学研究センター 教授  石原  雅之 氏

15:20〜16:20
講演2『ヒト組織体性幹細胞を用いた再生医療の実用化とその治療戦略』
聖マリアンナ医科大学 形成外科教室 准教授
聖マリアンナ医科大学 大学院先端医学研究施設  准教授  井上 肇 氏

16:30〜17:30
講演3 『創傷治癒と皮膚再生医療』
北里大学医療衛生学部再生医療・細胞デザイン研究施設施設長・教授  黒柳  能光 氏
17:30〜18:00
名刺交換会

【お問合せ先】
横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク事務局
財団法人  木原記念横浜生命科学振興財団
電話:  045-502-4810 FAX: 045-502-9810
WEB:  www.yk-bio.net E-mail: info@yk-bio.net 

────────────────────────────────────
         ◆ u-Kanagawa推進協議会
         情報セキュリティセミナー(第1回〜第4回)
----------------------------------------------------------------------
○第1回情報セキュリティセミナー
開催日時 6月16日(火) 14時30分〜17時
会 場 相模原商工会議所 第4研修室(本館4階)
      (JR横浜線相模原駅南口からバス8分)
テーマ ホームページの情報セキュリティ対策
講 演 リコー・ヒューマン・クリエイツ(株)
         リコー情報セキュリティ研究センター 副所長 広口 正之氏
事例紹介 (株)マイノリティーラボ 代表取締役 篠田 幸一氏

○第2回情報セキュリティセミナー
開催日時 :6月23日(火) 15時〜16時40分
会 場 :川崎商工会議所 講堂
      (JR川崎駅から徒歩3分。京浜急行線京急川崎駅から徒歩1分)
テーマ :中小企業にとっての迷惑メール対策
講 演 :ITサポート源内 代表 程田  和義氏
      ※パソコンを使用した実演も実施予定。

○第3回情報セキュリティセミナー
開催日時: 7月9日(木)15時〜16時40分
会 場 : 横須賀商工会議所 多目的ホールC
     (京浜急行線県立大学駅から徒歩10分)
  テーマ: コンピュータウイルスの知識とその対応
講 演: 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員 柿本  圭介氏

○第4回情報セキュリティセミナー
開催日時: 7月16日(木)15時〜16時40分
会 場 : 相鉄岩崎学園ビル 809号室(横浜駅きた西口から徒歩1分)
テーマ : 中小企業に求められる情報セキュリティの基礎知識
講 演 : (株)横浜ITサポート 代表取締役 小杉 史郎氏

詳細URL: http://www.u-kanagawa.gr.jp/information/info20090616.html

主催: u-Kanagawa推進協議会

共催・協力: 相模原商工会議所、川崎商工会議所、横須賀商工会議所、
県央地域産業振興協議会・横須賀三浦地域産業振興協議会

申込み: 詳細URLから申込みフォームでお申込みください。

問合せ先: u-Kanagawa推進協議会事務局(神奈川県商工労働部産業活性課内)

電話 045-210-5562

────────────────────────────────────
         ◆ バイオベンチャー人材活用事業募集のお知らせ
         神奈川県商工労働部産業活性課
------------------------------------------------------------------------
神奈川県では、中小・ベンチャー企業の人材不足対策と連携による研究開発を 支援するため、国の雇用対策の交付金を活用し、県内の企業、大学、研究機関 が中核となった事業化プロジェクトの支援に取り組みます。

応募要件:

1  平成23年度までの申請者が設定した年限で、一定の成果を出すことが可能 であり、開発にかかる基本的な特許が登録又は申請済みであること 2  県内の企業、大学、研究機関が中核となり、バイオベンチャーを含む3つ 以上の団体が連携したプロジェクトであること 3  支援終了後、ベンチャー創業や構成団体等において事業として展開することが見込まれ、全体で概ね6人を新規雇用することが可能なプロジェクトであること

支援内容:
1  採択予定件数 3件
2  支援額 1件当たり5,250万円を上限として案件ごとに決定した額。
ただし、新規雇用者の人件費割合が50%超。
3  支援期間 契約締結後、翌年3月31日まで。ただし、継続希望があれば別途審査。

募集期間・応募方法:
平成21年5月25日から7月3日までに、所定の様式に記載の上、プロジェクトメンバーの連名でご応募ください。

詳細、申し込み方法はホームページをご覧ください。
URL: http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/sangyo/hurusato/index.html

問い合わせ先:県産業活性課 品川   電話(045)210-5564

======================================================================
このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しております。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をしてまいります。

KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】 メールマガジンの配信を希望されない方:
【メールマガジン配信停止フォーム】 より行って下さい。
【2】 別のアドレスへの配信を希望される方:一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」 に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2009
掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 総務企画グループ
======================================================================


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  KASTメールマガジン  第50号 (2009.5)


 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

<← 閉じる →>