<← 閉じる →>

◆-◇-◆ KASTは今年創立20周年を迎えました ◆-◇-◆

┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第52号 (2009.7)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

 

夏本番!海へ、山へ、そして行楽地へ色々とレジャー計画を立てられている 方も多いことでしょう。楽しい夏の思い出が、いっぱい出来るといいですね。
ただ、先週あたりから気温がグーンと高くなってきています。旅先や行楽地で 熱中症にかからないよう十分にご注意下さい。予防としては常に水分の補給を、 また過激なスポーツなどで大量の汗をかいた時には水分のほか、塩分の補給も 行なうことが良いようです。

今年も暑い夏になりそうですが、引き続き、KASTメールマガジンをよろしく お願いします。

 

◆◆ 第 52 号 内 容 ◆◆

■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
   ┗・-夏休み特別企画「光触媒おもしろ実験教室」のお知らせ
┣・2 -KAST教育講座のご案内
  ┣・3 -高度計測センター 受託分析のご紹介
  ┗・4 -関係機関のイベント等のご案内
┗・-かながわ発・中高生のための大学セミナー

   ◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 1 】KASTのトピックス

────────────────────────────────────
◆ 夏休み特別企画「光触媒おもしろ実験教室」のお知らせ
〜 今年もKAST「光触媒ミュージアム」にて開催 〜
----------------------------------------------------------------------

毎年、好評をいただいている「光触媒おもしろ実験教室」も今年で5回目を 迎えます。
お子様方に、さまざまな実験を通して光触媒が日常生活にどのよう に役立っているのかをご理解いただき、さらには広く理科全般に、興味を持つ きっかけとなることを期待しています。
 夏休みの自由研究のヒントとしてもご活用いただけますので、是非お子様と 一緒に、光触媒ミュージアムにご来館ください。

日 時 : 7月31日(金)〜8月21日(金)の毎週火曜日と金曜日10:30から1時間程度(但し、8/11と8/14はお休みです)
 会 場 : 光触媒ミュージアム(かながわサイエンスパーク西棟1階)
 参加費: 無料
 参加方法:開催日の開始時間に直接光触媒ミュージアムにお越しください。
     (10名以上の団体の場合は事前にご予約ください)
実験内容:スタンプの色が消える/落書きが簡単に消える/曇らない鏡、など

また、おかげさまで「光触媒ミュージアム」は入館者数が4万人を超えました。
今後も企画展の充実など、ますます展示内容の魅力アップを図ります。
どうぞご期待ください。

★彡 詳細はこちら
 http://www.newkast.or.jp/event/event_090731.html

★彡 お問い合わせはこちら
 光触媒ミュージアム(TEL:044-814-5096 MAIL: museum@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

 

【 2 】KAST教育講座のご案内
─────────────────────────────────―――
  製品に付加価値を生み出す高精度の加工技術―
---------------------------------------------------------------------- 今回ご案内する講座のメニュー-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:9月〜12月実施

<高度なものづくり>
★塑性加工基盤技術コース
 ★射出成形現象工学コース
  ★Excel VBAによるFEMプログラミング入門コース
   ★マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース

<バイオテクノロジー>
★システムバイオロジーと合成バイオロジーの展開コース
 ★機能性RMAコース

:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

製品の「信頼性」が問われる時代、高精度、高品位のものづくり技術は、 製品そのものの付加価値を高めることにつながるといわれています。
圧延・鍛造・プレスなど、金属加工のための「塑性加工技術」、プラス チック成形加工プロセスを理解する「射出成形現象工学」。
これらの講 座では、時代が変わっても変わることなく必要とされる技術領域の基礎、 考え方を学びます。

これら高精度の加工に不可欠とされるのが、有限要素法などに基づくシ ミュレーション技術。
「Excel VBAによるFEMプログラミング入門」コースは、実際にプログラ ミングを行うことで、FEMの理論や知識をどう活用すればよいか、を身に つけることができます。

一方で、マイクロからナノのスケールに及ぶ微細な加工技術を用いて新たな化学分析システムを構築するμ-TASや、超小型センサーなどの実用化に期待が高まるMEMSの技術。
「マイクロマシン・MEMS研究の最新動向」コースでは、そのエッセンスについて知ることができます。
この他に、ポストゲノム時代の注目物質として研究開発が進む「RNA」をテーマとした講座、そして生命のもつしなやかな強さに着目した、シ ステムバイオロジーのコースなどもございます。
この機会にぜひご受講ください!

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   塑性加工基盤技術コース
   〜高品位製品製造のための塑性加工技術と塑性加工理論〜

  日程:H21年 9/9 9/10 9/15 9/16 9/17 9/24 9/25  全7日間

  カリキュラム編成者:
     東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 柳本 潤

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_II_03.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   射出成形現象工学コース
   〜射出成形現象を視る、測る、理解する 〜

  日程:H21年 11/4 11/12 11/20 11/27 12/8 全5日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 横井 秀俊

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III01.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   Excel VBAによるFEMプログラミング入門コース
   〜プログラムで身につけるFEMロジック 〜

  日程:H21年 10/7 1日のみ
  カリキュラム編成者:
  法政大学 教授 工学博士 竹内 則雄
★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III03.html

▽▲▽-------------------------------------------「バイオテクノロジー」
   システムバイオロジーと合成バイオロジーの展開コース
  日程:H21年 10/26 10/27 10/28  全3日間
  カリキュラム編成者:
  理化学研究所 横浜研究所GSCアドバイザー 八尾 徹

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III02.html

▽▲▽-------------------------------------------「バイオテクノロジー」
   機能性RNAコース
〜機能性RNASの歴史と応用展開〜
  日程:H21年 9/15  9/16 全2日間
  カリキュラム編成者:
  産業技術総合研究所 バイオメディシナル情報研究センター
                  研究技術統括 渡辺 公綱

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_II_04.html

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース
   〜基礎技術から応用製品まで〜

  日程:H21年 11/13 11/16 11/20  全3日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 藤田 博之

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III04.html

-----------------------------------------------------------------

※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。
  神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら

  教育研修グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 3 】高度計測センター 受託分析のご紹介
─────────────────────────────────―――
         ◆ 分析機器の紹介:表面分析装置 
〜X線光電子分光分析装置(XPS)、走査型オージェ電子分光分析装置(SAM)〜
------------------------------------------------------------------------
 物質の表面と内部の性質は全くといっていいほど違う性質を持っています。

例えばステンレスがなぜ錆びにくいかというと―ステンレスは、鉄にクロムという金属を添加した合金です。その表面が、空気中の酸素によって酸化されて0.005μm (5 nm)程の極めて薄い、化学的に安定したクロム酸化膜(不働態皮膜)で覆われているからです。
この極表面に形成された皮膜がステンレスの錆の発生を防いでいます。

このように、物質の実用面での特性は、極表面の性質に大きく依存します。
そこで表面の情報のみを得ることが大変重要なのです。

  XPS、SAMは物質の極表面の組成元素を調べることができる表面分析装置です。 < > *X線を用いて分析を行います。絶縁物試料、有機物も表面分析が可能です。

<<応用例>>

*物質表面の変質、変色や付着物などの分析 *金属、有機、半導体表面の評価 
*薄膜(多層膜)の深さ方向への組成・結合状態・拡散状態の分析

<>
*電子線を用いて分析を行います。微小部の定性分析ができます。
<<応用例>>
*表面酸化、不動態化評価
*腐食現象の解析
*粒界偏析、拡散
*接点不良解析 など

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター (TEL:044-819-2105  MAIL:mcl@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇ 

【 4 】関係機関のイベント等のご案内
────────────────────────────────────

◆ かながわ発・中高生のための大学セミナー
〜”理工系の魅力”科学の世界をのぞいてみよう!〜
------------------------------------------------------------------------
 将来の研究開発機能を担う人材を養成するため、進路選択を間近に控える高校生や中学生が理工系分野への理解を深め、理工系への進学のきっかけをつかんでいただくために、理工系分野の魅力を伝えるためのセミナーを開催いたします。
“理工系の魅力”を知ることができる盛りだくさんの企画を用意しており、是非ともご参加ください。

日 時:平成21年8月25日(火)、26日(水)10時から17時30分

会 場:新都市ホール(そごう横浜店9階) ※ 横浜駅東口から徒歩約5分

参加大学等:青山学院大学、神奈川大学、神奈川工科大学、関東学院大学、
慶應義塾大学、湘南工科大学、桐蔭横浜大学、東海大学
、 明治大学、横浜国立大学、(財)神奈川科学技術アカデミー

 内 容:会場をセミナー会場と展示会場に分け、平行して各行事を開催します。
 費 用:無料

【セミナー会場】

≪8月25日(火)≫
○ 講演(各50分)*申込制(定員各300名・先着順)
 人工知能研究で著名な青山学院大学の原田実教授、高速プラスチック光ファイバーの権威である慶應義塾大学の小池康博教授、FIA公認ソーラーカーレースで学生チームを優勝に導いた東海大学の木村英樹教授に講演いただきます。

○ フリートーク(60分)
 「なぜ理工系を選んだのか」をテーマに、大学院生や工学部の学生が生の声で 語ります。

≪8月26日(水)≫
○ リレー講座(各30分)
 「大学における理工系の魅力」をテーマに、教授等による理工系9分野の講座を実施します。

【展示会場(両日とも)】

○ ミニ実験コーナー
 なかなか見ることのできない大学教授等による最先端の実験を体験することができます。
○ 成果展示・トークショー
 最新の研究成果について、研究者自らが開発までのエピソード等を紹介します。
○ 現役理工系大学生によるミニ相談コーナーなど

<申込み>
 8月25日(火)に実施するセミナー会場の「講演(定員:各300名/先着順)」に参加を希望する場合は、事前のお申込みが必要となりますので、以下のホームページまたは、電話、ファックス、郵送(@参加希望講演名、A氏名(フリガナ)、B連絡先[住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレスのいずれか]を明記)にてお申込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。
 なお、その他の各行事については、申込み不要です。

(パソコンサイト)
      http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/01/0102/kagaku/index.html
(携帯サイト)
      http://www.pref.kanagawa.jp/i/01/0102/kagaku/index.html

<問い合わせ先>
    神奈川県 政策部 総合政策課科学技術・大学連携室 
電話 045-210-3071 (直通) FAX 045-210-8819


======================================================================  このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しております。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2009
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 総務企画グループ
======================================================================

<← 閉じる →>