<← 閉じる →>
◆-◇-◆ KASTは今年創立20周年を迎えました ◆-◇-◆

┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第54号 (2009.9)

 発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

9月も半ばを過ぎ、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね!
日が落ちて暗くなる頃には、うちの周りは虫の声で大変に賑やかです。

ところで、今年は9月21日が「敬老の日」ということで土日を含めると5連休と なり、ゴールデンウィークにひっかけて「シルバーウィーク」と言われている ようです。それを知って来年の9月も5連休になること期待し、2010年の暦を 確認された方もいたことでしょう。しかし、残念ながら来年はいつものように 3連休のようで、次に5連休となるのは2015年とか・・・・?

 今月号も話題満載、KASTメルマガをご一読願います。

               

◆◆ 第 54 号 内 容 ◆◆

■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
   ┣・-航空宇宙産業参入フォーラムを開催します!
┗・-「かながわ科学技術フェア2009」のご案内
┣・2 -KAST教育講座のご案内
┣・3 -KAST研究プロジェクトの活動情報
┣・4 -高度計測センター 受託分析のご紹介
┗・5 -関係機関のイベント等のご案内
   ┣・-ナノフォトニクス塾―初級コース/中級コースのご案内
   ┣・-第2回大学発シーズ発表会の開催
   ┣・-協創マッチングフォーラム開催のご案内(9/29)
   ┗・-『山口大学 産学交流サロン』のご紹介

  

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 1 】KASTのトピックス
──────────────────────────────────── 
                ◆ 「平成21年度 KASTフォーラム2」のご案内
          〜 航空宇宙産業参入フォーラムを開催します! 〜
------------------------------------------------------------------------
「KASTフォーラム」では、科学技術に関する有用な最新情報を分かりやすく ご提供しています。今年度第2回目となるフォーラムの内容をご紹介いたします。

KASTフォーラム2 「航空宇宙産業の展望と新規事業参入ビジネスモデルを探る」

〜グレン・S・フクシマ エアバスジャパン(株) 代表取締役社長および トーマス・ブレケンリッジ ボーイング・ジャパン社 業務統括兼戦略本部長 の参加が決定〜

KASTでは、高度技術を活用し、異分野事業としての航空宇宙産業への参入を 目指す皆様を対象に、その技術戦略および今後の展望を探るためのフォーラム を2日間で開催します。是非、ご参加下さい。

[1日目] 
 日 時:平成21年10月27日(火)13:30〜18:00
 会 場:KSPホール(川崎市高津区坂戸3-2-1)
 定 員:200名程度(先着順)
 参加費:一般は3,000円 (KAST個人賛助会員年会費として充当させて頂き、 個人賛助会員の各種サービスが受けられます。) 、KAST賛助会員・学生の方々は無料です。

[2日目]
 日 時:平成21年11月19日(木)13:30〜17:30
 会 場:川崎市産業振興会館(川崎市幸区堀川66-20)
 定 員:200名程度(先着順)
 参加費:無料

★彡 申し込みについて
「氏名(ふりがな)、勤務先(企業名、住所、所属名・役職名、電話、E-mail)、 参加希望日」を記載のうえ、FAXもしくはE-mailで、下記までお申込み下さい。

<お問い合わせ・お申込み先>
教育情報グループ
(TEL:044-819-2032、FAX:044-819-2097、MAIL:se@newkast.or.jp)

────────────────────────────────────
   ◆「かながわ科学技術フェア2009」のご案内
〜神奈川県の「科学技術」の力〜 「神奈川県試験研究機関等活動発表会」
------------------------------------------------------------------------
神奈川県では、多くの県民の皆様が科学技術と触れ合っていただく場として、 県の試験研究機関などの活動内容や研究成果を展示・紹介する「かながわ科学 技術フェア2009」を開催します。

 日 時:平成21年10月18日(日) 11:00〜18:00
           19日(月) 10:30〜17:30

 会 場:新都市プラザ(そごう横浜店地下2階正面入口前)
     ※ ご来場の際には、公共交通機関をご利用ください。

 主 催:神奈川県
 共 催:(財)神奈川科学技術アカデミー(KAST)
     かながわ研究交流推進協議会(KANAX)
 後 援:文部科学省

 内 容:県試験研究機関などの活動や研究成果を紹介するポスターなどの展示
     ミニ発表会(発表テーマ等については、裏面をご覧ください。)
     ※申込不要、入場自由

<参加機関>
温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、農業技術センター、
畜産技術センター、水産技術センター、衛生研究所、産業技術センター、
がんセンター臨床研究所、(財)神奈川科学技術アカデミー、かながわ研究交流 推進協議会

<問い合わせ先>
神奈川県政策部総合政策課科学技術・大学連携室
TEL 045-210-3071 FAX 045-210-8819

★彡 詳細はこちら↓↓↓
携帯用HP http://www.pref.kanagawa.jp/i/01/0102/kagaku/fair/index.html
PC用HP http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/01/0102/kagaku/fair/index.html

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇ 

【 2 】KAST教育講座のご案内
─────────────────────────────────―――
  ◆ 高度なものづくりが広げる安全で快適な人々の生活―。
------------------------------------------------------------------------
今回ご案内する講座のメニュー-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:10月〜12月実施

<高度なものづくり>
 ★射出成形現象工学コース
  ★マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース

<分野融合領域>
★システムバイオロジーと合成バイオロジーの展開コース
★マイクロ化学チップの要素技術コース
★医療用具の強度評価におけるFEAシミュレーション活用

<科学技術マネジメント>
★実務者のための強くて良い特許網の構築コース

<KAST e-勉強会  ヤカン講座>
◆製造現場で考える環境規制3

:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

医療や食生活をはじめ、ワークライフバランスの問題など、人々が健康で快適に 生きるには?といった話題にひときわ注目が集まる時代となりました。

生命科学やバイオテクノロジー分野の発展により、未知の生命現象や複雑な生体 機能の解明が進んできました。そこで発見された新しい知見や知識に基づいて実 用化や製品化を行う場合、実は高精度な加工技術やものづくりの技術が欠かせま せん。バイオとものづくりが相互に融合していく領域に未来の技術がある、とも いえるでしょう。

そして、いま世界各国が急ピッチですすめる地球温暖化対策。
環境技術の開発に加えて、金融システムや雇用問題などと結びつける、新しい視 点に立った政策やビジネスが展開されようとしています。

10月下旬から12月にかけて、KASTではこうした問題をテーマにした講座を開講いた します。

みなさまのご受講をお待ちしております!

▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   射出成形現象工学コース
   〜射出成形現象を視る、測る、理解する 〜

  日程:H21年 11/4 11/12 11/20 11/27 12/8 全5日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 横井 秀俊

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III01.html



▽▲▽-------------------------------------------「高度なものづくり」
   マイクロマシン・MEMS研究の最新動向コース
   〜基礎技術から応用製品まで〜

  日程:H21年 11/13 11/16 11/20  全3日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 藤田 博之

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III04.html

▽▲▽-------------------------------------------「分野融合領域」
   システムバイオロジーと合成バイオロジーの展開コース
  日程:H21年 10/26 10/27 10/28  全3日間
  カリキュラム編成者:
  理化学研究所 横浜研究所GSCアドバイザー 八尾 徹

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III02.html

▽▲▽-------------------------------------------「分野融合領域」
   マイクロ化学チップの要素技術
   〜設計・開発のエッセンスを知る〜

  日程:H21年 11/27 12/3 12/10 全3日間

   カリキュラム編成者:
  東京大学 教授  工学博士 北森 武彦

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III05.html

▽▲▽-------------------------------------------「分野融合領域」
   医療用具の強度評価におけるFEAシミュレーション活用
  〜審査ガイドライン変更に対応したFEAシミュレーションの基礎と活用例〜

      日程:H21年 11/24, 25, 26 全3日間

   カリキュラム編成者:
  京都大学 名誉教授/日本大学 特任教授 堤 定美
★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_III06.html

▽▲▽-----------------------------------「科学技術マネジメント」
   実務者のための「強くて良い特許網の構築」コース
   〜「競合他社の参入を防ぎ、訴訟に耐える」知財戦略〜

      日程:H21年 10/8, 9, 30 全3日間

   カリキュラム編成者:
  宇都宮大学 知的財産センター長/教授  山村 正明

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_I_01.html

▽▲▽-----------------------------------「e-勉強会 ヤカン講座」
   製造現場で考える環境規制3
   〜化学物質規制の最新動向からカーボンフットプリントのしくみまで、     いま「環境」のために何を始めればいいのか〜

      日程:H21年 10/29, 11/6, 10, 17, 12/11 全5日間
(最終日を除き、すべて18:30からの開催です)
   カリキュラム編成者:
  (社)産業環境管理協会 チーフエンジニア 松浦徹也/KAST
★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_E_seminar1.html

-----------------------------------------------------------------

※教育講座は、KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。
  神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。
★彡 お問い合せはこちら  
教育情報グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

【 3 】KAST研究プロジェクトの活動情報
────────────────────────────────────
◆ バイオテクノロジーの展示会「バイオジャパン2009」に参加します!
  〜 食の安全・安心プロジェクト・他 〜
------------------------------------------------------------------------
健康、環境(グリーンバイオ)、食糧(機能性食品・GMO)、クラスター&ベンチャー の4つの主軸テーマを設定した「バイオジャパン2009」がパシフィコ横浜で開催 され、KASTも横浜市、(財)木原記念横浜生命科学振興財団、神奈川県、(株)ケイ エスピーと共同で『横浜・神奈川パビリオン』を出展します。

KASTは、神奈川県の産学公が一体となり研究を進めている「食の安全・安心プロ ジェクト」の最新の研究成果をご報告いたします。また、最終日の10月9日の午後 には、同プロジェクトの研究テーマの一つ、食物アレルギーの解明・予防に関する プレゼンテーションを行います。あわせて、KASTが進めている研究プロジェクト 「一細胞分子計測」プロジェクト、「バイオマイクロシステム」プロジェクト、 「次世代バイオセラミックス」プロジェクトの研究内容をご紹介いたします。

是非、お気軽にお立ち寄りください。

 【バイオジャパン2009】

 会  期 : 平成21年10月7日(水)〜9日(金)10:00〜17:00
 会  場 : パシフィコ横浜 展示ホールC・D
 出展場所 : 小間番号 B200 横浜・神奈川パビリオン
★彡「バイオジャパン2009」の詳細はこちら
 http://expo.nikkeibp.co.jp/biojapan/index.html

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇ 

【 4 】高度計測センター 受託分析のご紹介
────────────────────────────────────
    ◆ 分析の紹介:異物・付着物分析 
------------------------------------------------------------------------
異物・付着物は様々な業種や製品で発生する相談件数の多いトラブルです。
このトラブルを解決するための簡単な流れをご紹介します。

 @顕微鏡による外観観察により、大きさや形、色などを確認。
 A観察情報と発生の周辺環境や状況を基に材質・成分を推定し、分析方法を決定。例えば、目視で単に黒い異物であっても、顕微鏡では金属光沢である ことがあり、その場合は元素分析を行います。

   B分析を実施。

  ・元素分析 : X線マイクロアナライザ(EPMA)、FE-SEMに付属するエネルギー分散型X線分析装置(EDS) ・有機分析 : フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)

   C分析結果から異物・付着物を推定。
  一台の装置で全ての情報が得られる事は無いため、それぞれの分析で得られた 結果を組み合わせ、異物・付着物の材質・成分を推定します。 単純な結果であれば材質・成分の特定が出来る場合もありますが、混合物や 変質などで特定が困難な場合も多々あります。

 D分析結果を基に現場で再調査をお客様が実施し、発生源候補の比較分析を 再依頼。該当する物を探し出します。それを比較分析し、一致した場合、 発生源の特定となります。

異物・付着物に関するご相談は計測センターへ!ご相談は無料です。

★彡 お問い合わせはこちら
 高度計測センター (TEL:044-819-2105  MAIL:mcl@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇ 
【 5 】関係機関のイベント等のご案内
───────────────────────────────────
◆ナノフォトニクス塾―初級コース/中級コース(カリキュラム編成:大津元一)
〜 開講(09年11月、12月)のご案内 〜
------------------------------------------------------------------------
ナノフォトニクス工学推進機構(理事長:大津元一 東京大学大学院工学系 研究科電気系工学専攻 教授)は、<ナノフォトニクス塾>(初級コース、中級 コース)を開講いたします。 新時代を切り拓くナノフォトニクスの基礎から応用までを、しっかりと学んで いただける機会となるものと思います。ふるってのご参加、お待ちしております。

 主 催:ナノフォトニクス工学推進機構
          (理事長 大津元一 http://www.nanophotonics.info/ )

 後 援:財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)、
財団法人光産業技術振興協会(OITDA)

◎初級コース ―光の基本的性質を学ぶ― 
 日 時:11月12日〜13日(2日間)
 受講料:45,000円(教材費、交流会費、消費税含む)
 教 材:先端光技術シリーズ(朝倉書店)
      1.光学入門−光の性質を知ろう(大津元一 編著、田所利康 著)

◎中級コース ―物質の性質とナノフォトニクスの基礎を学ぶ―
 日 時:12月10日〜11日(2日間)
 受講料:50,000円(教材費、交流会費、消費税含む)
 教 材:先端光技術シリーズ(朝倉書店)
      2.光物性入門−物質の性質を知ろう
              (大津元一 編著、斎木敏治・戸田泰則 著)
      3.先端光技術入門−ナノフォトニクスに挑戦しよう
              (大津元一 編著、成瀬誠・八井崇 著)

★なお、中級コース2日目(11日)午後1時半〜4時45分は下記の「フォーラム」と して一般にも公開します。フォーラムのみのご参加も可能です。参加費10,000円。 (中級コース受講生は別途申し込み不要です)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ナノフォトニクスフォーラム「先端光技術が拓く新しいものづくり」
○特別講演「ナノフォトニクスへの期待」 原田 衛(「日経ものづくり」編集長)
○講演「ナノフォトニクスの現在と将来展開」 大津元一(東京大学教授)
○ナノフォトニクスを応用した新規製造技術の開発事例紹介
   東大大津研究室と共同研究を行っている企業の皆さんから。
○パネル討論 <パネリスト>原田衛、大津元一、八井崇、成瀬誠、川添忠 ほか
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

会 場:いずれも、東京大学山上会館

 詳細はこちらをごらんください
 ⇒http://www.nanophotonics.info/seminar.html

 <お問合せ:お申込み>
  NPOナノフォトニクス工学推進機構 研究開発事業部門 田巻一彦
  東京大学大津研究室気付 〒113-8656 東京都文京区弥生2-11-16 工9-219
  TEL:03-5841-1670 FAX:03-5841-1140 e-mail:lecture@nanophotonics.info

────────────────────────────────────
◆横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク 第2回大学発シーズ発表会の開催
       植物・その魅力ある資源 〜有用物質生産への展開〜
------------------------------------------------------------------------
今年度のシーズ発表会はライフサイエンス分野で医療、創薬、機能性食品など 広くテーマを求めながら、それぞれのビジネス領域により現実的に展開を目指す 研究シーズについて、先端的研究を進められている先生方にご講演いただきます。 また、単に発表会開催で終わらせるのではなく、シーズ発表会をきっかけとして 国の事業などを活用した事業化をめざして研究会を運営しています。 第2回の今回は、資源としての植物に着目し、植物による有用物質の生産と その科学的解析について、3人の先生よりご講演頂きます。  講演終了後、名刺交換会を開催致します。是非ご参加ください。

 日 時:平成21年9月24日(木)14:00〜18:00
 参加費:2,000円
 場 所:横浜情報文化センター 7F 大会議室
 http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/6-map.htm
 お申込み:ホームページ www.yk-bio.net よりお申込みください。

【プログラム】
 14:10〜15:10
  講演1 『接木とキメラを用いた品種改良の方法』
      東京農工大学 農学府 国際環境農学専攻 共生科学技術研究院
      生命農学部門 教授 平田 豊氏
 15:20〜16:20
  講演2 『21世紀の「作ると食べる」を切り開くコムギ・トウガラシの
      植物遺伝資源科学研究』
      横浜市立大学 木原生物学研究所 植物遺伝資源科学研究部門
      生命ナノシステム科学研究科 ゲノムシステム科学専攻
      教授 坂 智広氏
 16:30〜17:30
  講演3 『天然甘味成分グリチルリチンの生合成と代謝工学
      〜医食同源のバイオテクノロジー〜』
      横浜市立大学 木原生物学研究所 植物応用ゲノム科学部門
      生命ナノシステム科学研究科 ゲノムシステム科学専攻
        教授 村中 俊哉氏
 17:30〜18:00
  名刺交換会
         講演終了後、名刺交換会を開催致します。
<お問い合わせ先>
  横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク事務局
  財団法人 木原記念横浜生命科学振興財団
  電話: 045-502-4810 FAX: 045-502-9810
  WEB: www.yk-bio.net E-mail: info@yk-bio.net

────────────────────────────────────
   ◆協創マッチングフォーラム開催のご案内(9/29)
------------------------------------------------------------------------
かながわサイエンスパーク(KSP)では、2002年から中小ベンチャー企業と大企業 とのビジネスマッチング事業を行ってきました。
今年も「協創マッチングフォーラム」として4回開催する予定です。

第1回目となる今回は、中小ベンチャー30社の技術プレゼンテーションに加え 「電気自動車が創るニュービジネス」と題したシンポジウムを併設します。

今年から本格的な市場導入が始まる電気自動車を、ビジネスの視点から俯瞰的に 捉え、特に中小企業が新規参入すべき分野について徹底討論します。

新しい事業の展開を模索されている方、ぜひご参加ください。

 日 時:2009年9月29日(火)9:30〜17:00
 会 場:東京ステーションコンファレンス 5階会議室
     (東京駅 八重洲北口改札口より徒歩2分)
 参加費:無料
 定 員:300名(申込先着順)
 主 催:株式会社ケイエスピー
     (本事業は中小企業基盤整備機構の委託事業として実施しております)
【内 容】

 ◎シンポジウム 「電気自動車が創るニュービジネス」
   9:30 開場
  10:00 主催者挨拶、来賓挨拶
  10:20 基調講演
       東京大学 サスティナビリティ連携研究機構
       特任教授 村沢 義久 氏
  11:00 パネルディスカッション
       コーディネータ:東京大学 特任教授 村沢 義久 氏
       パネリスト:
       日産自動車株式会社 フェロー 久村 春芳 氏
       いすゞ自動車株式会社 商品企画統括部 チーフエンジニア 半田 正利 氏
       パーク24株式会社 パーキング総合研究所長 青木 新二郎 氏
       株式会社東京アールアンドディー 代表取締役社長 小野 昌朗 氏
  13:00 終了予定

 ◎ベンチャー中小企業ショートプレゼン(13:15〜15:45)

  全国から30社の優れた成長企業を選んでご紹介します。
  ベンチャー中小企業の技術プレゼンテーション(5分×30社)
  参加ベンチャー企業のご案内は、ホームページに掲載しております。
  ※ホームページ(詳細)はこちら→ http://www.ksp.or.jp/k-forum/

 <参加申込> 下記ホームページの申込フォームによりお申込ください。
    http://blue.tricorn.net/ksp/j.x?v=161&u=21969
 <お問合せ先>
    株式会社ケイエスピー 企画事業部 企画課   電話:044-819-2001
    メール:k-forum@ksp.or.jp URL http://www.ksp.or.jp/k-forum/

────────────────────────────────────
◆第148回産学交流サロン 〜『山口大学 産学交流サロン』のご紹介 〜
------------------------------------------------------------------------
横浜企業経営支援財団の9月の産学交流サロンは、山口大学との提携第2ステージ として4名の先生方をお招きし、山口大学選りすぐりの4つの研究テーマを首都圏 の皆様に紹介します。同時にポスターセッション&交流会を開催します。

是非ご参加ください!
日 時:平成21年9月25日(金) 13:10〜18:30

会 場:関東学院大学 KGU関内メディアセンター
  横浜メディアビジネスセンター8F
※みなとみらい線 日本大通り駅・馬車道駅、JR・市営地下鉄 関内駅 徒歩5分

http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/modules/about1/index.php?id=6#kannaimedia

講 師:合田 公一 氏 大学院理工学研究科 材料信頼性工学 教授
     喜多 英敏 氏 大学院理工学研究科 循環環境工学 教授
栗巣 普揮 氏 大学院理工学研究科 エネルギーデバイス工学 准教授
     江頭 港  氏 大学院理工学研究科 精密化学工学 准教授

参加費:1,000円/1名 (当日会場にて申し受けます)
主 催:(財)横浜企業経営支援財団、(社)横浜市工業会連合会
<お申込み・詳細はこちら>
   http://joint.idec.or.jp/koryu/090925.php
<お問合せ> (財)横浜企業経営支援財団産学連携課
Tel:045-225-3733 E-mail:joint@idec.or.jp

======================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しており ます。KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・ 保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html
 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html
【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして

  下さい。 【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

======================================================================
 Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2009
 掲載記事の無断転載を禁じます。
   〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
   発行:企画調整部 企画調整課 総務企画グループ
======================================================================

 
<← 閉じる →>