<← 閉じる →>

◆-◇-◆ KASTは今年創立20周年を迎えました ◆-◇-◆

┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   KASTメールマガジン  第57号 (2009.12)

   発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

  今年も残すところ、あとわずかになりました。世の中はスッカリ、X'masムードですね! 日が暮れ始めるころ、町のあちこちで、眩いばかりに輝くイルミネーションが更に気分を 盛り上げてくれます。♪♪ We wish you a Merry X'mas ・・・・♪♪
・・・とは言うものの、景気はなかなか上向かず、お財布の紐も硬くなりがちで、『今年 のイブは外出せずに自宅でパーティー』という方も多いことでしょう。みんなでワイワイ 準備するのも、それはまた、きっと良い思い出になることと思います。

 さて、今年も一年間、KASTメルマガをご愛読頂き、誠にありがとうございました。
来年もまた、読者の皆様にとって良い年になりますように、心からお祈り申し上げます。

           ◆◆ 第 57 号 内 容 ◆◆
■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
┗・-「ペットボトルリユース適性評価試験」実施
┣・2 -平成21年度かながわサイエンスカフェ2(H22/2/5開催)
┣・3 -KAST理科実験室3のお知らせ(再掲載)
┣・4 -KAST教育講座のご案内
  ┣・5 -KAST登録特許情報
  ┗・6 -関係機関のイベント等のご案内
┣・- 実効型パテントソリューションYOKOHAMA2010のご案内
┗・- 『第4回協創マッチングフォーラム』開催のご案内

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

【 1 】KASTのトピックス
──────────────────────────────────────
◆ 「ペットボトルリユース適性評価試験」実施
       −KASTプロジェクト成果の応用展開−
----------------------------------------------------------------------------
 KAST『環境調和型機能性表面プロジェクト』では、大気圧プラズマ技術による表面 改質の取り組みを実施しております。今回は、慶應義塾大学・KASTが本年度採択され た経済産業省「低炭素社会に向けた技術発掘・社会システム実証モデル事業」の一環と して実施する「新表面改質法を適用したペットボトルのリユース適性評価試験」に ついて紹介します。

 日本では、現在ペットボトルを回収・洗浄して再利用する取り組みは実施されてい ません。何故なら、ペットボトルはガラス瓶と異なり、ペット樹脂表面に臭いや汚れ が染み込みやすく、消費者の要求品質を維持することが困難だからです。

 ペットボトル内側に炭素薄膜(DLC:ダイヤモンドライクカーボン)を被覆して臭い や汚れを防ぐ取り組みも進められていますが、従来のDLC被覆技術をリユースに 用いるには、密着性等に問題がありました。

 本研究では、DLC被覆の前処理に、大気圧プラズマ処理を適用することで、基材 への密着性をより高めることに成功しました。この工程によってリユースに耐えうる 強度のDLC薄膜を形成し、リユース可能なペットボトルが作製できると考えられ ます。

 今回の評価では、表面改質をしたペットボトルのリユース試験、およびモニターに よる外観評価を実施しています。

★彡 記者発表資料についてはこちら
http://www.newkast.or.jp/kisya/press_091210.html
★彡「環境調和型機能性表面プロジェクト」の詳細はこちら
http://www.newkast.or.jp/innovation/sangakukou/iv_kankyou.html

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆ 

【 2 】イベントのご案内 ☆参加者を募集します!☆
──────────────────────────────────────
◆ 平成21年度かながわサイエンスカフェ2(H22/2/5開催)
「トップアスリートの競技力向上のための驚くべきトレーニングとは」
    ─高地トレーニングの現場から研究者・監督・オリンピック選手が語る─
----------------------------------------------------------------------------
 KASTでは、くつろいだ雰囲気の中、科学技術にまつわるトピックスを、楽しい会話 と最新の映像を交えて提供する「かながわサイエンスカフェ」を開催しています。本 年度第2回目となる今回の内容をご紹介します。

   高地トレーニングの独自理論を生かして目覚しい成果を挙げている東海大学水泳部 から、北京オリンピックで7位入賞した金藤選手や監督・研究者を招き、最先端のトレ ーニング方法を語って頂きます。また、一般の方でも実践できるメタボ防止・体質改 善等に役立つ高地トレーニング方法についてもご紹介します。

 日 時:平成22年2月5日(金) 13:30〜15:30
 会 場:701会議室 かながわサイエンスパーク(KSP) 西棟7F
 定 員:60名程度(先着順)
 対 象:ご興味のある方ならどなたでも
 参加費:500円(税込み) [コーヒー代として]

★彡 詳細はこちら
http://www.newkast.or.jp/event/event_100205.html

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

【 3 】KAST理科実験室3のお知らせ(再掲載:第56号でもお知らせしました!)
──────────────────────────────────────
◆ 「レンズと水を通じて、モノを見てみよう」 〜夕陽が赤いのは何故?〜
------------------------------------------------------------------------------
 KASTでは、主に県内の小学生を対象に「KAST理科実験室」を開催します。
今回の教室では、レンズと水を使って、光のデモや実験を行います。光の特性を利用 すると、モノの見え方が大きく変わることを体験しませんか。

 日 時:平成22年1月23日(土)13:00〜15:00
 会 場:KSP西棟701会議室
     (川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西棟7階)
 定 員:30名(先着順)
 対 象:小学校3年生〜6年生[推奨学年6年] (一般・保護者の方は、見学のみ可能。)
 参加費:無料

★彡 詳細はこちら
http://www.newkast.or.jp/event/event_100123.html

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆ 

【 4 】KAST教育講座のご案内
──────────────────────────────────────
◆ ものづくりとバイオ、これからの技術動向を探る。
----------------------------------------------------------------------------
 今回ご案内する講座のメニュー-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:1月〜2月実施

<高度なものづくり>
 ■切削・研削加工の新しい流れコース・・・・好評受付中です!
 ■めっき技術の最先端と新展開・・・・・・人気のコースを今年も開講!

<バイオテクノロジー>
 ■In vivo実験医学の技術革新とヒトへの応用コース・・・新規開講です!
  ■糖鎖科学・糖鎖工学への招待コース・・・人気の基礎コースです!

★★便利な1日単位の選択受講も承っております★★
★★KASTの教育講座は、能力開発機構の「キャリア形成促進助成金」や
  「中小企業緊急雇用安定助成金」の対象となります。★★
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

生命科学やバイオテクノロジー分野の発展により、未知の生命現象や複雑な生体機能 の解明が急速に進み、難病の治療法にも寄与する発見が次々に報告されています。
バイオ・医療などの分野でも、優れた知見や技術を実用化・製品化に結び付けようと するとき、高精度の加工技術やものづくりの技術が欠かせません。
一方、その加工技術の中で注目を集めるキーワードの一つが「表面」。
機能を付加する/微細な加工を施す/硬い面を創りだす・・・。
表面をどのようにつくり出すかによって、部材や最終製品の性能が左右される場合も あります。バイオとの関わりの中でも、重要なポイントになります。

来年1月から2月にかけての教育講座は、「ものづくり」と「バイオ」それぞれの分 野で、新たな技術動向を探りたいとお考えの方々にお薦めしたい内容になっています。
この機会をぜひご活用ください。

みなさまのご受講をお待ちしております!
▽▲▽--------------新規開講です!!-------------「高度なものづくり」
   めっき技術の最先端と新展開
   〜〜高精度,多機能の表面を創成するものづくり技術の可能性〜

  日程:H22年  2/9 2/10   全2日間
  カリキュラム編成者:   早稲田大学 先進理工学部 教授 工学博士 本間 敬之

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_IV06.html


▽▲▽--------------新規開講です!!-------------「高度なものづくり」
   削る、制御する、高機能表面を創る
        ―切削・研削加工の新しい流れコース
   〜多軸・難削材・微細加工の最前線を知る〜

  日程:H22年  1/19 1/25 1/26  全3日間
  カリキュラム編成者:
  東京大学 生産技術研究所 教授 工学博士 帯川 利之

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_IV02.html

▽▲▽-------------------------------------------「バイオテクノロジー」
   In vivo実験医学の技術革新とヒトへの応用
      日程:H22年 1/13 1/19 全2日間

   カリキュラム編成者:
  慶應義塾大学 医学部 教授 末松 誠

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_IV01.html

▽▲▽-------------------------------------------「バイオテクノロジー」
   糖鎖科学・糖鎖工学への招待    〜糖鎖を知る、見る、創る、使う(基礎研究から応用へ)〜

  日程:H22年 1/25 1/26 全2日間

カリキュラム編成者:
  東海大学 糖鎖科学研究所 所長/教授 鈴木 明身

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed21_IV03.html
------------------------------------------------------------------------------
※KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。
神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら  
教育情報グループ(TEL:044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)
===============================================================================

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

【 5 】KAST登録特許情報

KASTは、KASTの研究成果を積極的に企業に移転し、新事業・新産業創出への貢献を 目指しています。
──────────────────────────────────────
             ◆ 特許登録情報(6)
----------------------------------------------------------------------------
◆ 特許登録情報 11 ◆

(発明の名称)「光ファイバプローブ」
(登録番号) 特許第3053380号 (2000.4.7)
(発 明 者) 興梠元伸、八井崇、大津元一

屈折率がnのコアと上記コアの周囲に形成されたクラッドと上記クラッドの周囲に 形成された遮光性被覆層からなり、入射された光を上記コア内部で伝搬する光伝搬 部と、上記光伝搬部側から上記遮光性被覆層の開口が次第に小となされ、上記光伝 搬部からの光を集光して、複数の光ピークを有する光を出射開口から出射する先鋭 部とを備え、上記先鋭部の出射開口の直径をD[nm]とし、αを1.0〜2.2の範囲内 の値を有する定数とし、λ[nm]を上記出射開口から出射する光の波長としたとき、 D=αλ/n を満たすことを特徴とした光ファイバプローブ。

◆ 特許登録情報 12 ◆

(発明の名称)「集光素子の製造方法」
(登録番号) 特許第3023085号 (2000.1.14)
(発 明 者) 興梠元伸、八井崇、大津元一
板の一方の面から他方の面に向かって開口が次第に小とされ、頂部に微小開口を形 成した放物面であって、微小開口から他方の面に近接場を発生させる凹部を複数形 成する凹部形成工程と、光透過性を有し、外部空間とは屈折率が異なる感光液を上 記一方の面側から塗布して上記凹部内に感光膜を形成する感光膜形成工程と、他方 の面から露光を行う露光工程と、開口部内に形成された感光膜のうち、上記露光工 程で硬化されていない感光膜を除去する感光膜除去工程とを有し、凹部内に半球レ ンズを形成する。

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

【 6 】関係機関のイベント等のご案内
──────────────────────────────────────
◆ 新商品開発のヒントを見つけよう!!
実効型パテントソリューションYOKOHAMA2010のご案内
------------------------------------------------------------------------------
 技術移転に転用できる技術を保有する方々に、その技術内容・効果・ビジネスプラン 等についてプレゼンテーションをしていただき、参加者とのビジネス化に向けての交流 や各種支援を募る場として開催するものです。

 併せて、特許・技術相談窓口や新商品開発をバックアップする各種助成金制度等の 紹介も行います。お気軽にご参加ください。

 日 時:平成22年2月4日(木)10:30〜16:30
 会 場:パシフィコ横浜 アネックスホール
 入場料:無料

<お問い合わせ>
 横浜市経済観光局ものづくり支援課TEL 045-671-4144

──────────────────────────────────────
◆ 『第4回協創マッチングフォーラム』 開催のご案内
----------------------------------------------------------------------------
 先端的な技術シーズを有するベンチャー・中堅・中小企業と、次世代技術を求める ベンチャー・中堅・中小企業が一堂に会し、協業による新製品・新技術・新事業の創 造を促進することを目的に、第4回協創マッチングフォーラムを開催します。

 開催日:平成22年1月28日(木)9:30−18:30
 場 所:大田区産業プラザ 4Fコンベンションホール
 内 容:@ベンチャー企業、中堅・中小企業によるプレゼンテーション
     A個別面談
     B交流会
 主 催:株式会社ケイエスピー
 共 催:株式会社さがみはら産業創造センター
 協 力:財団法人大田区産業振興協会
 申込期限:面談希望は平成22年1月20日(水)まで
      プレゼン聴講希望は平成22年1月22日(金)まで

詳細につきましては、開催概要および協創マッチングフォーラムのWEBサイト (http://www.ksp.or.jp/k-forum/summary/4th/index.html)をご覧下さい。

<お問い合わせ>
 株式会社さがみはら産業創造センター    担当:上野、安藤
 〒229-1131 神奈川県相模原市西橋本5-4-21 TEL 042-770-9119(代)
 FAX 042-770-9077 E-Mail:matching@sic-sagamihara.jp 

=============================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しております。
KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をしてまい ります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
  【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
  一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして   下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

=============================================================================
   Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2009
   掲載記事の無断転載を禁じます。
     〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
     発行:企画調整部 企画調整課 総務企画グループ
=============================================================================

 
<← 閉じる →>