<← 閉じる →>
┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第61号 (2010.4)
発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛
 今年は例年になく、4月に入ってからも寒い日がとても多いですね。先週末、東京や横浜で“みぞれ”のような雪が降りましたが、この時期に降ったのは41年ぶりとのことです。

そう言えば、2週間ほど前の休日のお昼頃、近くの公園で青いビニールシートを敷き、花見をしている子供連れの団体を見かけました。ジュースやビールなど冷たい飲み物を何本も用意していたようですが、じっと座っているだけでは肌寒い気候だったので、きっと沢山残ってしまったことでしょう!

 ゴールデンウィークまであとわずかですが、気温の変化に惑わされず、読者の皆様も体調を崩さぬようにご注意ください。今年度もKASTメルマガをよろしくお願いします。
 
           ◆◆ 第 61 号 内 容 ◆◆
■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
  ┗・- 神奈川科学技術アカデミーの新理事長に馬来 義弘が就任!
┣・2 -知的財産活用促進コーディネート事業の活動情報
┣・3 - KAST教育講座のご案内
┣・4 - KAST登録特許情報
┗・5 - 関係機関のイベント等のご案内
  ┣・- 県が「政策提案」と「公募審査委員」を募集中
  ┗・- バイオ関連研究シーズ事業化促進事業のお知らせ
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
【 1 】KASTのトピックス
───────────────────────────────────────
◆ 神奈川科学技術アカデミーの新理事長に馬来 義弘が就任!
------------------------------------------------------------------------------
財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)では4月1日付で、馬来 義弘(まき よしひろ)氏が新理事長となりました。財団職員一同、「高い目標、明るく実行、しぶとく達成!」
をスローガンに、今まで以上に地域の発展とくらしの向上に取り組んで参ります。
 なお、今回退任した藤嶋昭前理事長は1月1日付で東京理科大学の学長となっておりますが、引き続きKAST重点研究室長としても研究活動を推進します。

★彡 記者発表情報はこちら
http://www.newkast.or.jp/kisya/backnum_h21/press_100326.html

 
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
【 2 】知的財産活用促進コーディネート事業の活動情報
───────────────────────────────────────
◆高品質ヘテロエピタキシャル成長ダイヤモンドを用いた放射線センサの試作と実用化検討
------------------------------------------------------------------------------
KASTでは大学の研究シーズの実用化を応援しています。今回ご紹介するのは、平成20年度の知的財産活用促進コーディネート事業でご支援した、青山学院大の澤邊厚仁先生のテーマです。

 澤邊研究室は、プラズマCVD法を用いて、Ir下地表面に単結晶ダイヤモンド膜を均一形成するという独自技術を持っています。ダイヤモンドが持つ優れた特性のうち、本事業では「耐放射線性が高く、かつ生体に近い放射線吸収特性を持つ」という特長を用いて 、放射線センサ応用を探りました。

放射線センサは、例えば、原子力施設での放射線モニタリングなどに使用されます。

これまで単結晶ダイヤモンドは高価なため、放射線センサの実用材料としては検討されませんでしたが、澤邊研究室の方法を使えば、実用的なコストで高品質なセンサを実現できる可能性があります。

本方法でのダイヤモンドの成膜には「成長」という言葉を使いますが、この薄膜はまさに下地から「生やして」作るという方法です。成長初期の格子欠陥層を除去することで、キャリア収集効率を38%から50%に向上させることができ、更なる向上の手応えも得ることができました。

 平成21年度には、KASTもコーディネータとして加わり応募したJSTのシーズ発掘試験に採択され、更なる効率向上を実現することができました。実用化に向けて興味のある
企業を募集しています。

★彡 お問い合わせはこちら
  産学協働グループ (TEL:044-819-2031 E-mail:pro@newkast.or.jp )

 
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
【 3 】KAST教育講座のご案内
───────────────────────────────────────
◆ フレッシュな気分を取り戻しませんか?
------------------------------------------------------------------------------
新年度が始まりました。
新しい課題や業務にチャレンジする方も多いのではないでしょうか。
フレッシュマンの方も、そうでない方も。KASTの教育講座で、「学ぶ」ことから新鮮さを取り戻してみませんか。
今回ご案内する講座は、「始まり」の季節にふさわしい内容です。
この機会にぜひご受講ください!
 
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-今月ご案内する講座-:-:-:-:-:-:-:-:-::--:-:-:-:
<バイオテクノロジー>
★基礎から学ぶ分子細胞生物学・・・・・6月初旬 開講です!
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:
▽▲▽-----------------------------------------「バイオテクノロジー」

基礎から学ぶ分子細胞生物学コース

  日程:H22年 6/3 6/9 6/14 6/18 6/22  全5日間
   カリキュラム編成者:
   東京大学 名誉教授  新井 賢一
   東京大学 医科学研究所 教授  中村 義一
   東京大学 医科学研究所 教授  渡辺すみ子

★彡 詳細はこちら↓↓↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/kouzaboshu/ed22_I_02.html

-----------------------------------------------------------------
※KAST法人賛助会員の方は教育講座の受講料が2割引になります。  
神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

★彡 お問い合せはこちら  
教育情報グループ(TEL: 044-819-2033 MAIL: ed@newkast.or.jp)

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
【 4 】KAST登録特許情報
KASTは、KASTの研究成果を積極的に企業に移転し、新事業・新産業創出への貢献を目指しています。 
───────────────────────────────────────
◆ 特許登録情報(8)
------------------------------------------------------------------------------

■ 特許登録情報 15 ■

(発明の名称)「アルミナチューブ及びアルミナチューブ被覆ワイヤーの製造方法」
(登録番号) 特許第4252341号 (2009.1.30)
(発 明 者) 益田秀樹、西尾和之、柳下 崇

 高度に形状が制御された単量体チューブ及び単量体チューブにより被覆されたワイヤーを簡単な工程にて高収率で製造する方法を提供する。
  7M以上の硫酸を含む電解浴中でアルミニウムを陽極酸化して得られるポーラスアルミナのセル境界部分を選択的に溶解し、各セルを互いに分離してアルミナチューブを製造する方法、およびそのチューブの内部に固体あるいは液体を充填するアルミナチューブ被覆ワイヤーの製造方法。

 ■ 特許登録情報 16 ■

(発明の名称)「微小電極アレイおよびその製造方法」
(登録番号) 特許第4271467号 (2009.3.6)
(発 明 者) 益田秀樹、松本太、西尾和之

 計測用電極として適切な形態の微小電極アレイ、およびその微小電極アレイを簡便な製作工程で得ることができる方法を提供する。
  ホールが規則的に配列された理想規則性配列陽極酸化ポーラスアルミナまたは該理想規則性配列陽極酸化ポーラスアルミナを鋳型にして作製されたホールアレイ構造体を基板とし、該基板のホール内に露出面を有する微小電極を埋設した微小電極アレイおよびその製造方法。

 
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
【 5 】関係機関のイベント等のご案内
───────────────────────────────────────
◆ 県が「政策提案」と「公募審査委員」を募集中
 〜平成22年度県民からの政策提案制度〜
------------------------------------------------------------------------------
 神奈川県では、県民の皆さんやNPO・企業等の団体から、県が実施する政策の提案を募集しています。あわせて、提案の審査に参加いただく委員も募集しています。

詳しくは、県政情報センター、各地域県政情報コーナーなどで配布中の募集案内をご覧ください。また、以下のホームページにも掲載しています。
(http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/01/0102/seisakuteian/proposal.html)

<政策提案の募集内容>
  「くらしの中から生まれた現場感覚にあふれる政策」と「その具体的な実現方法」

<応募方法>
  いずれも郵送または県ホームページからフォームメールで、6月11日(金)まで
(当日消印有効)に神奈川県政策研究・大学連携センター〜シンクタンク神奈川〜
(総合政策課横浜西駐在事務所)

〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20 横浜西合同庁舎5階
TEL: 045-411-2580  FAX: 045-411-2581

 
───────────────────────────────────────
◆ バイオ関連研究シーズ事業化促進事業のお知らせ
        神奈川県商工労働局産業活性課
------------------------------------------------------------------------------
神奈川県では、県内の大学等に存在する事業化意欲の高いバイオ関連の研究シーズについて、大学等の産学連携本部などと連携して事業化に向けた支援を行います。

公募対象研究:研究者等が高い事業化意欲を有する、県内の大学等で行われているバイオ関連の研究

<支援内容>
1.採択予定件数:3〜4件
2.支援額 :1件当たり100万円〜150万円
       また、研究の広報支援(バイオジャパン2010会場等で広報予定)や専門家
       から事業化に向けたアドバイス等が得られます。
3.支援期間  :契約締結後、翌年3月31日まで。

<募集期間・応募方法>
  平成22年4月19日から5月20日までに、所定の様式に記載の上、大学等の代表者等名でご応募ください。

<詳細、申し込み方法はこちら>
  URL:http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/sangyo/bioseed/index.html

<問い合わせ先>   県産業活性課 山田、古川  電話(045)210-5562

 
==============================================================================

このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しております。
KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をしてまいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【1】メールマガジンの配信を希望されない方:
   【メールマガジン配信停止フォーム】より行って下さい。

【2】別のアドレスへの配信を希望される方:
   一旦、配信停止をしていただき、新たにメールマガジンの読者登録をして下さい。

【メールマガジン 配信停止フォーム】
   https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply.php

【メールマガジン 申し込みフォーム】
   https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
  magazine@newkast.or.jpまで

 
===============================================================================
Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2010
  掲載記事の無断転載を禁じます。
    〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
    発行:企画調整部 企画調整課 総務企画グループ
===============================================================================
<← 閉じる →>