<< 閉じる >>



┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第73号 (2011.4)

   発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛
 平成23年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震で被災された皆様には、心から
お見舞い申し上げます。
 地震発生以後、全国からの支援により、わずかながら被災地に復興の兆しが見え始め
ました。しかし、震災による生活や産業への影響は想像以上に大きく、地域や企業の活
動は、すぐに元通りという訳にはいきません・・・・
 いまこそ、日本が一つとなり、明るい未来を切り開く時ではないでしょうか?
 がんばれ、ニッポン!
  

           ◆◆ 第 73 号 内 容 ◆◆

■INDEX
┣・1 -KASTのトピックス
┃┣・- 健康・アンチエイジングプロジェクトが新規に発足!
┃┣・- 平成23年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」募集!
┃┗・- この春、スキルアップの良い機会に・・・!
┣・2 - KAST登録特許情報
  ┗・3 - 関係機関のイベント等のご案内
┣・- 新産業分野のベンチャー等を県内外から広く募集!
┣・- 大学研究成果事業化促進事業のお知らせ   
┗・- 「KSPビジネスイノベーションスクール」特待生募集

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

───────────────────────────────────────
  ◆ 健康・アンチエイジングプロジェクトが新規に発足!
-------------------------------------------------------------------------
 KASTでは、4月より神奈川県の産業貢献を目的として、機能性食品・機能性化粧品開
発をサポートする健康・アンチエイジングプロジェクトを発足しました。

 本プロジェクトは、KASTが平成20年より3年間、県内公設試と連携して実施してきた
食の安全・安心プロジェクト(リーダー 阿部啓子 東京大学 特任教授)により構築
してきた、食品摂取による遺伝子変動を網羅的に解析するニュートリゲノミクス(栄
養遺伝子科学)手法による食品の機能性・安全性評価の技術を更に展開し、企業と
連携して機能性食品や機能性化粧品の製品化を推進させることを目指しています。

 また、本プロジェクトでは、神奈川県が推進する神奈川R&Dネットワーク構想に参加
する企業や県内中小・ベンチャー企業支援も含めたコンソーシアムを立ち上げ、公的な
機能性評価による製品化の支援を通じて、当該分野の産業貢献を目指します。さらに、
実績を積み重ねることで、企業の開発する食品や化粧品の機能性を公的に評価する機関
(認証データ計測センター機能)の構築を最終目的にしています。

★彡 お問合せはこちら
   イノベーションセンター 研究支援グループ 雨森・遠藤
    Tel: 044-819-2034 FAX: 044-819-2026 E-mail: res@newkast.or.jp

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

───────────────────────────────────────
  ◆ 平成23年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」募集!
-------------------------------------------------------------------------
 KASTでは、平成23年度にスタートする新規事業『戦略的研究シーズ育成事業』の研究
テーマの募集を開始しました。

 本事業では、研究成果の実用化を推進するため、また、将来KASTの研究プロジェクト
の対象となる可能性が高い優れた研究テーマを発掘し、2年間のシーズ育成期間を設け、
研究を支援します。


 戦略的研究シーズ育成事業の概要:

  ○環境・エネルギー、ライフサイエンス及び基盤計測技術に応用される先端的かつ
   高度な研究を対象とします。

  ○成果が地域の経済的価値(新産業・新事業)の創出や地域の社会的価値(クオリ
   ティー・オブ・ライフの向上等)の創出につながることを期待します。

  ○本事業において優秀な成果が得られた研究テーマは、平成25年4月発足予定の有望
   シーズ展開プロジェクト(年間1億円規模4ヵ年事業)等にステップアップします。

   ※有望シーズ展開プロジェクトとは、従来の創造展開プロジェクトを進化させ、
    成果の実用化を更に意識して研究を行うプロジェクトです。

 提案者要件:提案者が研究代表者となり、自ら研究を推進する研究者
       (45歳以下の若手研究者を優先します。)

 提案書受付期限:5月9日(月)必着

 採択時期・件数:平成23年7月頃、4件程度の採択予定。

 研究期間:平成23年8月頃〜平成25年3月

 研究予算:13,000千円程度/件・年(神奈川県の予算成立を前提としています。)

 研究場所:研究代表者所属機関

 提出書類:指定様式による「研究提案書」と主要論文(別刷)

★彡 詳細はこちら
http://www.newkast.or.jp/kisya/press_110311.html
 
★彡 お問合せはこちら
   イノベーションセンター 研究支援グループ 渡部・遠藤
    Tel: 044-819-2034 FAX: 044-819-2026 E-mail: res@newkast.or.jp

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

───────────────────────────────────────
        ◆ この春、スキルアップの良い機会に・・・!
-------------------------------------------------------------------------
 KASTの教育講座では、今年度も先端的な研究の最新動向をつかむ「短期型」コースと、
基礎技術をじっくり学ぶ「基礎コース」を取り揃えて、研究者や技術者の皆さんのス
キルアップをお手伝いさせて頂きます。

なお、講座の具体的な開催日程については確定次第、追ってご案内いたします。

世界をリードしてきた日本の『ものづくり』が元気を取り戻し、現在の経済状態から
1日も早く好転できるように、KASTも人材育成を通して貢献して参ります。

★彡 お問い合わせはこちら
      教育情報センター 教育研修グループ
      TEL: 044-819-2033 FAX: 044-819-2097 E-mail: ed@newkast.or,jp

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

【 2 】KAST登録特許情報

 KASTは、KASTの研究成果を積極的に企業に移転し、新事業・新産業創出への貢献を
目指しています。
───────────────────────────────────────
             ◆ 特許登録情報(14)
-------------------------------------------------------------------------
◆ 特許登録情報 27 ◆
(発明の名称)「陽極酸化ポーラスアルミナおよびその製造方法」
(登録番号) 特許第4222861号 (2008.11.28)
(発 明 者) 益田 秀樹

細孔が微細かつ高い規則性を持って配列した陽極酸化ポーラスアルミナおよびその製
造法を提供する。化成電圧12V以下において形成される細孔周期30nm以下の陽極酸化
ポーラスアルミナであって、細孔が、縦、横6個×6個以上の範囲で理想三角格子状
に配列されていることを特徴とする陽極酸化ポーラスアルミナ。化成電圧10V以下
において形成される細孔周期25nm以下の陽極酸化ポーラスアルミナであって、細孔
が、縦、横5個×5個以上の範囲で理想三角格子状に配列されていることを特徴とする
陽極酸化ポーラスアルミナ。


◆ 特許登録情報 28 ◆
(発明の名称)「陽極酸化ポーラスアルミナおよびその製造方法」
(登録番号) 特許第4608331号 (2010.10.15)
(発 明 者) 益田 秀樹、西尾 和之、竹中 研介

10V以下、あるいは9V以下の低化成電圧で、細孔間隔にして25nm以下の微小な高規則
性の周期を有する細孔配列の範囲を、より広い範囲にまで拡大させた陽極酸化ポーラ
スアルミナおよびその製造方法を提供する。化成電圧10V以下において形成される細
孔周期25nm以下の陽極酸化ポーラスアルミナであって、細孔が、縦、横10個×10個
以上(好ましくは、縦、横12個×12個以上)の範囲で理想三角格子状に配列されて
いることを特徴とする陽極酸化ポーラスアルミナ、およびその製造方法。


◆ 特許登録情報 29 ◆
(発明の名称)「ホールアレーの製造方法」
(登録番号) 特許第4230861号 (2008.12.12)
(発 明 者) 益田 秀樹、柳下 崇、西尾 和之

サイズの均一な細孔が膜面に対し直交したホールアレーを煩雑な工程を経ることなく大
面積においても容易にかつ安価に製造することが可能なホールアレーの製造方法を提供
する。
7M以上の硫酸を含む電解浴中でアルミニウムを陽極酸化して得られるポーラスアルミ
ナのセル境界部分を溶解することにより形成される空隙に、物質の充填を行うことによ
りホールアレーを得ることを特徴とするホールアレーの製造方法。

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆


【 3 】関係機関のイベント等のご案内
───────────────────────────────────────
  ◆ 神奈川県:新産業分野のベンチャー等を県内外から広く募集!
〜 最大500万円で、事業化の支援をします 〜
-------------------------------------------------------------------------
応 募 期 間 : 平成23年4月1日(金)〜5月9日(月)まで(消印有効)

支援の内容  : 採択プロジェクトの事業化支援パートナーを通じて、「市場調査」、
         「試作品作成」、「展示会・見本市出展」などの事業化に向けた支援
   を行います。

採択予定件数 :10件程度

資金的支援 :1件あたり最大5百万円

★彡 公募要領などの詳細はこちら
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4364/

★彡 お問い合わせ    神奈川県産業活性課 TEL: 045-210-5562

───────────────────────────────────────
         ◆ 大学研究成果事業化促進事業のお知らせ
-------------------------------------------------------------------------
公募対象研究 : 研究者等が高い事業化意欲を有する、県内の大学等で行われている
   ライフサイエンス・環境関連の研究

採択予定件数 : 両分野合わせて6件程度

支 援 額 : 1件当たり100万円〜200万円

       (研究の広報支援や、専門家から事業化に向けたアドバイス等が
        得られます。)

支 援 期 間 : 契約締結後、翌年3月15日まで

募 集 期 間 : 平成23年4月1日(金)〜5月9日(月)まで

応 募 方 法 :所定の様式に記載の上、大学等の代表者等名でご応募ください。

★彡 詳細、申し込み方法はこちら
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7129/

★彡 お問い合わせ
        県産業活性課 山田  TEL: 045-210-5562

───────────────────────────────────────
  ◆ 「KSPビジネスイノベーションスクール」特待生募集(受講料半額免除)
-------------------------------------------------------------------------
 KSPビジネスイノベーションスクール(7月開講)では、アイデアや技術をカタチに
したい起業家の卵、大学発ベンチャーを目指す研究者など、優れた技術シーズやアイ
ディアを持ち、創業や起業を検討したい方を対象に、受講料半額免除の特待生を募集
します。

受 講 期 間 : 平成23年7月1日(金)〜12月2日(金)
         (12日間・開校式と修了式を除き、原則土曜に実施)

特待生対象  :優れた技術シーズ・アイデアを持ち、創業や起業を検討したい方
         (事業分野は問いません)

特   典  : KSPビジネスイノベーションスクール受講料半額免除

応 募 締 切 :平成23年5月10日(火)まで

★彡 公募要領などの詳細はこちら
http://bis.ksp.or.jp/guidance/scholarship.html

★彡 お問い合わせ    
株式会社ケイエスピー 企画事業部内
       KSPビジネスイノベーションスクール事務局
  TEL: 044-819-2001 FAX: 044-819-2009 Email:bis@ksp.or.jp

============================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しております。
KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をして
まいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html


【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply_2.php

【メールマガジン メールアドレス変更フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply_Change.php


■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで

===============================================================================
  Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2011
  掲載記事の無断転載を禁じます。
    〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
    発行:企画調整部 企画調整課 企画グループ
===============================================================================

<< 閉じる >>