<< 閉じる >>


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第94号 (2013.01)

   発行:財団法人神奈川科学技術アカデミー  http://www.newkast.or.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛
KASTから新年のご挨拶を申し上げます。
皆様の今年の抱負は、どのようなものでしょうか?
最新の知識・技術を学べる各種イベントで、今年もKASTが皆様をお手伝いいたします。

           ◆◆ 第 94 号 内 容 ◆◆
■INDEX
┣・1 KASTトピックス
┃┗・-KASTフォーラム2 開催
┃ 「鉄道の地震時安全性の向上を目指して
┃    〜ハード技術とソフト技術の融合〜 」
┣・2 KAST高度計測センター情報
┃┗・-微小部蛍光X線分析装置(XRF)のご紹介 ◆SEA6000VX HSFinder◆
┣・3 KASTイノベーションセンター情報
┃┗・-「光触媒技術情報」バックナンバーのご案内
┣・4 KAST教育講座のご案内
┃┗・-切削・研削加工技術の新しい流れ コース
┣・5 KASTイベント情報
┃┗・-先端環境材料・デバイス創製スクール
┃ 『加工コース1, 2』講座(無料)募集
┗・6 関係機関のイベント等のご案内
┣・-MNOIC実習セミナー
┣・-かながわビジネスオーディション2013
┗・-かわさき知的財産シンポジウム&産学官ネットワーク交流会

【 1 】KASTトピックス
─────────────────────────────────────
  ◆ KASTフォーラム2 開催
「鉄道の地震時安全性の向上を目指して 〜ハード技術とソフト技術の融合〜 」
─────────────────────────────────────
 東北地方太平洋沖地震では、我が国史上最大のマグニチュード9の地震を経験し
ましたが、幸いにも新幹線は甚大な被害を受けず、地震後49日で全線復旧を果たし
ました。この背景には、様々な技術開発が功を奏したと思われます。
 鉄道の地震時安全性を確保するためには、地震に強い構造物を設計・補強する
「耐震設計技術」、設計された構造物が想定される地震に対してどの程度、安全か
を予測する「評価技術」、さらには早期地震警報システムに代表されるような「ソ
フト技術」がバランスよく融合していることが重要です。これらの項目について、
現在(公財)鉄道総合技術研究所で取組んでいる状況についてご紹介します。

●日 時:2月5日(火) 14:00〜15:45
●会 場:かながわサイエンスパーク 西棟7F 709会議室
     (川崎市高津区坂戸3-2-1)
●参加費:3,000円 (KAST賛助会員、学生は、無料)
●対象者:一般

☆彡 詳細はこちら ↓
http://www.newkast.or.jp/event/h24/event_130205.html

☆彡 お問合わせ ↓
教育情報センター 科学技術理解増進グループ 横井、半田
Tel: 044-819-2032 FAX: 044-819-2097 E-mail: se@newkast.or.jp

【 2 】KAST高度計測センター情報
─────────────────────────────────────
  ◆ 微小部蛍光X線分析装置(XRF)のご紹介 【SEA6000VX HSFinder】
─────────────────────────────────────
試験分析サービスで地域の「ものづくり」を徹底サポートします!

 金属、半導体、有機物およびセラミックスとあらゆる固体試料の元素確認(定性
分析)や、検出された元素のおおまかな含有量の分析(半定量)ができます。
 電気・電子機器に、RoHS規制物質が含まれているか早く知りたい場合のスクリー
ニング分析にご利用いただけます。

●特徴
・大きい試料も非破壊で測定 最大試料サイズ:450×580×150 mm
・微小からバルクまでの分析領域 ビームサイズ:200μm,500μm,1.2mm,3mm
・広範囲の高速マッピング 最大マッピング面積:250×200mm

ご相談は無料です。お気軽にお問合わせ下さい。

☆彡 お問合わせ ↓
高度計測センター TEL:044-819-2105 E-MAIL:mcl@newkast.or.jp

【 3 】KASTイノベーションセンター情報
─────────────────────────────────────
  ◆ 「光触媒技術情報」バックナンバーのご案内
     〜 光触媒の研究開発にお役立て下さい!
─────────────────────────────────────
 1999年から刊行してきました「光触媒技術情報」が、来月2月発行の80号
をもって廃刊となります。同誌は、光触媒産業の適切な育成の支援を行ってき
たKAST光触媒オープンラボ事業の一環として刊行され、常に最新情報を読者
のみなさまにお届けし続けてきました。
 このたび、同誌廃刊にともない、昨年度までに刊行したバックナンバーの在
庫を、以下のとおりお求めやすい価格でご案内させていただきます。
 同誌の刊行期間は、まさに光触媒産業の発展・普及と歩調を共にしてきたこ
ともあり、資料としての価値は高く、また、バックナンバーをまとめて俯瞰す
ることで、今後の研究開発の方向性を定める一助になるものと考えております。
 部数に限りがありますので、お早目のお問い合わせ・申し込みをお待ちし
ております。

●配布価格(消費税・送料を含む/古い在庫の1部に経年劣化等が見られます)
 ばら売り(平成23年度以前刊行分): 2,500円/冊
     (平成24年刊行分)   : 10,000冊/冊
 全巻セット特価(80冊;2セット限定) :150,000円
●見本開架
 KAST光触媒ミュージアムにて、全巻を直接ご覧いただけます。
●「光触媒技術情報」の基本構成
 学会予稿、文献、特許、解説、新聞記事、インターネット、パンフ等。

☆彡 詳細・お問い合わせ・お申し込みはこちら ↓
研究支援グループ 水野
Tel: 044-819-2034 E-mail: mizuno@newkast.or.jp

☆彡 光触媒ミュージアムのご案内 ↓
http://www.newkast.or.jp/photocatalyst/h_museum.html

【 4 】KAST教育講座のご案内
─────────────────────────────────────
  ◆ 削る、制御する、高機能表面を創る! 【1月30日、31日開講】
─────────────────────────────────────
 近年、エレクトロニクス機器、バイオ・医療分野をはじめ、多様な領域で
製品の小型軽量化と高機能・高精度という加工技術への要求は益々高まって
きております。
 マイクロからナノオーダーの微細加工技術を確立し、被加工材に固有の性質
を理解すると同時に、マクロスケールでは出現しえない材料特性も把握した
上で、加工を行うこともとても重要と言えます。
 本講座では、このような課題をとらえ、新たな切削・研削技術の学習を目的
に、第一線で活躍されている研究者の方々に、基礎から実際の適応事例をお
話頂きますので、この機会に是非、ご参加ください。

【今月ご案内する講座】

★ 「切削・研削加工技術の新しい流れ」コース
           〜 削る、制御する、高機能表面を創る〜
●日 時:1月30日(水)、31日(木) 10:00〜17:20
●講 師:東京大学 生産技術研究所 教授 帯川 利之 氏

☆彡 詳細はこちら ↓
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/edu_h24/ed24_seminar_9.html

☆彡 お問い合わせ ↓
教育情報センター 教育研修グループ
TEL: 044-819-2033 FAX: 044-819-2097 E-mail: ed@newkast.or.jp

【 5 】KASTイベント情報
─────────────────────────────────────
  ◆ 先端環境材料・デバイス創製スクール
  『加工コース1, 2』講座開催(無料)のご案内 〜早稲田大学主催〜
─────────────────────────────────────
文部科学省事業『低炭素社会の実現に向けた人材育成ネットワークの構築と
先進環境材料・デバイス創製』(GRENE)
---------------------------------------------------------------------
【コース特徴】
〜マイクロ/ナノスケールのめっきプロセス技術に取り組みたい!
自社の技術を微細加工分野に活かしたい!という皆様にお勧めします!〜

★ 加工コース1:マイクロ・ナノスケール加工をウエットプロセスで
講義と実習で学ぶ「パターン磁性めっき入門」
★ 加工コース2:微細加工のための「フォトリソグラフィー入門」

※ KASTは文部科学省GRENE人材育成事業参画機関の一員として、
  本講座の開催をサポート致します。
---------------------------------------------------------------------
【コース概要】
●日 時:2月6日(水)〜8日(金)の3日間と 2月12日(火)〜13日(水)の2日間
     ※時間については終日ですが詳しくはHPをご参照ください。
●会 場:早稲田大学研究開発センター ナノテクノロジーリサーチセンター
     (新宿区早稲田鶴巻町513 最寄駅 東京メトロ東西線 早稲田駅)
●定 員:5名(先着順にて承ります。応募多数の場合、抽選とさせていただきます)
●対象者:当分野に興味のある方
●参加費:無料(実費をいただく場合があります)

☆彡 詳細はこちら ↓
http://www.newkast.or.jp/event/h24/event_130206.html

☆彡 お問合わせ ↓
教育情報センター 科学技術理解増進グループ
Tel: 044-819-2032 FAX: 044-819-2097 E-mail: se@newkast.or.jp

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*

【 6 】関係機関のイベント等のご案内
……………………………………………………………………………………………
  ◆ MNOIC実習セミナー
  「X-CTを用いたマイクロナノデバイスの3次元構造の計測・評価、
    および三次元データ再構成の実習」
……………………………………………………………………………………………
 今年度からMNOICで利用可能な最先端装置を用いた「実習形式のセミナー」
を開催することに致しました。
 今回はMEMSの微細3次元内部構造を観察して、三次元データを取得可能なX線
CT(コンピュータトモグラフィー)装置を用いた実習を計画致しました。
 この機会に世界最先端の装置を体験して頂き、更に多数のユーザの皆様に
MNOICを利用して頂くことに期待しております。

●開催日:1月22日(火) 14:00開始、23日(水) 16:30終了予定
●場 所:一般財団法人マイクロマシンセンター、MNOIC開発センター
     (茨城県つくば市並木1-2-1 産業技術総合研究所 東事業所
     :集積マイクロシステム研究センター内 NMEMSイノベーション棟)
●参加費:1,000円 (交流会費)

☆彡 詳細・お申し込みはこちら→ http://yk-bio.net/news/entry204.html

……………………………………………………………………………………………
  ◆ かながわビジネスオーディション2013
  パシフィコ横浜で「テクニカルショウヨコハマ2013」と同時開催〜
……………………………………………………………………………………………
☆発表者およびタイムスケジュールをオーディション公式HPで公開中!☆
 会場をパシフィコ横浜に移して3回目となる“かながわビジネスオーディ
ション”。1次から3次にわたる審査でブラッシュアップされた20名の発表者が
皆さまをお待ちしております。新たなビジネスチャンスの開拓や未来の可能性
を秘めた起業家の発掘にぜひお越しください。

●日 時:2月7日(木) 12:00〜20:00 
●会 場:パシフィコ横浜 会議センター3階 (横浜市西区みなとみらい1-1-1)
●参加費:発表会:無料 交流会:一般2,000円、学生1,000円

☆彡 詳細・お申し込みはこちら → http://b-audition.kipc.or.jp/ba2013

……………………………………………………………………………………………
  ◆ かわさき知的財産シンポジウム&産学官ネットワーク交流会
……………………………………………………………………………………………
 市内企業における知的財産の活用や産学連携を促進することにより、
本市産業の国内外における競争力をより一層高めるため、知的財産に関する
ビジネス事例や産学連携に関するシンポジウムを開催いたします。

●日 時:2月1日(金)【川崎国際環境技術展2013併催行事】
●会 場:川崎市市民ミュージアム 1F映像ホール
●定 員:150名 (事前申込制)
●参加費:無料 (ただし、交流会に参加される方は500円)

☆彡 詳細・お申し込みはこちら ↓
http://www.kawasaki-net.ne.jp/event/20130201.html

============================================================================
 このメールは、KASTの各事業等に関連して取得したアドレスに送信しております。
KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をしてまい
ります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【メールマガジン 配信停止フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply_2.php

【メールマガジン メールアドレス変更フォーム】
  https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply_Change.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
 magazine@newkast.or.jpまで
============================================================================
  Copyright(C) (財)神奈川科学技術アカデミー、2012
  掲載記事の無断転載を禁じます。
    〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
    発行:企画調整部 企画調整課 企画グループ
============================================================================