<< 閉じる >>


┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KASTメールマガジン  第120号 (2015.03)

  発行:公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー http://www.newkast.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

本メールマガジンは、ご登録された方、KASTのイベントやセミナーなど各事業
等にご参加頂いた方、および名刺交換をさせて頂いた方等に配信させて頂いて
おります。配信停止は、お手数ですが文末の【配信停止フォーム】より手続きを
お願いいたします。

【INDEX】
**************************************************************************
≪トピックス≫

 ▽ 第14回国際バイオテクノロジー展(BIO tech 2015)に出展します!
http://www.bio-t.jp/

≪KAST教育講座のご案内≫

▽「化学物質の有害性評価」コース
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/edu_h27/ed27_seminar_01.html

≪関係機関のイベント等のご案内≫

 ▽『成長分野のベンチャー支援』に関するご案内 【神奈川県】

**************************************************************************

≪トピックス≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ 第14回国際バイオテクノロジー展(BIO tech 2015)に出展します!
http://www.bio-t.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アジア最大規模の“バイオテクノロジー”展示会であるBIO tech 2015 アカデ
ミックフォーラムにて、KASTが推進する研究プログラム、文部科学省地域イノベ
ーション戦略支援プログラムの研究成果に関するポスター展示・セミナー発表を
行ないます。本展示会にお越しの際は是非、KASTパビリオンにお立ち寄り下さい。

※アカデミックフォーラムのプログラムは以下ウェブサイトで確認いただけます。
http://www.bio-t.jp/exhibitor/

日時:5月13日(水) 〜 15日(金)
場所:東京ビッグサイト 西3,4ホール (江東区有明3-11-1)
入場料:展示会HPでの事前登録で入場無料

☆彡 出展内容に関するお問合わせはこちら↓↓↓
イノベーションセンター 知財戦略グループ
TEL: 044-819-2035 FAX: 044-819-2103  E-mail: str@newkast.or.jp

≪KAST教育講座のご案内≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽「化学物質の有害性評価」コース
http://www.newkast.or.jp/kyouiku/edu_h27/ed27_seminar_01.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 程:5月19日(火) 〜 2016年2月 (全10回)
受講料:無料
定 員:40名 (応募多数の際は、事業趣旨に基づき選考)
場 所:かながわサイエンスパーク内 KAST講義室 (川崎市高津区坂戸3-2-1)

対象者:
化学物質を製造、または使用しているメーカー等にご所属で、化学物質のヒト
有害性評価について、病理学の基礎から学びたい方。調査機関、公的研究機関、
行政機関等にご所属で化学物質のヒト有害性評価にご関心をお持ちの方。

講座概要:
化学メーカーは製造者責任として、自社が製造する化学物質のヒト有害性を正
しく理解しておく必要があります。

 本講座では、そもそもなぜ化学物質を管理しなければならないのかを原点に戻っ
て理解していきます。カリキュラムは独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
における職員研修プログラムをもとに構成し、化学物質は人体にどのような影響
を与えるのか、どのように有害性評価されているのか、化学系の出身者等、病理
学初心者にもわかりやすく解説します。

 病理学を身近に感じられるように一般的な疾病にも触れながら、各器官の仕組
み、化学物質の毒性作用機序、試験データの読み方、NOAELの決定等を学習します。
最終的には、新規・既存化学物質のSDS/GHSの作成や、ユーザーへの説明ができる
程度の知識を身に付けることを目的としています。

 [本講座は地域イノベーション戦略支援プログラム(文科省より受託)に基づき、
レギュラトリーサイエンスの知識を身に付けた人材を養成することを目的として
います。]

【昨年の受講者の声より】
「試験報告の所見とSDSへの記載の対応が理解できた」(化学/技術開発・管理)
「様々な病理写真を用いた具体的な病変の解説により、理解がいっそう深まった」
(精密機器/品質管理)

「抄読担当となった受講生自身が資料を作成し、発表する形式は、当初はとても
苦労したが、回を重ねるにつれて、SDS/GHSを主体的に読解できるようになった。
(医薬品/品質管理)

☆彡 お問合わせはこちら↓↓↓
教育情報センター 教育研修グループ
TEL: 044-819-2033  FAX: 044-819-2097   E-mail: ed@newkast.or.jp

≪関係機関のイベント等のご案内≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『成長分野のベンチャー支援』に関するご案内 【神奈川県】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532120
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
神奈川県では、エネルギーやライフサイエンス等のプロジェクトに取り組むベ
ンチャーを全国から募集し、県内での起業化・商品化を支援します(採択されたプ
ロジェクトの実施を応募者に委託する事業です)

事業概要:
1) 起業化を最大200万円で支援 (認定件数3件程度)
2) 商品化を最大1,000万円で支援 (採択件数8件程度)

募集期間:3月2日(月) 〜 4月10日(金) 17時必着 (両事業共通)
募集締切:4月10日(金)
応募方法:郵送受付のみ

☆彡 お問合わせはこちら↓↓↓
神奈川県産業労働局産業・観光部 産業振興課 TEL: 045-210-5639

============================================================================
KASTは下記のプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理・保護をして
まいります。

 KASTのプライバシーポリシーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/privacy_policy.html

 バックナンバーはこちら
→ http://www.newkast.or.jp/mailmagazine/index.html

【メールマガジン 配信停止フォーム】
https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmStopApply_2.php

【メールマガジン メールアドレス変更フォーム】
https://www.newkast.or.jp/form/mmApply/mmApply_Change.php

■「KASTメールマガジン」に関するご意見・ご希望は■
magazine@newkast.or.jp まで
============================================================================
Copyright(C)  (公財) 神奈川科学技術アカデミー、2005〜
掲載記事の無断転載を禁じます。
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP内
発行:企画調整部 総務企画グループ
============================================================================