財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム> 記者発表一覧

記者発表一覧

平成28年度発表分

掲載日 内容
平成29年03月31日 配位構造の異なる酸窒化物結晶の作り分けに成功 
―格子歪みを使って酸素と窒素の並び方をコントロール―
KAST「透明機能材料」グループの長谷川哲也らが東京大学、東北大学との共同研究
の成果を記者発表しました。

平成29年03月13日 二つの電流値を持つ人工イオンチャネルの合成に成功 -多面体分子でイオンの流れを切り替える-
KAST人工細胞膜システムグループの川野竜司らが京都大学との共同研究の成果を記者発表しました。その結果が米出版社Cell Pressの「Chem(ケム)」に掲載されます。

平成29年02月14日 (KASTと神奈川県の共催事業)「なるほど!体験出前教室」の講師を募集します!
平成29年02月06日 KAST終了プロジェクト報告会 (3月13日(月)開催)
平成29年01月17日 温めると縮む新材料を発見 -精密機器や電子デバイスなど広汎な応用に期待-
KAST戦略的研究シーズ育成事業の酒井研究員が名古屋大学大学院との共同研究の成果について
記者発表しました。研究成果がNature Chemistry誌に掲載されました。

平成28年10月14日 「有望技術活用のためのマッチングイベント」を開催します。
~ものづくり中小企業の事業化・製品化促進に向けて~
平成28年10月11日 蚊の受容体でヒトの汗の匂いを感知するセンサ!?
KAST実用化実証事業の人工細胞膜システムグループが、東京大学にて研究成果を発表しました。
平成28年07月20日 平成29年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」募集!
(受付期限 9月16日(金)まで)
平成28年06月30日 研究用試薬分野における抗インフルエンザウイルス ノクローナル抗体の実施許諾契約を締結!!
インフルエンザウイルス治療薬研究への期待
平成28年06月17日 平成28年度KAST研究報告会の開催
地域イノベーション戦略支援プログラム報告会 併催
平成28年06月14日 シャボン玉のように人工細胞膜を形成!!
研究成果がNature Chemistry誌に掲載されます
平成28年05月13日 平成28年度KASTプロジェクト  医療・福祉介護ロボット研究がスタート
平成28年05月13日 研究成果がギネス世界記録に認定!!
最も高地で行われた膜タンパク質の測定

平成27年度発表分

掲載日 内容
平成28年02月15日 (KASTと神奈川県の共催事業)「なるほど!体験出前教室」の講師を募集します!
平成28年01月26日 透明酸化チタン電極を用いた有機薄膜太陽電池
KAST実用化実証事業の長谷川グループが東京大学、およびJSTとの共同成果について、
共同記者発表しました。

(東京大学記者発表ページへのリンクはこちら)
平成27年08月17日 世界初!市販マグネットでセラミックスの特性を驚異的に向上
~低磁場でも配向構造のセラミックスが作製できる技術を開発~
KASTの戦略的研究シーズ育成事業と横浜国立大学との共同成果について、
共同記者発表しました。

(横浜国立大学記者発表ページへのリンクはこちら)
平成27年05月29日 平成27年度KAST研究報告会の開催
地域イノベーション戦略支援プログラム報告会 併催

平成26年度発表分

掲載日 内容
平成27年03月25日 平成27年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」3件を採択
平成27年03月16日 インフルエンザ検出感度 従来法の1 万倍!
~超高感度・簡便・迅速 イムノフルフローチップを開発~
平成27年03月12日 不揮発性パワーゲーティングがCMOSロジックシステムの待機時電力削減に威力
~不揮発性SRAMを用いた記憶回路で実証~
平成27年02月26日 「はじめての漢方e-learning」の配信を開始
~いつでも、どこでも、たのしく漢方に触れ、健康増進に役立てよう~
平成27年02月16日 (KASTと神奈川県の共催事業)「なるほど!体験出前教室」の講師を募集します!
平成26年08月21日 平成27年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」募集!
(受付期限:9月22日(月)まで)
平成26年08月13日 平成26年度KAST研究報告会の開催
地域イノベーション戦略支援プログラム報告会 併催
平成26年07月30日 研究成果が米国の学術雑誌PLOS ONEに掲載
携帯可能な膜タンパク質センサの開発に成功!
平成26年06月30日 KAST(神奈川)とノーステック財団(北海道)が連携協定を締結
―地域連携による、文科省「地域イノベーション戦略支援プログラム」の新たな展開―
平成26年06月24日 光触媒-プラズマシナジー型空気清浄機を改良し、
完全分煙環境の実現にさらに近づきました!
―たばこの煙のにおい成分などをワンパス(1回通風)でほぼ分解・除去でき、
12000本分の煙を処理しても90%近い除去率を維持―
平成26年06月06日 ガラス基板上に単結晶に匹敵する品質の酸化物薄膜結晶を成長
―酸化物ナノシートを種結晶にした横方向結晶成長―
平成26年05月19日 酸窒化物で初めて強誘電体的な挙動を観察
KAST「透明機能材料」グループ、東京大学の成果を科学技術振興機構(JST)、東京大学と共同で発表しました。(科学技術振興機構記者発表へのリンク)

平成25年度発表分

■平成25年度分の記者発表情報です。

掲載日 内容
平成26年03月24日 JAXAと共同で高品質タンパク質結晶生成宇宙実験を開始!
~ISSに長期滞在中の若田宇宙飛行士も第1回実験作業を担当~
平成26年03月14日 透明で光るセラミックス!
~高発光効率白色LEDへ。透明なサイアロン蛍光バルクセラミックス~
平成26年03月14日 低炭素社会のためのキーマテリアルを開発!
~パワーデバイスの実現を加速化。高熱伝導性窒化ケイ素セラミックス~
平成26年02月12日 (KASTと神奈川県の共催事業)「なるほど!体験出前教室」の講師を募集します!
平成26年01月20日 光触媒グループが抗菌分野において「JNLA登録試験所」および
光触媒工業会推奨試験機関に認定されました
~公益法人として初~
平成26年01月08日 顔料が高性能な電子材料に
KAST「透明機能材料」グループ、東京大学、CRESTの成果を東京大学と共同で発表しました。
(東京大学記者発表へのリンク)
平成25年09月09日 平成25年度文部科学省採択 地域イノベーション戦略支援プログラム
神奈川の「革新的計測・評価技術開発によるライフイノベーション創生」
BiO Japanスポンサーセミナー(10/9)にて活動内容を紹介します。
平成25年07月04日 研究成果が米国の学術雑誌PLoS ONEに掲載
平成25年07月01日 地域イノベーション戦略支援プログラムに採択されました!
KASTは総合調整機関として参画いたします。(神奈川県記者発表へのリンク)

(文部科学省へのリンクはこちら)
平成25年06月17日 ロボットによる人工細胞膜の大量作製に成功! ~高速イオンチャネル創薬システムへ応用~
平成25年04月05日 平成25年度KAST有望シーズ展開プロジェクト 新規2課題がスタート
平成25年04月05日 平成25年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」3件を採択

平成24年度発表分

■平成24年度分の記者発表情報です。

掲載日 内容
平成25年02月08日 (KASTと神奈川県の共催事業)「なるほど!体験出前教室」の講師を募集します!
平成24年12月11日 CMOS/スピントロニクス融合技術を用いた新しい低消費電力技術を開発
平成24年11月12日 教育講座 「有機系太陽電池の実証・実用化」を開催 (無料)
平成24年10月23日 「その場での検査」に役立つ簡易・高感度な免疫測定チップの開発に成功!
平成24年8月31日 (喫煙者と非喫煙者が本当に共存できる社会へ大きく前進!
光触媒とプラズマの相乗効果で、たばこのにおい成分をワンパス(1回通風)でほぼ無臭に分解・除去する空気清浄機の開発に成功
平成24年8月1日 平成25年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」募集!
平成24年7月17日 平成24年度KAST研究報告会の開催
平成24年7月9日 KAST・理研よこはまサイエンスカフェ2012 「『くすり』を設計する科学とコンピュータ」
平成24年7月2日 KAST理科実験室1 「煮干しの標本をつくろう!」
~煮干しを解剖して胃の中を顕微鏡で観察してみよう~

平成23年度発表分

■平成23年度分の記者発表情報です。

掲載日 内容
平成24年2月15日 (KASTと神奈川県の共催事業)「なるほど!体験出前教室」の講師を募集します!
平成24年2月3日 細胞の仕組みを活用、医薬品(クスリ)候補物質の簡便・迅速・高精度な評価に成功
竹内「バイオマイクロシステム」プロジェクト
平成23年12月12日 KASTサイエンスカフェ 3 「実はナゾ? 昆虫の飛行原理=羽ばたきのヒミツ
~羽ばたくロボットについて語る~」
平成23年10月31日 平成23年度KAST「戦略的研究シーズ育成事業」 4件を採択
平成23年5月16日 細胞の仕組みを活用、コカインの簡便・迅速・高精度検出に成功
竹内「バイオマイクロシステム」プロジェクト

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る