財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム記者発表一覧>教育講座 「有機系太陽電池の実証・実用化」を開催 (無料)

教育講座 「有機系太陽電池の実証・実用化」を開催 (無料)

財団法人神奈川科学技術アカデミー(略称 KAST(カスト) 理事長 馬来(マキ)義弘(ヨシヒロ))は、内閣府最先端研究開発支援プログラム(※) のもと、「有機系太陽電池の実証・実用化」をテーマに無料の教育講座を開催いたしますので、受講生を募集いたします。

※内閣府最先端研究開発支援プログラムは、先端的研究を促進して我が国の国際的競争力を強化するとともに、研究開発成果を国民及び社会へ還元することを目的としています。

  低炭素社会の実現に向けては多くの開発課題が挙げられていますが、とりわけ有機系太陽電池は、従来型シリコン太陽電池に比べ、製造時のCO2排出量が少なく、原材料の資源的制約も少ないうえ、カラー化・フレキシブル化・大面積化・高速印刷製造が可能であり、低価格化できる可能性を有しています。
  本講座では内閣府最先端研究開発支援プログラムのもと、最近特に注目を集めている有機系太陽電池分野において、実際に研究開発を進めておられる方や、プラスアルファの知識を求めておられる方を対象に、色素増感太陽電池、有機薄膜太陽電池の利用上の長所・短所、現在進行中の実証試験、新たなアイディアについて幅広くご講演いただきます。

■ 開催日時 平成24年12月11日(火) 10:30~16:10 ■ 募集人員 60名(先着順)
■ 場  所 かながわサイエンスパークKSPホール(川崎市高津区坂戸3-2-1)
■ カリキュラム  
10:30~10:40 開会挨拶 (財)神奈川 科学技術アカデミー  有機系太陽電池評価プロジェクト リーダー 高木 克彦
10:40~11:30 「色素増感太陽電池の最新研究開発動向」 九州工業大学 生命体工学研究科 教授  早瀬 修二 氏
11:30~12:10 「プラスチック基板を用いた色素増感太陽電池(DSC)の開発」日立造船株式会社 精密機械本部  杉生 剛 氏
13:10~14:00 「低分子系有機薄膜太陽電池の最新研究」 自然科学研究機構分子科学研究所 教授 平本 昌宏 氏
14:10~15:00 「有機薄膜太陽電池の最新研究開発動向」 大阪大学 太陽エネルギー化学研究センター 招聘教授  大西 敏博 氏
15:00~15:40 「太陽電池の屋外暴露評価を含めた性能評価装置について」 英弘精機株式会社 環境機器事業部  加藤 千明 氏
15:40~16:10 KAST有機系太陽電池評価PJ実験室・高度計測センター見学 (希望者のみ)

イベントご案内ページ:
KAST教育講座
「有機系太陽電池の実証・実用化」コース

平成24年11月12日 参考送付 279KB pdfアイコン

 

お問い合わせ先

財団法人 神奈川科学技術アカデミー(KAST)東棟1F
TEL 044-819-2033  FAX 044-819-2097  E-mail: ed@newkast.or.jp
・担当  教育情報センター(和田佳子)、高度計測センター(青木智子)

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る