財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム記者発表一覧> JAXAと共同で高品質タンパク質結晶生成宇宙実験を開始! ~ISSに長期滞在中の若田宇宙飛行士も第1回実験作業を担当~

JAXAと共同で高品質タンパク質結晶生成宇宙実験を開始!
~ISSに長期滞在中の若田宇宙飛行士も第1回実験作業を担当

公益財団法人神奈川科学技術アカデミー 

ポイント

国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう※1」日本実験棟 タンパク質結晶生成装置に於いて、神奈川科学技術アカデミー(略称:KAST(カスト))から提供されたタンパク質試料を搭載して宇宙実験を開始します。
JAXAがこれまでの宇宙実験で培った世界最先端の宇宙実験・地上準備に係るノウハウとKASTの優れたタンパク質作製技術とのコラボレーションを実現します。
宇宙環境で生成した高品質なタンパク質結晶から精密な構造データが得られ、その働きを解明することで、今後の医薬品、産業用酵素、バイオセンサ等の研究・開発の発展への寄与が期待されます。
本実験に用いるタンパク質試料は、日本時間の3月26日(水)にカザフスタン バイコヌール打上射場から打ち上げられます。今後、半年に1度の頻度で、定期的に計6回の実験を実施予定です。

平成26年3月24日 記者発表資料 384KB pdfアイコン

今回の実験概要

  KASTの朴「革新的インフルエンザウイルス創薬」プロジェクト(http://www.newkast.or.jp/innovation/labo/park_project.html)の提供したタンパク質試料は、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「JEM(「きぼう」日本実験棟)利用高品質タンパク質結晶生成実験※2」に採択され、今後数回にわたり同機構と共同で宇宙実験を行ってまいります。
  本実験は、地上で生成したタンパク質の結晶と、宇宙環境で生成したそれとを比較するものです。

今後の展開

  「きぼう」の微小重力環境を用いた高品質タンパク質結晶生成実験では、宇宙環境で生成した高品質なタンパク質結晶から得られる精密な構造データからその働きを理解することで、今後の医薬品、産業用酵素、バイオセンサ※3等の研究・開発の発展に寄与するものと期待されています。

朴「革新的インフルエンザウイルス創薬」プロジェクトの研究内容

  インフルエンザウイルスがもつRNAポリメラーゼ※4に注目し、新型インフルエンザを含むあらゆるインフルエンザに対抗できる革新的な治療薬の開発を目指しています。本研究の成果は、製薬企業との共同研究等を通じ地域社会へ還元することで、神奈川県をはじめとした地域のQOL向上や産業基盤の強化等に寄与することが期待されています。

各法人について


・公益財団法人神奈川科学技術アカデミー  HP: http://www.newkast.or.jp/
・独立行政法人宇宙航空研究開発機構    HP: http://www.jaxa.jp/
※「きぼう」タンパク質結晶生成宇宙実験の民間企業の参加についてはJAXAより3/20付プレスリリース済

用語

※1. きぼう:JAXAが開発した日本の宇宙実験棟であり、国際宇宙ステーション (ISS)の宇宙実験棟の中では 最大の実験棟。なお、計画時の呼称はJEM(Japanese Experiment Module:日本実験棟)。

※2. JEM利用高品質タンパク質結晶生成実験:第1期実験シリーズは、2009年~2013年にかけて6回の宇宙実験を行いましたが、今回の第2期実験シリーズは、2014年から6回の宇宙実験を予定しております。

(第2期実験シリーズ 第1回実験)
打上日: 平成26年3月26日
打上射場: カザフスタン バイコヌール宇宙基地
帰還予定: 平成26年5月14日
着陸地点: カザフスタン
帰還機: ソユーズ宇宙船
  なお、宇宙実験の詳細等については、以下のHPをご参照ください。
  JAXAタンパク質結晶生成宇宙実験紹介:http://iss.jaxa.jp/kiboexp/theme/first/protein/

※3. バイオセンサ:生体起源の分子認識機構を利用した化学センサの総称であり、酵素やイオンチャネルなどにより基質特異的な物質の変化移動に伴う化学ポテンシャル、熱あるいは光学的な変化を信号変換器で電気信号へ変換する装置。

※4. RNAポリメラーゼ:タンパク質の設計図は遺伝子(DNA)に存在しますが、DNAに書かれたタンパク質の情報はいったんmRNAに転写された後に、リボソームによってアミノ酸へと翻訳されタンパク質ができます。ここでDNAからmRNAへの転写を行うのがRNAポリメラーゼです。

お問い合わせ先

公益財団法人神奈川科学技術アカデミー  
研究支援グループ 大山、前川
川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP西棟6階
TEL:044-819-2034  FAX:044-819-2026 
E-mail: ooyama@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る