財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームtopics一覧>ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)を用いた抗ウイルス試験の受託を開始します

ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)を用いた抗ウイルス試験の受託を開始します


~抗菌試験室からのお知らせ~

 KAST抗菌試験室では、これまで抗ウイルス試験としてJIS規格に準拠したバクテリオファージを使った試験を行ってきましたが、実際の動物感染ウイルスを用いて効果を確認したいとのお客様のご要望を受け、サービスを開始いたしました。
 
 ネコカリシウイルス(ノロウイルスの代替ウイルス)を使った試験受託を先行して開始し、まもなくインフルエンザウイルス(A型)についてもサービス提供予定です。
 
光触媒加工品のほか、それ以外の抗ウイルス加工品の性能評価も承ります。希望されるサンプルの種類・材質や数を抗菌試験室までお知らせください。仕様書と見積書を作成いたします。
 
光触媒加工品による抗ウイルス性能評価試験方法の詳細はこちらをご参照ください(PDFファイルが開きます)
 
以下、参考として、紫外光応答型の光触媒加工品による抗ウイルス試験の結果を示します。0.1mW/cm2の紫外光を4時間照射して高い抗ウイルス効果が確認できました。
 
写真の見方ですが、上段のバクテリオファージを用いた試験では、光触媒加工品ではバクテリオファージが減少するため、プラークが検出されていません。下段の動物ウイルスを用いた試験では、光触媒加工品で動物ウイルスが減少するため、細胞変性が見られません(ウイルスに壊される細胞が少ないのがわかります)。
 
※試験結果報告書では、「抗ウイルス活性値」、光触媒加工品には「光照射による効果」を数値によりお示しする形となります。

 

表. 抗ウイルス性能評価に用いられるウイルスの比較

 

お問合せは・・・
 
抗菌試験室   KAST抗菌試験室ページへ
 
そのほか、脱臭能力試験・材料の耐久試験などにもご興味ありませんか? 仕様の決まった試験だけでなく、御社製品固有でやってみたい試験や、
原理解明等のご要望はありませんか?
 
(参考)光触媒性能評価に関するKAST総合開発サポートのご案内   光触媒開発サポートページへ

イノベーションセンター 地域イノベーション推進グループ
TEL:044-819-2031 FAX:044-819-2026 E-mail:sks@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る