公益財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホームイベントのご案内> KASTフォーラム1 電気自動車と自動運転で社会は変わるのか?

KASTフォーラム1

ご案内

開催日時

平成29年130日(月) 14:00~16:00

募集

100名 (先着順・事前申し込み制、定員になり次第締め切ります)

参加費:1,000円(消費税込み)

KAST法人・個人賛助会員は無料。

会場

かながわサイエンスパーク(KSP)西棟3階KSPホール「光」
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
東急田園都市線「溝の口」又はJR南武線「武蔵溝ノ口」下車
シャトルバス5分

>> 地図はこちら
>> シャトルバス時刻表(別ウィンドウで開きます)
◆ JR「新横浜駅」から「溝の口」行き直通バス「高津中学校入口」下車
※お車でのご来場はご遠慮ください。
 

【電動化・知能化の未来を示す日産IDSコンセプト】

開催に当たって

世界のさまざまな都市で起こっている移動の変化!

 技術がその変化を加速し、環境、エネルギー、事故、渋滞といった過去の課題を解決しながら、新たな移動の姿を実現しようとしています。

電動化・知能化はこれからの10年を決めるクルマ技術の中核!

 2016年、日産自動車は新型セレナに自動運転技術、PRO-PILOTを採用しました。ここで使われている知能化技術はどこまで進化し、どのように将来のクルマを変えていくのか、クルマと新しいエネルギーやサービスが繋がる将来の移動はどのように進化するのか、最新の研究動向をふまえて展望します。
 
 

講師プロフィール

土井 三浩(どい かずひろ)
日産自動車株式会社 総合研究所長 
 
 1985年 慶應義塾大学大学院卒業。
同年、日産自動車入社。車両研究所
にて、クルマの乗り心地や快適性(静
粛性、振動低減など)の研究者として、
キャリアをスタート。
 1991年にペンシルバニア州立大学
に留学後、技術企画部にて中長期的な技術戦略を担当。
 2007年より、テクノロジーマーケティング室の部長などを歴任し、技術を分かりやすく語ることで「技術の日産」のイメージ確立に貢献。
 2010年より、技術開発の経験をもとに、全社的なプロジェクトであるVプラットフォームのセグメント・チーフ・スペシャリスト(SCPS)として、マーチ、ラティオ、ノートなどをグローバル170か国に送り出す。
 2012年より、リサーチダイレクターとして、ルノーに赴任。
 2014年より現職。アライアンスグローバルダイレクターとして、ルノー日産アライアンスの研究開発をリードする。

プログラム

1月 30日 (月)
14:00~14:05  開会挨拶・馬来 義弘 神奈川科学技術アカデミー 理事長
14:05~16:00
 
(休憩10分を含む)
 講演 「電気自動車と自動運転で社会は変わるのか?」
 講師:土井 三浩 氏
日産自動車株式会社 総合研究所長

  講演後、質疑応答 引き続き土井 三浩
16:00        閉会

★プログラム内容等は変更されることがあります。ご了承ください。

お申し込み

 
(先着順・事前申し込み制、定員になり次第締め切ります)
教育講座お申し込み
詳細パンフレットはこちら (PDF 983KB)

主催

(公財)神奈川科学技術アカデミー

後援

(株)ケイエスピー

 

問い合わせ先

教育情報センター  教育研修グループ  横井
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟
TEL : 044-819-2033/FAX : 044-819-2097
E-MAIL : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る