財団法人神奈川科学技術アカデミー

 ホーム教育情報センター> 平成28年度 教育講座募集案内>  医療機器開発コーディネーター育成講座
平成27年度KAST教育講座

医療機器開発コーディネーター育成講座

医療機器開発コーディネーター育成講座

編成の背景・ねらい

  神奈川県では現在、超高齢社会を乗り越えるため、国家戦略特区をはじめとした3つの特区をフル活用し、「ヘルスケア・ニューフロンティア」の推進に取り組んでいます。
  この講座(座学・実習)は、事業化コンサルティングに必要な知識等を学ぶことで、新たな医療機器の開発・事業化を牽引できる人材の育成を目的として開講するものです。
 
  受講者の皆様には、本講座終了後、「修了証」を授与するとともに、県のコーディネーターバンクに登録していただき、県及び関係機関等が行うマッチングイベント等への参加・協力をお願いすることになります。
 

受講要件

新たな医療機器開発・事業化に関心がある関連企業勤務経験者、医療機器産業参入を検討している中小企業従事者等
 

募集人数

20名  (定員超過の際は先着順とさせていただきます。)
 

締 切 日

10月21日(金) 17時
 お申し込み受け付けは終了いたしました。 ありがとうございました。
 

開講期間

【必修講義】

11月2日(水)  ●かながわサイエンスパーク内 会議室(川崎市高津区坂戸3-2-1)
11月27日(日) ●藤沢商工会議所 会議室(藤沢市藤沢607-1 藤沢商工会館5階)
12月8日(木)、12月9日(金)、12月10日(土)のうち、1日を主催者側で調整  ●パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1)
 
【選択講義】 11月15日(火)、11月18日(金)、11月22日(火)のうち、1日を受講者が選択
           ●川崎商工会議所 会議室(川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル)

受講料

無料
 

カリキュラム日程および講義内容

日 程 内 容
【第1日】
 
11月2日(水)
9:30~18:00
 
必修講義
 オリエンテーション ~ 事業化コンサルティングの要件 (10分、9:35~9:45)
榊原 正博  株式会社モノ・ウェルビーイング 代表
 マーケティングと市場ニーズ (60分、9:45~10:45)
清水 美雪  株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役
 日本医療研究開発機構における医療機器開発支援について  (60分、10:45~11:45)
後藤 卓史  国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 産学連携部医療機器研究課 主幹
 診療報酬と医療機器  (60分、12:45~13:45)
清水 美雪  株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役
 要求仕様について (60分、13:45~14:45)
榊原 正博  株式会社モノ・ウェルビーイング 代表
 妥当性確認の方法 (60分、14:55~15:55)
榊原 正博  株式会社モノ・ウェルビーイング 代表
 医療機器の臨床評価 (60分、15:55~16:55)
清水 美雪  株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役
 法令に基づく医療機器の広告・宣伝  (60分、17:00~18:00)
榊原 正博  株式会社モノ・ウェルビーイング 代表

日 程 内 容
【第2日】
 
選択講義
(右の3日から1日
を受講者が選択)
11月15日(火)
13:30~17:00
 これからの医工連携人材育成(1)  国の最新施策から、今後の展開を読み解く
重茂 浩美 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部研究企画課 課長代理
 医療機器開発(1)  大学における先端医療機器開発の事例
小久保 謙一 北里大学 医療系研究科 准教授
11月18日(金)
13:30~17:00
 これからの医工連携人材育成(2)  国内唯一の医工学大学院をもつ東北大学の取組み
山口 隆美 東北大学医工学研究科教授・教養教育院総長特命教授
 医療機器開発(2)  地元中小企業が新規に医療機器産業参入を果たした事例
久世 直樹 エイシン電機株式会社 代表取締役
11月22日(火)
13:30~17:00
 これからの医工連携人材育成(3)  「製販ドリブンモデル」の提唱者が最新事情を解説
柏野 聡彦  一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 理事
 医療機器開発(3)  製販企業がものづくり企業と協働で開発を行った事例
林 正晃  第一医科株式会社 代表取締役 社長

日 程 内 容
【第3日】
  11月27日(日)
 13:00~17:00
 
必修講義
 妥当性確認計画
・ 妥当性確認計画を作成
・ 妥当性確認を行う製品の要求仕様書を作成
・ 各企業の妥当性確認計画の内容についての講評
 妥当性確認の実施
・ QMS省令が求めている妥当性確認を行う
【第4日】
①12月8日(木)
②12月9日(金)
③12月10日(土)
 (①~③のうち、指定
 された日時へ参加)

 
必修講義
 第29回内視鏡外科学会総会にて実施される「医工連携企画」への参加
 ※ 内容につきましては、変更となる可能性がございます。
・ブースツアー for Doctor & Staff / for Industry
 (医療機器開発に実績のある医師が「ツアコン」となるfor Doctor & Staff、医療機器
 メーカーとものづくり企業のマッチングにおけるコーディネーターの働きを学ぶfor Industry
 これら2つのツアーに参加)
・出会いの広場プログラム
 (医療機器開発に役立つ各種講演への参加)
・臨床現場で困っていること紹介
 (臨床現場の課題の紹介)
※ 4日間の受講を原則としますが、全日程の参加が困難な場合は予めご相談ください。
※ 【第2日】の選択講義は、KAST教育講座(文部科学省受託事業「医療機器産業参入のための基礎」コース)との併催です。

 

お申込みはこちら

申込要項 をご覧の上お申込下さいますようお願い申し上げます。

お申し込み受け付けは終了いたしました。
ありがとうございました。

主催


   神奈川県・公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー

協力


   神奈川R&D推進協議会

お問い合わせ

教育情報センター 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
教育研修グループ E-mail : ed@newkast.or.jp

 前のページへ戻る    ページのトップへ戻る